カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

ポカポカ日曜日

日曜はお山の仲間たちが家族旅行や仕事。

ルートもひと通り覚えたので、「一人で走れば?」なんて言われるけど、自分の走りを自分が一番信用していないので(*_*)、なにかあったらと思うとこわくて走れない。

 

こんなときはまたウォーキング。

大雪で大変な人たちには申し訳ないが、東京はポカポカ春の陽気。

たまには都心でなく自然のなかを歩こうと、向かった先は多摩川

f:id:sinanonano:20210301144938j:plain

田園調布の浅間神社にお参りして(ここまで自宅から6km)

f:id:sinanonano:20210301144941j:plain

川向うの高層ビル群はおととしの台風で、マンションが浸水して有名になった武蔵小杉。

そのマンションに住んでいた妻の叔母さん、

分譲会社が浸水対策をしてくれたそうで、「駅近で便利だから」と今も住み続けている。

f:id:sinanonano:20210301144949j:plain

ゴルフ練習場も「密」をさけて満員御礼

f:id:sinanonano:20210301145002j:plain

少年野球や早起き野球、サッカーなど、のどかな休日

f:id:sinanonano:20210301145010j:plain

先日買ったホカオネのおかげで疲れない。

f:id:sinanonano:20210301145016j:plain

カヌーもいいなぁ

 

せっかくなので土の上を歩く

f:id:sinanonano:20210301145024j:plain

海(河口)に近づくにつれて景色が変わってくる

f:id:sinanonano:20210301145030j:plain

このあたりは大雨のたびに氾濫を繰り返したとかで、治水工事が行われている。

f:id:sinanonano:20210301145034j:plain

f:id:sinanonano:20210301145038j:plain

羽田空港まで行こうと思ったが、ちょっと疲れたので、フラットで休憩

f:id:sinanonano:20210301145042j:plain

特撮ヒーローものに使えそうな1100RT

f:id:sinanonano:20210301145047j:plain

バイク雑誌「バイク人」にタカセ君のコラムがあるそう

f:id:sinanonano:20210301145052j:plain

f:id:sinanonano:20210301145057j:plain

ディーラーが扱わない空冷OHVが、遠方からも修理に持ち込まれるとか。

最近は1100,1150,1200の初期型もディーラーは修理してくれないそうで、忙しくてうれしい悲鳴をあげていた。

 

それにしてもメーカーもディーラーも、旧車は修理しないと門前払いするくせに、あいかわらずニュースレターにはこんな写真を使っている。

こんな空冷2バルブやパリダカのガストン爺の雄姿にあこがれて、GSを買う人もあいかわらず多いらしいが、そろそろ気づけよと言いたい。

 

休憩したら羽田まで歩く気が萎えてしまったので、ここから帰宅。

6時間ほぼ30キロ歩いてヘロヘロだけど、やっぱり歩くのは気持ちいい。

ビールを飲んだらもう眠くて眠くて、9時すぎにバタンキュー。

毎日歩いてだいぶアシも慣れてきたので、そろそろランニングを再開しようかナ。

復活リハビリライド

子供が寝たあと録画しておいた映画を鑑賞。

f:id:sinanonano:20210222150507j:plain

雷蔵は「眠狂四郎」も好きだけど、「鞍馬天狗」もいいんだよなぁ。

f:id:sinanonano:20210222150511j:plain

f:id:sinanonano:20210222150503j:plain

中村玉緒も若い

f:id:sinanonano:20210222150459j:plain

もう一本

新幹線大爆破

f:id:sinanonano:20210222150437j:plain

高倉健好きな父と初めて見に行った映画

1975年だから中学2年生くらいかな。

f:id:sinanonano:20210222150446j:plain

健さんが乗るCBもいい感じ

f:id:sinanonano:20210222150441j:plain

めずらしく健さんが爆弾犯で悪役だけど、新幹線が減速すると爆発するってすごく斬新で、映画「スピード」の元ネタになったとか。

宇津井健千葉真一などなど、豪華オールスターが見られる。

 

手首の骨折から2カ月。もう腹筋ローラーも大丈夫。

f:id:sinanonano:20210222150515j:plain

なので23日の天皇誕生日、ひさびさにオザトレでリハビリ復活ライド

オザワさんが夜勤明けなので、少し遅くして8時集合。

メンバーはいつものヤマザキさんとオザワさん、私の3人。若手のオダジマさんは家族旅行とか。

f:id:sinanonano:20210226141456j:plain

新型レヴォーグの納車まであとふた月。キズつけないよう大事に乗らないと(^-^;

f:id:sinanonano:20210226141452j:plain

 

いつものお寺からの登りは、去年の台風で崩落した道路の復旧工事で、全面通行止め。

なので別ルートから押し上げて登ることに

f:id:sinanonano:20210226141329j:plain

 

ここは通称「ジムニーロード」

グチャグチャでもお構いなしにジムニーが登るので、こんなに掘れてしまったが、彼らは埋め戻すことを知らないので、荒れ放題に(もう進入禁止にしたほうがいい)。

f:id:sinanonano:20210226141350j:plain

押し上げでハアハアゼイゼイ

都会では絶対味わえないこのつらさ。

体じゅうの毛穴から汗が吹き出す。

f:id:sinanonano:20210226141426j:plain

登り切ったあと1本下って休憩。

リハビリライドのはずなのに、ペースはいつもと変わらない(*_*)

