カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

2週続けて

BSで再放送があると必ず観てしまう「慕情」

二十歳のころ知り合いに勧められて観て以来、大好きな映画

f:id:sinanonano:20201102131142j:plain

f:id:sinanonano:20201102131138j:plain

f:id:sinanonano:20201102131146j:plain

香港に行ったらこの丘に登ってみたいと思いながら、ついに行けず。

どちらかというと反中思想なので、もう香港はいけないかなぁ。

歳をとったせいかストーリーが複雑すぎて、二度見しないと理解できない映画が増えた気がするので、どうしてもむかしの娯楽映画ばかり見てしまう。

 

f:id:sinanonano:20201102131134j:plain

この人も好き

リーヴァンクリーフ

クリントイーストウッドやジュリアーノジェンマの、マカロニウエスタンには欠かせない、「チョイワルだけど実は味方」がいい。

f:id:sinanonano:20201102131150j:plain

音楽も新しいものはカラダが受け付けなくなってきて、もっぱら聞くのはむかしのストーンズや70~80年代のロックばかり。

 

f:id:sinanonano:20201102131153j:plain

 

そして先週日曜もお気に入りの奥武蔵ライド。

スーキャリを持ち込もうと思ったが、世間は4連休とか。

土曜は高速が40km渋滞だったので、クルマはあきらめてまたオザワさんに自転車を借りることに。

7時半集合だけど余裕を見て6時に出たら、高速は意外に空いていて7時に着いた。

メンバーは先週と同じオザワさんとオダさんの「地元組」

午後は皆さん家の用事があるそうで、午前中だけのプチライド

舗装の上りで小休憩、このゆるさがたまらない。

f:id:sinanonano:20201102131238j:plain

f:id:sinanonano:20201102131247j:plain

今日も快晴。ジャンパーを羽織らないとちょっと寒いくらい。

f:id:sinanonano:20201102131242j:plain

先週と同じトレイルを下り、途中からオダさん先導で別なトレイルを走ることに。

f:id:sinanonano:20201102131253j:plain

ガレ場あり、根っこのドロップオフありと、かなりスリリングなルートだけど、オザワさんの中華カーボン号は、どこでも飛び越えてくれるので、自分がうまくなった錯覚を覚える(あくまで錯覚です)。

 

林道を終えて舗装路に出たところで、後ろを走るオザワさんが来ない。

地元で道は知っているはずなので、迷うことは無いだろう。

チェーンでも外れたかな?

とオダさんと待っていたが、なかなか来ない。

引き返してみるとコンクリートの舗装路に、立ち尽くすオザワさんの姿が,,,,

f:id:sinanonano:20201102131313j:plain

顔から血を流し、ヘルメットのバイザーが吹っ飛んでいる。

 

f:id:sinanonano:20201102131317j:plain

林道の左端を抜けようとしたら(赤い矢印)、用水路が1mくらい開いた穴で前転(✖の地点)、自転車に背負い投げをくらって、顔から落ちたらしい。

 

よく知っているはずなのにナゼ?と思ったら、

「いつも同じ所ばかり走っているので、こっちに来たのは何年も前で忘れてた」

とのこと。

プロテクターもなにもつけないので、よく骨折しなかったなぁと(首の骨が折れてもおかしくなかった)、感心した。

 

ケガしてるし、今日はこれで終わりにしようかと思ったら、

「せっかく来てくれたんだから走るよ!」

って。

「じゃあちょっと押し上げて、別ルート行きましょう」

ということになり、1時間ほど押し上げ。

f:id:sinanonano:20201102131329j:plain

ホントに誰も通らないので、雨で地割れが続いている

f:id:sinanonano:20201102131256j:plain

がんばって登ったぶんだけ、ここもゴキゲンな下りが待っていた。

と、下に下りてみるとこんな看板が

f:id:sinanonano:20201102131305j:plain

「ライダー諸君、心あるなら引き返せ!山が泣いている」

オフロードバイカーへの警告だった。

f:id:sinanonano:20201102131301j:plain

オフローダーだけでなく、ここはジムニストも多いようで、

 

f:id:sinanonano:20201102131333j:plain

見事に掘り返された跡が、延々と続いている。

 

粘土質なのでこれがよく滑り、押し上げも大変

とくに今日のオザワさんのシューズは、暴走族のあんちゃんが履いてるようなスリッポンなので、滑る滑る。

さっきのケガで心身ともにゲンナリしているところに、追い打ちをかけていた。

f:id:sinanonano:20201102131338j:plain

よくよく聞いたらMTBシューズ「ファイブテン」の、アディダスとのコラボモデルとか。

「族のレディスが履いてるヤツ」

なんてバカにしていたが、ブランドものだったのね。

f:id:sinanonano:20201102131342j:plain

そして山頂に到着。

森のなかは気温低いはずなのに、大汗かいた~。

今日のオザワさんのマシンは、カナダ(だったかな?)の「RSD」というメーカーの、クロモリバイク。

これもヤマザキさんの「おさがり」

RSDってなんの略だろう?

BMWみたいに地名とか、HPNみたいにハンスとピーターとナントカなんて、人名だったりして。

と、リアフレームの下のほうに「Rubber side down ↓」って書いてある。

「ラバーサイドダウン」って、ゴムの側を下に??

と思ったが、スウェーデンでオレさんに

「keep rubber side down」

と言われたのを思い出した。

ここでいうゴムとはタイヤのこと。

「タイヤの向きを下に」は、「タイヤを上にするな」ってことで、要は「ころぶなよ」

または「コケんなよ」の意味。

なんとも洒落のきいたメーカー名だが、オザワさん、しっかりコケてるし(*_*)

 

のこぎりで倒木を片付けたりしながら進み

f:id:sinanonano:20201102131350j:plain

こんな景色に感動したりして、今日のトレイルは無事(でもないけど)完了。

f:id:sinanonano:20201102131309j:plain

用のある皆さんと別れての帰り道。山田うどんを発見

f:id:sinanonano:20201102131406j:plain

むかし埼玉のワダケンの家の前にあった店以来だから、10年以上ぶりか。

f:id:sinanonano:20201102131358j:plain

モツの入ったパンチうどんのネーミングにひかれて注文。

汗のかいたカラダにしょっぱさが染みわたる

f:id:sinanonano:20201102131403j:plain

満腹で走ったら眠気が襲ってきたので、三芳SAでコーヒーブレイク

f:id:sinanonano:20201102131411j:plain

 

渋滞にハマらず3時に帰宅。

2週続けて乗ったので、GSも洗車

そろそろ風が冷たくなってきたので、スクリーンも冬用のロングに交換しよう。

f:id:sinanonano:20201102131416j:plain

 今週日曜はヤマザキさんらと、また子のトレイルを走る予定。

今度はさらに道をつないで15kmのロングなので、ケガしないよう気合を入れて走りたい。