カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

つかのまのあどべんちゃー

バブル時代の元上司Kさんから、

「茨城で20万坪の山を相続した知り合いが売りたいって。

 おまえ自転車で走れる山、探してたよな」

と電話があった。

今まで見た山はせいぜい1万坪がいいところ。

20万坪なんてとても買えないと断ったら、

「いや、俺に100万もくれたらハナシつけてやるよ」

とのことなので、資料をメールで送ってもらい日曜、見に行ってきた。

 

20万坪といわれてもどれくらいの大きさがピンとこない。

よく比較される東京ドームなら13個分

東京ディズニーランドより3万坪大きい

ってよけいにわからないが、とにかく広いことは確か。

 

つい1か月前の猛暑がウソのよう。

朝7時に首都高に乗ったら、ナビに表示された気温は20度、

パーカ1枚では寒いくらいで、途中のPAでカッパを着込む。

f:id:sinanonano:20201005223609j:plain

守谷SAでトイレ休憩

寒いのでとにかく冷える。

まわりのライダーが革ジャンなのに納得した。

f:id:sinanonano:20201005223015j:plain

常磐道の那珂インターで降りて、竜神大橋方面を目指す。

f:id:sinanonano:20201005223023j:plain

Kさんからもらった資料はこの程度。

税務署か法務局の公図らしいが、グーグルマップと突き合わせて、場所の目星を付ける。

f:id:sinanonano:20201005222957j:plain

国土地理院のHPから25000分の1の地図をコピー。

右側の川(青線)から黄色マーカーで囲ったところが目的地だが、現地まで行く「道」がない!

f:id:sinanonano:20201005223033j:plain

たぶんあの山の向こうくらいだろうと見当をつけて、バイクで走ること1時間

f:id:sinanonano:20201005223042j:plain

f:id:sinanonano:20201005223054j:plain

現地から最短距離の舗装路にバイクを停めて、そこから山道を歩くつもりが、切り立ったガケでどこからも降りられない。

f:id:sinanonano:20201005223105j:plain

舗装路を行ったり来たり、わき道に入ってみたり。

携帯が圏外になるようなところにも人が住んでいたので、地図を見せて道を尋ねてみたが、山が広すぎてみんなわからない。

f:id:sinanonano:20201005223115j:plain

「かご岩」という展望台の近くまでは、クルマで行けるそう。

そこから登山道を登って、直線距離で2キロくらい。

偶然、作業をしていた地元消防団の人がヒントをくれた。

f:id:sinanonano:20201005223125j:plain

f:id:sinanonano:20201005223135j:plain

 

f:id:sinanonano:20201005223155j:plain

f:id:sinanonano:20201005223206j:plain

かご岩展望台の駐車場にバイクを停めて、登山道を登る

f:id:sinanonano:20201005223216j:plain

 

いい感じのトレイルが続いていて、このくらいなら自転車を持ってくればよかったかも?

f:id:sinanonano:20201005223233j:plain

f:id:sinanonano:20201005223244j:plain

でもやっぱり激坂登りはあった。

f:id:sinanonano:20201005223258j:plain

見慣れた倒木

だれも入っていないのか、とにかくクモの巣だらけ。

f:id:sinanonano:20201005223309j:plain

崩れて危ない場所もある。

そういえば消防団の人が

「このあいだも遭難した人がいたので、気を付けて」

とか

「クマも出るから気を付けて」

と言われたが、どう気を付ければいいの?

とりあえず携帯電話のラジオを一番大きな音で流しながら、進むこと20分。

f:id:sinanonano:20201005223321j:plain

f:id:sinanonano:20201005223334j:plain

f:id:sinanonano:20201005223400j:plain

f:id:sinanonano:20201005223409j:plain

ひらけたところに出た。

f:id:sinanonano:20201005223426j:plain

f:id:sinanonano:20201005224038j:plain

 

f:id:sinanonano:20201005224049j:plain

下を見ると数十メートルはありそうな、断崖絶壁

このあたりはずっと「圏外」なので、万が一滑落してケガしても、助けも呼べない。

f:id:sinanonano:20201005224112j:plain

ここから現地まで直線で1キロくらいだが、降りる「道」が無い。

登山道らしきトレイルを100㎡くらい下ってみたが、

「クマ」「遭難」「圏外」が頭をよぎる。

迷いに迷ってここまで来たので、時間は午後1時。

空模様も怪しくなってきたし、暗くなったら本当に遭難するかも。

なんとなく場所はわかったので、引き返すことに。

トラロープがある激くだりを、転びそうになりながら下りる。

f:id:sinanonano:20201005223449j:plain

場所によっては自転車で走れるトレイルもあるが、Yさんと行く山は苦労して登ったあと、ゴキゲンなロングトレイルが待っているが、ここは下ったら川で行き止まり。

もう一度登り返さないとならないので、ライドには不向き(というか自転車で下れる斜度ではない)

f:id:sinanonano:20201005223502j:plain

なんとかバイクまでたどり着き、コンビニで買っておいたパンを食べて一休み。

バイクで来た道を戻りながら、次回は川をさかのぼってみようかとも思ったが、川もジャングルに近い。

(草むらの下にほとんど水の流れていない、枯れた川がある)

f:id:sinanonano:20201005223514j:plain

せっかく来たのだから、竜神大つり橋を見に行った。

f:id:sinanonano:20201005223527j:plain

真ん中あたりでバンジージャンプをやっていた。

ジェットコースターもそうだが、カネを払ってまで怖い思いをして、なにがたのしいのか?

f:id:sinanonano:20201005223539j:plain

GO TOのせいなのか駐車場は満車で、観光客もたくさん来ていた。

バイクを停めたところで、爆音を響かせて旧車軍団がやってきた。

f:id:sinanonano:20201005223553j:plain

マッハやw1、ゼッツーなどなどカワサキ祭り状態。

ほかを見るとCBナナハンのグループだったりで、あたらしいGSは完全にアウェー状態。

このあとも茨城を走っているバイクは、みんな旧車ばかり。

ひょっとして1980年以降、茨城はバイクの販売をやめてしまったのでは?

と思うくらい旧車が多い。

しかもほとんどが旧車會の「族車仕様」

直管マフラーにロケットカウル、鬼ハンなどなど、とにかくうるさい。

 

さっきの駐車場でも

ゼッツーの改造に200万かけた」

とか

「火の玉カラーリングに50万かけた」

など改造自慢をしていたが、ファッションも独特だし、まわりの観光客もドン引きしていることが、かれらにはわからないのが不思議。

最近は静かな電動バイクがほしいと思っているので、うるさくて遅いのは大きらい。

 

帰りの高速は渋滞。

気を付けながらすり抜けをしたら、帰宅したときはグッタリ。

と、勉強していた娘が

「宿題終わったらバイク乗っていいって、ママが言ってたよ」

とのことで、疲れたカラダにムチをうち、娘を乗せて走り出す。

「高速乗りたい」

とのリクエストにお応えして、また第三京浜を往復。今回は都築PAで休憩。

f:id:sinanonano:20201005223622j:plain

そのうち誘っても乗ってくれなくなるんだから、どんなに疲れても乗せてあげたい。

バイクの事故も多いので、すり抜けしたときよりさらに気を配って走ったら、今度こそグッタリ。

でもツーリングにちょうどいい季節になったので、次回は海でも連れて行ってやりたいナ