 

そしてまた押し上げも、ハアハアたのしくてこの笑顔。

f:id:sinanonano:20210226141408j:plain

今日はEVIL

どんな荒れた路面でも「魔法のじゅうたん」のように走れる、フルサスEVILに馴れてしまったカラダには、スーパーキャリバーは「万が一壊れたときのスペアマシン」になってしまったような.....。

f:id:sinanonano:20210226141417j:plain

f:id:sinanonano:20210226141412j:plain

登って下ってまた休憩

ここから最後の山を登る

f:id:sinanonano:20210226141430j:plain

f:id:sinanonano:20210226141435j:plain

今日のヤマザキさんのマシンは、自分で中国の工場にオーダーして、届いたばかりのチタンフレーム。

ハンドルからホイール、スポークまで軽量化しているので、持った感じはカーボンのスーパーキャリバーと変わらない。

ちょっと下りで乗らせてもらったが、後ろが短いのでクイックに曲がるぶん、私のようにハンドルにしがみついてフロント荷重だと、リアが暴れまくって前転しそうになる。

f:id:sinanonano:20210226141400j:plain

f:id:sinanonano:20210226141346j:plain

f:id:sinanonano:20210226141443j:plain

なんとか転倒無しで無事下山。この時点で12時半。

4時間半の夢のような時間はあっというま。

 

 

f:id:sinanonano:20210226141500j:plain

オザワさんちの裏山でもぎたての夏ミカンをいただく。

持ち帰ったら奥さんが皮を刻んで砂糖で煮て、オレンジピールを「作ってくれた。

売り物でないのでほっておくと鳥が食べてしまうとか。

次回はもっともらって、マーマレードにしようかな。

 

ひさびさのお山はやっぱいサイコーだけど、夕方にビール飲んだら疲れがどっと出て、もう目を開けていられないほど。

娘と一緒に9時すぎに寝てしまった。

今週末も走りに行くぞ~

新型レヴォーグ

土曜日、レヴォーグの6か月点検で、家から100mのディーラーへ。

スタッフさんもみんな顔見知り。

なので朝イチでカギを預ければ、スタッフさんが整備してくれて、終わったらカギを届けてくれる。

点検パックに入っているので無料、というか購入時ににおカネを払っているのだろうが、今回の実費はワイパー交換だけ。

ベンツやガイシャなら1本1万円はするだろうが、2本で4千数百円と格安。

もうガイシャに乗る気がしなくなる。

 

以前乗っていたⅤ350は、メーカー保証のメルセデスケアが切れる5年目ごろから、真冬の長野でパワーウィンドウが上がらなくなったり、電動ドアミラーが劣化でカクカクしたり、いろいろ壊れ始めた。

その前の「故障のデパートⅤ280」に比べたら、このくらい故障ではないが、ケアの補償が切れる前に危ない部品を交換しておかないと、いくらかかるか怖くて乗れない。

ちょうど子供が生まれてオートバイも載せなくなったので、奥さんのトヨタブレードを群馬の親方に譲って、2台を1台に買い替えた次第。

 

今までの経験からどんな高級ガイシャでも、5年もたつとボロボロ壊れ始めるが、自分で直せないので高くても、保証の付く新車しか買う気にならない。

7年目のレヴォーグに限らず国産車は本当に壊れないので、飽きてしまってもなかなか買い替えのきっかけがなかった。

 

MTBで山に行く機会が増えて朝早いときは車中泊するが、レヴォーグは正直狭いので買い替えを検討していた。

候補はⅤ220d(ってまたベンツ?(*_*))

Ⅴ350の後継車のいわゆる商業バンだが、アルファードなどの国産ミニバンと違い、2列目3列目のシートを取り外せるので、自転車のタイヤを外さなくても「立てたまま」何台も載せられるし、ゆったり足を延ばして寝られるのがいい。

でもハイエースと同じ商業バンが700万?!(Ⅴ350は500万で買えた)

たまに奥さんも運転するので、狭い都内で大柄なⅤは運転したくないそう。

悲しいかな東京の住宅事情では、クルマ2台持ちはハードルが高いし、毎週車中泊するわけではないと自分に言い聞かせ、(いつの日か)2台置きガレージの家に買い替えるまで、なんとかレヴォーグでがんばろうと思っていた。

 

今回ディーラーで

「タイヤにヒビが入っています。7年目なので交換をお勧めします」

と言われたとき、ふと展示されていた新型レヴォーグに目が留まった。

f:id:sinanonano:20210222145936j:plain

ディーラーの前は毎日のように通っていたが、正直、新型にはなんの興味もなかった。

改めて見ると旧型よりちょっと大きくなったような。

これなら荷室も広いのかも??

f:id:sinanonano:20210222145940j:plain

座ってみるとモニターが大きくなったくらいで、旧型との違いをあまり感じない。

それでも排気量が1600から1800ccになったり、足回りも車体もフルモデルチェンジしたらしいので、こわいもの見たさで下取り査定と、試乗をしてみることに。

f:id:sinanonano:20210222145944j:plain

試乗車は「GT-H-EX」、

サーキットや峠を攻めることもないので、足回りがグレードアップされた「STI」とかでなく、ノーマルで十分。

義父を含めてスバリストは「カタログスペック大好きオヤジ」が多い印象、

たいした走りもしないのに、タイヤやサスなどドレスアップするヤカラが多いのも、スバルに飽きた理由のひとつ。

 

試乗車を運転してディーラーから道路に出るとき、

ん?アクセル踏まなくてもスルスル進む!?

