カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

VRM

娘の衣類やベビーベッドなどが一気に増えたので、収納場所を確保するため片づけをしていたら、なつかしい写真が出てきた。
イメージ 1
1999年ごろに開催された、アフリカツインオーナーたちの「VRMミーティングin東北」。
VRMとは「ビクトリーラン・ミーティング」の略で、アフリカツインのモデルになったホンダワークス「NXR」が、パリダカのゴール、ダカールの海岸線を走ったビクトリーランが由来。
 
松山のアフリカ乗りTさんが主宰した、「日刊アフリカツイン」というホームページから派生したミーティングは、この頃が最盛期で、ここ東北の松山に全国から40台以上が集まった。
 
当時のメンバーでいまだアフリカに乗り続けている人は何人残っているのかなァ。
私の周りはほとんどが当時のNXRの宿敵、「BMW GS」に乗り換えてしまった。
 
他にもスズキDR800の「怪鳥同盟」や、ヤマハテネレ、スーパーテネレの「テネレクラブ」、BMWの「GSクラブ」などと、合同でミーティングをやったり、毎週のように関東近県の林道へ走りに行った。
 
アフリカ乗りには毎年、北海道ツーリングに行くライダーが多かったが、そんな中からTBIやモンゴルに出る猛者が数多く出た、ビッグオフの黄金期だった。