1600のレヴォーグはターボでパワーを稼いでいるせいか、アクセルをグッと踏まないと走り出さないが、新型は200ccだけアップの1800ccながら、アクセルペダルに「軽く」足を乗せているだけで、勝手に進むのに驚いた。

 

7年前、3500ccの「Ⅴ」からレボーグに乗り換えたとき、まず感じたのが

「あれ?前に進まない??」

 

車重2トンもあるⅤだがトルクだけはあるので、高速道路でアクセルを踏み込まなくても走ってくれた。

が、レヴォーグは長野の実家に帰省するとき、藤岡から軽井沢までの上信越道の長い上り坂で、ずっとアクセルを踏み続けるのが苦痛だった。

じつは一番安いグレードのレヴォーグを買ったので、7年間ずっと

「これにはクルーズコントロールは付いてない」

と思い込んでいた(*_*)

「オトコならクルーズコントロールなんて要らない」

「そんなのジジイが使うものさ」

なんてほんとに思っていたが、営業マン氏に

「全車に付いてますよ」

と言われ、思わず赤面した次第(^-^;

 

ディーラーから一周5キロの試乗コースだが、

「今日は時間があるので好きなだけ回りましょう」

とのことで、4周も走ってしまった(ほんとは首都高も走りたかった)

走りはとにかくスムーズ。

最近のクルマは後ろからクルマやバイクが近づくと、ドアミラーの警告ランプが教えてくれるのも新鮮。

空いている国道でアクセルを踏み込むとギュイーンと加速、慌ててアクセルを離す。

7年前、一緒にレヴォーグを購入した義父は2000ccを選んだ。

こちらは300馬力のモンスターマシンだが、「カタログスペック大好き老人」なので、思い切りアクセルを開けることもなかった。

私が借りて第三京浜でアクセル全開にしたとき、ポルシェのように背中をドン!と押される加速感は無いが、あっというまに〇〇〇kmになって驚いた。

が、新型レヴォーグの加速感は2000ccに引けを取らないかも。

助手席の営業マン氏も、

「2000ccからこっちに乗り換える人も多いです」

とのこともうなづける(2000はハイオク、1800はレギュラーガソリンだし)

 

ディーラーのスタッフさんが下取り査定中

最近はステーションワゴンが人気とか。

レヴォーグが「カーオブザイヤー」を受賞したので、中古でも人気があるそう。

たしかにメーカー保証が切れる5年目以降に、約束したように壊れまくるガイシャと違い、ほんとうにノントラブルな国産車は、面白みは無くても安心して乗れるのがいい。

f:id:sinanonano:20210222145949j:plain

ほんとうは新車の値引きは5万円だけらしいし、狭い山道を走ってスリキズだらけ。

それでも下取り価格で「かなり」がんばってくれたので、ホントに買う気はなかったけどその場で決めてしまった。

おそるおそる奥さんに電話すると

「7年も乗ったならいいかもね」

って(ホッ)。

ほんとうは明日の日曜日は、骨折から2か月ぶりにお山に行くつもりだったけど、奥さんにも試乗してもらいたくて延期した。

f:id:sinanonano:20210222145953j:plain

 

契約手続きに時間がかかってしまったが、今日は娘の11歳の誕生日。

塾の終わり時間に合わせて、急いで自由が丘へ向かい奥さんと合流。

f:id:sinanonano:20210222150523j:plain

ふだんの土曜夜はもっと人出が多いが、コロナの影響かちょっと少な目。

予約したのはカジュアルフレンチのお店。

f:id:sinanonano:20210222150535j:plain

ふだんからめったに外食しない我が家だが、思えばこうして外食するのは1年ぶり、いやもっとかも。

ここもコロナ時短営業で7時ラストオーダー、8時閉店。

テレビで時短営業の飲食店をニュースで見るたび、「大変だなぁ」とまるで他人事だったが、6時過ぎの時点でわれわれ以外は、テイクアウトを待つひと組だけ。

路地裏だけど自由が丘駅から徒歩1分の好立地なので、家賃も高くて大変だろう。

若いオーナーシェフと女性スタッフさん一人(奥さん?)で、こじんまり営業していたが、安くてボリュームあって美味しいので、すぐ近くに住む「自由が丘マダム」の、妻の姉にも宣伝しておいた。

f:id:sinanonano:20210222150539j:plain

 

そして翌日、

「もう買っちゃったなら私が試乗する必要ないでしょ」

という奥様を「なだめすかして」、家族3人でディーラーへ。

 

電動シートの動かし方をレクチャーされる奥様

f:id:sinanonano:20210222145957j:plain

いまだに売るときは「白」が高いらしいので、今回はこのパールホワイトに。

f:id:sinanonano:20210222150002j:plain

もう契約しているので、営業マン氏も

「今日は時間もたっぷりあるので、どこか行きたいところはありますか?」

って。

昨日妻に電話したとき、ちょうど実家で義父もいたので、

「なに、新型買うんだって??」

「試乗してどうだった?」

「オレも気になっていたんだよ」

と電話の向こうでウキウキしていた。

 

いやいやアナタは7年前、

「これが人生最後のクルマだから」

と言って2000ccのレヴォーグを買い、原因不明の雨漏りが直らないのをいいことに、3年前、

「今度こそ最後だから」

と言って、新型クラウンを買ったでしょ。

 

とはいえスガワラじ~じと同じ79歳。

もう人生のカウントダウンは始まっているので、好きなクルマをいつまで乗れるのか?

池袋の高齢老人の暴走事故があってからは、妻や姉、義母から

「もう免許返納したら」

と言われ続けている。

クラウンにかぎらず最近のクルマは、コンピュータや電気パーツが増えすぎて、バッテリーの寿命も3年くらいとか。

先日も

「まだ3年なのにバッテリーがあがって交換した」

とボヤいていたので、またぞろ買い替え病が騒ぎ出したか??

もしまた「最後のクルマ」を買い替えるなら、自動運転のベンツのほうがいい気もするが、長年スバリストだった義父は、新型レヴォーグが気になって仕方ないらしい。

 

じゃあ実家まで行って、義父にも試乗してもらおうかと思ったが、義母から

「あまり刺激しないでちょうだい!」

とクギを刺されてしまった(納車されたら乗せてあげよう(^-^;)

 

五反田を過ぎて目黒を回り、ぐる~っと10キロくらい試乗させてもらった。

f:id:sinanonano:20210222150007j:plain

アイサイトのさらに上、「アイサイトX」がつく新型レヴォーグ。

「お空の衛星からクルマの位置を補足して、なんちゃらかんちゃら.....」

説明されてもよくわからないが、安全面で「すごく」よくなったらしい。

 

営業マン氏に設定してもらい、前のクルマを自動で追いかけたり、手放し運転でコーナーを曲がったり。

未知の体験にキャーキャー歓声をあげる奥様。

スカイラインやレガシーなど、クルマ好きの義父からの「おさがり」を、乗り続けていた妻。 

アクセルの踏みっぷりは私以上かも(*_*)

 

5年前、沖縄に家族旅行したとき、旅行パックで一番安いレンタカー「トヨタビッツ」に乗って、

「このクルマ、アクセル踏んでもぜんぜん進まない!」

とずっと怒っていた(そりゃ1000ccですから(^-^;)

 

「なんか速くて運転しやすいね」

気に入ってくれたみたい(^-^;

お勉強が忙しい娘と奥様には先に帰ってもらい、昨日できなかった細かい契約をする。

遠くから来店したほかのお客さんは、旦那さんが営業マンと商談中、お母さんがむずがる子供をなだめて、じっと待たなければならないが、こんなときもディーラーが近いのはありがたい。

f:id:sinanonano:20210222150016j:plain

電波法の改正とかで2022年12月から、古いETCは使えなくなるとか。

渋滞緩和に役立つETCだけど、運送業界の人は買い替える負担も大きくて大変だろう。

f:id:sinanonano:20210222150021j:plain

納車は4月中旬から下旬ごろ。

世界的な半導体不足がニュースになっているが、春までの製造分は確保しているとか。

新型ハーレーのパンアメリカもちょっとグラグラしたけど、クルマ買っちゃったからもう買えないなぁ。

 

勉強がひと段落した娘を乗せて、近所を「1時間だけ」プチツーリング。

とりあえず向かった先は、皇居の向かいの「平将門首塚

首塚の由来はこちらを

 左側の森は皇居

f:id:sinanonano:20210222150203j:plain

近隣の再開発に伴って首塚も改修工事中。

f:id:sinanonano:20210222150207j:plain

f:id:sinanonano:20210222150217j:plain

となりは三井物産本社。

f:id:sinanonano:20210222150211j:plain

せっかくなのでもう一か所、寄って行こうと向かった先は

f:id:sinanonano:20210222150225j:plain

明治の元勲 大久保利通の慰霊碑

東宮御所に向かう途中、紀尾井坂のこのあたりで暗殺されたとか。

赤坂見附のすぐ近く、ホテルニューオータニの向かいの「清水谷公園」にある。

f:id:sinanonano:20210222150221j:plain

f:id:sinanonano:20210222150229j:plain

私が学生時代に読んだ「竜馬がゆく」を、いま読んでいる娘。

大久保利通西南戦争で、西郷さんを殺した張本人と思っているので、

大久保のことは幼少期の名前の「一蔵!」と呼び捨てにしている。

f:id:sinanonano:20210222150233j:plain

ママと「一時間だけ」の約束だったが、今回もオーバーしてしまった。

f:id:sinanonano:20210222150237j:plain

つぎは四谷怪談のお岩神社や、番長皿屋敷の跡地など、怪談巡りをしてやりたいが、オートバイは駐禁があるので、バッテリーを新調した電動自転車かなぁ

パンアメリカ

ハーレーがオフロード車を発売すると、SNSで発表していた。

www.harley-davidson.com

「PAN AMERCA」

パンアメリカのパンは「全」なので、「全米」という意味かな。

オフロードというよりは、今はやりの「アドベンチャーバイク」だろう。

 

過去にも日本人チームがハーレーを改造して「バハ1000」に参戦したり、オフ車の足回りを無理やり付けたハーレーもあったけど、やはり「ゲテモノ」「キワモノ」感は拭えなかった。

 

つぶれそうだったBMWがGSの世界的ヒットで復活したように、ロードバイクメーカーのドカティもムルチストラーダを販売したり(ヨーロッパではけっこう売れたらしいが、日本はディーラーがオフ車の売り方を知らないので、マニアックな一台になってしまってもったいない)、ホンダも新型アフリカツインが一大ブームになったけど、

まさかハーレーがこの市場に出てくるとは思わなかった。

 

日本のガイシャでは一番売れているハーレーだけど、世界的に見るとかなり苦戦しているとか。

それにしてもこの外観、う~ん、あまりにも現代的すぎるような。

(ライトカウルがお風呂のイスに見えるのは、私だけ?)

f:id:sinanonano:20210217104321p:plain

普通はまず海外でプレス発表会をするはずが、コロナでそれも叶わずオンライン発表会になったんだろうな。

最近は自転車ばかりでGSに乗る機会も激減して、たまに乗ってもなにか新鮮味に欠けていたところにこのニュースなので、思わずオンライン発表会の申し込みをしかけたが、

「ディーラーから連絡していいですか?」のところで、手が止まってしまった。

 

いやいや、ちょっと見たいだけだから、そこまでしてもらわなくていいんだけど。

 

できれば近所のディーラーで現物に試乗したいけど、本格的な発売はまだまだ先なんだろうなぁ。

 

むかしほんの少しだけハーレーに乗ってたけど、振動でマフラーが落ちたり、メーターの針が取れたりと散々だった。

なにより爆音がすごすぎて暴走族と同じく

「はるか彼方から音は聞こえるけど、いつまでたっても現れない」

なんてバカにされていた。

GSに乗らなくなったのも、排気音が近所迷惑に思えてきたこと。

ノーマルマフラーなので基準は満たしているんだろうけど、歳をとってきてうるさい音が耐えられなくなってきた。

 

スウェーデンのオールソンから紹介された、「音のしない」電動バイク「CAKE」が欲しいくらい。

ridecake.com

足回りはスウェーデンオーリンズだし、軽量なのもいい。

なので「いまさらうるさいハーレー?」なんて思ってしまうのも、正直な気持ち。

静かな「電動GS」とか発売したら、マジ欲しい。

 

ハーレーで思い出すのは、セレブなアパレルおやぢのNさん

「表参道の交差点で若者のバイクと並んだとき、カッコいいって思わせるバイクはなにがいい?」

と聞かれ、

「それならハーレーかビーエムでしょ」

と答えたら、すぐ知り合いからXL883を買ってきた。

このパパサン(883)、キャブをK&Nに換えたりいろいろチューンされていて、トロトロ低速で走っているとすぐプラグがかぶってしまう、レーシーな代物。

 

バイクに乗るのが30年ぶりのNさん(でも大型免許はすぐ取れたうらやましい世代)

「いま環八でエンジン止まっちゃった(から助けに来い)」

とか

「ツーリング行こうと思ったらエンジンがかからない(から助けに来い)」

なんて電話が何度もあった。

ただでさえハンドリングが重たいハーレーで、ヨタヨタ走っていても危ないだけ。

マックスフリッツ佐藤さんに相談したら、

「R80売ります」とのこと。

ハーレーは誰かに売り払って、マックスのウェア一式と一緒に即お買い上げ。

もともとファッションでバイクに乗りたかった「チョイワルLEONおやぢ」なので、その後は「夏は暑いから」、「冬は寒いから」とほとんど乗らず。

今はなぜかMⅤアグスタを買って、80はガレージで冬眠中とか(MⅤもたぶん乗ってないハズ)。

 

まぁ私ももしこのハーレーを買っても、林道はおろかダートも走らないだろうが、ちょっと(すごく)興味はある。

 

ドカと同じでオフ車を扱ったことのない、ハーレーディーラーの対応が不安だけど、1970年代から80年代の多感な時期に、ポパイやホットドッグプレス、メンズクラブなどで、アメリカ、とくに西海岸のファッションやカルチャーの洗礼を受けた世代には、ハーレーもあこがれのアイコンだったのだ。

 

 

 

 

 

 

健康は足元から

先日もまたウォーキング

目黒川の桜まつりは今年はやるのかな?

f:id:sinanonano:20210212175048j:plain

代官山までの貴重な坂道。なるべく坂道を選んで「大股で」ガシガシ歩く。

f:id:sinanonano:20210212175052j:plain

恵比寿は大勢の人出。

みんなマスクしているし、大声で話している人もいないし、家でじっとしていても精神的に悪いので、これはこれで仕方ないんだろう。

f:id:sinanonano:20210212175057j:plain

駅前のモンベル

f:id:sinanonano:20210212175101j:plain

メリノウール靴下をまとめ買い。

一度履いたら快適すぎて、もう「3足1000円」のユニクロには戻れない。

f:id:sinanonano:20210212175105j:plain

そして中目黒のバッチョーネで「休憩」。

私と同い年のオーナーコジマさん。

偶然にもコロナ前から店の半分を、「イタリア産生ハム切り売り」のお店にしていた。「自宅で高くてもおいしいものを食べたい」需要のおかげで、緊急事態宣言の今も近所の常連さんや、ウーバーイーツでよく売れているそう。

20年前のまだ目黒川が有名になる前から、ここで営業しているコジマさんと違い、ここ数年で始めたまわりの飲食店は、バカ高い家賃と人件費で閉店したり、つぶれそうな店も多いらしい。

f:id:sinanonano:20210212175148j:plain

毎晩遊び歩いていたむかしと違い、年に数回も外食しない私には、ミシュランの三ツ星もギンザの高級クラブも、なんの興味もないし、みんな無くなっても全然困らないが、それでは日本経済が困るんだろうナ

f:id:sinanonano:20210212175152j:plain

靴が合わないのか長い時間歩くと足が痛くなるので、ウォーキングシューズを買いに渋谷へ。

と、昔マラソンをやっている頃よく行った、桜が丘のスポーツショップが無い(!?)というか桜が丘の町全部が、駅前再開発でなくなっていた

ほんと渋谷なんて何年も来ていないから、まるでおのぼりさん状態

 

f:id:sinanonano:20210215100606j:plain

渋谷に限らず都心の駅前はどこも再開発ラッシュ

風情のあった路地裏もなくなって、無機質なビルばかりニョキニョキ建ち並んでいるが、コロナでテレワークが定着して、オフィス需要は減少の一途。

こんなにビルばかり建ててゴーストタウンにならなきゃいいけど.....

 

ネットで調べたら駅前にランニング専門店があったので、寄ってみた。

f:id:sinanonano:20210215100558j:plain

最近ブームの「他尾根尾根」ぢゃなくて「ホカオネオネ」か、「Оn」のシューズが欲しかったが、「アシの幅」が広い典型的な日本男児には、海外ブランドは幅が狭くて履けない(*_*)

 

f:id:sinanonano:20210215100611j:plain

そんななか、唯一履けたのが「横幅2EE」のホカオネ・ボンダイ

見た目はボテッとしてるけどホント歩きやすくて、渋谷から自宅まで5kmの道のりもスイスイ歩けた。

それにしても箱根駅伝やマラソン大会で有名になった、ナイキのエアズームなんてほぼ3万円もする。

ソールにカーボンが内蔵されているから、らしいが、見るからに「陸上やってました!」のスタッフさん曰く

「むちゃくちゃ売れてますが、ある程度走れるエキスパートでないと、かえって足に合わないと思います」

とのこと。

ホカオネも2万円台がスタンダードで、このボンダイも定価2万円が(売れないからか)、1万4000円だから買ったようなもの。

専門店に行ったのはちゃんと自分の足型を測定してほしかったからだが、この日もぞくぞくとお客さんがきていて、とてもじゃないがお願いする雰囲気ではなかった。

 

右のナイキは薄い靴下ならまだいいが、寒いこの時期ちょっと厚い靴下だと、きつくて1時間でアシが痛くなる。

KEENは幅広でラクだけど、あくまでカジュアルシューズ。

なので長時間歩くと本当に疲れる。

f:id:sinanonano:20210215100620j:plain

歩きやすさの秘密はこの厚底

シークレットシューズか?と思うほど、2センチ(3センチ?)くらい背が高く感じる。

f:id:sinanonano:20210215100624j:plain

黒だけだと地味なので、KEENの派手な靴紐と交換。

f:id:sinanonano:20210215100636j:plain

こんなことで気分も変わる。

今朝のごみ拾いもアシが軽くて、ついつい遠くまで歩けてしまう。

足が不自由で杖をつく高齢者をよく見かけるが、将来、家族の「お荷物」にならないよう、がんばっていかねければ(^-^;

放電中

先々週のこと。電動ママチャリがパンクしたので、修理してもらおうと10年前に買った自転車屋さんに電話したら、あれ?通じない(*_*)

ここは元はオートバイ屋さんで20代からお世話になっていたけど、20年くらい前バイクが売れなくなり、電動自転車が台頭し始めたとき、さっさと電動自転車専門店に切り替えて、今では都内や神奈川で7店舗経営している。

バイク屋さんはとりあえず残しているけど、20年くらい前100GSを買ってからは、お世話になるのはここの近くのフラットばかりで、すっかりご無沙汰していた。

(そういえば100GSを譲ってくれたアダチ君も、もとはここのバイクのメカニックだった)

ネットで検索したけどどこのお店に、むかし馴染みのスタッフがいるのかわからない。

だったら20年くらい前、ここから独立して近くで自転車店をやっている、ハスヌマ君に修理をお願いした。

ママチャリは10年前に買って以来、なんの整備もしていないし、小5の娘を乗せる機会も減ってきた(後部シートは6歳、体重20kgまでとか)

なによりバッテリーの持ちが短くなってきて、頻繁に充電しないと心配。

ちょうどこの機会に今風な、電動シティサイクルにしようかと思ったが、ハスヌマ君から

「これ、バッテリーがリコールになってるので、ヤマハに連絡すれば新品に交換してくれますよ」

とのこと。

帰宅してさっそくヤマハのHPから連絡してみたら

f:id:sinanonano:20210215101837j:plain

 新品が送られてきた

f:id:sinanonano:20210215101832j:plain

今あるバッテリーは「電池を10%以下にして返送してください」とのことだが、こんなに早く代替品が届くと思わなかったので、フル充電していた。

 

ならば放電しに行こうと向かった先は、原宿のスポーツウェアショップ「オシュマンズ」

新しくなった原宿駅、初めて来た

f:id:sinanonano:20210215101856j:plain

チャンピオンのリバースウィーブのスウェットパーカが欲しかったけど、昔と違って種類が多すぎて決められない(最近こういうことが多いなぁ)

買うのはあきらめたけど、バッテリーはまだ70%残っている。

天気もいいので表参道をブラブラ流して放電中。

f:id:sinanonano:20210215101902j:plain

コロナの影響で原宿のホコ天は無くなったのかな?

なんて思って調べたら、もう98年に中止になっていた(原宿なんてまず来ないし(*_*))

そういえばここで佐野元春がゲリラライブやってたなぁ

www.nicovideo.jp

青山のアパレルで働く知り合いが、朝バイクで通勤途中、偶然このライブに遭遇したと、興奮して話していたなぁ

f:id:sinanonano:20210215101907j:plain

できるだけ坂道を走って放電しなくては。

代々木公園から井の頭通りの坂を登り、代々木上原のシロズ君の「RIGID」で小休止。

髪も伸びていたので切りたかったけど、しばらくお山も行けないので我慢していた。

ちょうどお客さんが途切れたので

「切りますか」

って\(^o^)/

シロズ君いつもありがとね。

うちの近所の美容室は、コロナの影響かガラガラだけど、セレブな常連さんがたくさんいるので、商売繁盛でうらやますい。

f:id:sinanonano:20210215101911j:plain

いまだに「鬼滅の刃の最終巻が買えない」と話したら、

「駅ビルの本屋にありますよ」

って。

「息子に頼まれて買いに行ったら、店頭にはおいてないけどレジで言えば「一人1冊」で買えました」

「もうとっくに買ってると思ったから、言わなかったけど」とも。

とはいえもう買ってから数週間たっているので、もう売り切れかも??

さっそく帰りに寄ってみた

f:id:sinanonano:20210215101916j:plain

レジでおそるおそる

鬼滅の刃23巻ありますか?」

と聞くと

「ございます」

って

f:id:sinanonano:20210215101921j:plain

どこかの公園で読もうかと思ったが、我慢してまた坂道を探しながら帰宅。

f:id:sinanonano:20210215101927j:plain

う~んまだ40%も残ってる(*_*)

物置でライト付けとけば放電すると思ったけど、自転車のほうが賢くて、数分で自動オフ。

f:id:sinanonano:20210215101932j:plain

 

しかたないので翌日もう一度近所を走って、メモリを0%にして返送しましたとさ。

ショートトリップ

年末に手首を折って1か月以上、もうホネはくっついたと思うけど、ひねるとイヤな感じがするので、どこかスジでも痛めているのかもしれない。

自分でも信じられないが今年は還暦。

ケガも治りが遅いお年頃なので、無理せず山はおあずけにして、運動不足解消にウォーキングしよう。

と、先週土曜日に向かった先は、「赤穂浪士」で有名な高輪の「泉岳寺

自宅から歩いて3.6キロと近いのに、じつは今まで行ったことが無かった。

 

途中の高輪の伊皿子坂にはドゥカティのチューンで有名な、中野さんの「パワーハウス」があった。

f:id:sinanonano:20210213111800j:plain

f:id:sinanonano:20210213111812j:plain

ドカといえばマイクヘイルウッド、そしてアゴスチーニ。

初めてドカを買ったとき、彼と同じAGVのアゴスチーニカラーのヘルメットを買ったなぁ。

f:id:sinanonano:20210213111804j:plain

f:id:sinanonano:20210213111809j:plain

中野さん若っ!

f:id:sinanonano:20210213111949j:plain

この本はたぶん環八のリンドバーグで買ったはず。

昭和57年は1982年なので40年前、19歳のときか。

当時は学生でとてもじゃないが高価なドカは買えず、パワーハウスや富ヶ谷の「ケニーズ」に行っては、舐めるようにカスタムのドカを眺めていた(お店にとっては迷惑なガキだったろうなぁ.....)

近所迷惑なのでエンジンをかけるとき、大通りまで100mくらい押したり、ツーリングであまりの振動に、エキパイのフランジが外れたり、

スピードメーターの針が取れたのもなつかしい。

 

今のドカはパワーはあるけど、おとなしくなってしまって物足りないけど、もうあんなセパハンに重いクラッチは握れないだろう。

 

門前で泉岳寺の看板を撮ったはずが、なぜかずれていた。

f:id:sinanonano:20210212175204j:plain

大石内蔵助がお出迎え

f:id:sinanonano:20210212175208j:plain

主君の浅野内匠頭以下、四十七士の墓があった。

f:id:sinanonano:20210212175217j:plain

大石内蔵助の墓と浅野内匠頭の墓は大きく、他の浪士の墓は小さい。

高田馬場の決闘」で有名な堀部安兵衛の墓もある。

子供のころから毎年大晦日には、テレビで忠臣蔵が放送されていて、時代劇好きな祖母や父と観ていたが、なぜか泉岳寺は来たことが無かった。

f:id:sinanonano:20210212175213j:plain

娘は小学校5年生の社会科で歴史を習っているが、平安時代から江戸、幕末から昭和まで、教科書はほんの数ページしか載っていない。

あまりにも味気ないので、図書館で子供向けの「平家物語」を借りて娘に読ませたら、源義経にドハマりした。

寝ても覚めても義経のことばかり。

こんなに歴史が好きになるとは驚いた。

他に何か子供が読みやすい本はないかと探したら、たまたま「新選組」があった。

それにしてもベルばらのオスカルかと思ったら、これが最近の沖田総司とは(^-^;

f:id:sinanonano:20210212214522j:plain

今度は新選組にハマった娘。「おきたかっこいい~」とうるさくて仕方ない。

もっと読みたいというので、ありったけの新選組関連の本を借りてみた

f:id:sinanonano:20210212214535j:plain

最初は沖田ファンだったのが、今度は隊士の斎藤一(さいとうはじめ)の大ファンに(なんかシブい)。

とはいえ新選組は歴史のなかでは「あだ花」で、ほんの一瞬のきらめきでしかないので、坂本龍馬吉田松陰、西郷さんなども読ませようかと思ったが、彼らはどちらかといえば新選組の敵なので、

「ぜったい読まない!」

と拒否。

いろいろなだめすかして、私がむかし読んだ「竜馬がいく」を読ませたら、今度は竜馬かっこいいって.....(おとめ心はよくわからない(*_*))

 

お山のような自然はない東京だけど、江戸時代から幕末、昭和にかけての遺跡はたくさんあるので、相手してもらえるうちにいろいろ見せてやりたい。

 

泉岳寺をあとにして銀座に向かう。

日本船舶振興会の本社ビルの前には

f:id:sinanonano:20210212175222j:plain

「戸締り用心」、火の用心♪」で有名な、創業者「笹川良一」の銅像が。

子供のころ毎朝見たCM

www.youtube.com

当時は競艇もボートレースも知らなかったが、大人になっていろいろ関係者に話しを聞くと、笹川ファミリーや日本財団の裏側が見えて、競艇が嫌いになった。

 

途中の田町で休憩。

f:id:sinanonano:20210212175230j:plain

小腹が空いたので知人がやっている焼鳥屋で、小休止。

ここでビールを飲むともう歩きたくなくなるので、ガマンガマン

f:id:sinanonano:20210212175226j:plain

そしてギンザに到着

去年までは観光バスが何台も大通りに停まり、中国人観光客がわがもの顔で買い物していたが、コロナの影響で日本語しか聞こえないのは、精神的によろしい。

 

「中国人が観光客が押し寄せて大迷惑」なんて、知り合いのフランス人に話したら、

「お前たちだって30年前は、シャンゼリゼのヴィトンとかシャネルに群がってただろ」

って。

パリのブランドショップで高級バッグを奪い合う、日本のおばちゃんたちを、金髪の店員さんが冷ややかな目で見ていたのが忘れられない。

インバウンド目当てと評判の悪かったギンザシックスも、コロナで閉店ラッシュが続いているとか。

f:id:sinanonano:20210212175235j:plain

最近気になっているエアストリームは、東京FMのギンザステーションらしい。

f:id:sinanonano:20210212175239j:plain

ここには魑魅魍魎の巣窟らしい。

f:id:sinanonano:20210212175250j:plain

この日だけでフェラーリランボルギーニなど、スーパーカーというものを50台は見たような。

これはマクラーレン

最近はスーパーカーは通り越して、1億円以上する「ハイパーカー」なるものが人気とか。

もうポルシェなんてゴロゴロ走っているし、ここは日本か?と錯覚するほど。

コロナで本当に景気が悪いのか、不思議でならない。

f:id:sinanonano:20210212175254j:plain

家を出たのが午後だったので、そろそろ日が傾いてきた。

このあたりの港区は坂道が多いので、「いいトレーニングだ」と早足で歩いていたら、足腰も痛くなってきた。

f:id:sinanonano:20210212175258j:plain

このままだと日没までに帰れないので、今日は断念して地下鉄で帰ることに。

f:id:sinanonano:20210212175303j:plain

と、この大江戸線が地下深くて、いくら下ってもなかなかたどり着けない。

こんなとき大地震でもあったら、もう逃げられないなぁ

 

そして無事帰宅。

あたりまえだけど電車は早い。

f:id:sinanonano:20210212175313j:plain

「おまえ、どこ行ってたんだニャ~」