カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

69歳の青春まっさかり

先週のこと、GSで出かけた田園調布の住宅街で路肩に駐輪したら、知らないおじさんに声をかけられた。

「ウチの前にバイク停めるな!」

なんて文句言われるのかと思ったら、

「このバイク、何キロあるんですか?」

とか

「失礼ですがおいくつですか?」

なんて聞いてくる。

ビーエムに乗っていると

「これ何キロ出るの?」

「いくらするの?」

なんて聞いてくる人が多いので、そのたぐいのヒマなおじさんかと思ったら、

「わたし69歳なんですけど、50年ぶりにバイクに乗りたくなったら、走ってるバイクが気になって仕方ないんです」

って。

ヒラノさんというおじさん、去年くらいから急にオートバイに乗りたくなったそうだが、79歳のスガワラ爺よりヨボヨボして見える。

「CB400で3時間3万円」の路上教習を受けたが、坂道発進の右折でエンスト、立ちゴケしたバイクをひとりで起こせなかったらしい。

250ニンジャの中古が欲しいので、今度は250でレンタル教習を受けようと思ったが、コロナでどこも休業中。

年金暮らしで午前中だけマンションの管理人のバイトをして、午後はバイク屋巡りをしているとか。

50年前、ヤマハの2st250で通学していたけど、50年ぶりに乗った最新型400マルチのパワーに、圧倒されたらしい。

 

話しを聞いていたらなんか、かわいそうになってきた。

私のGSにまたがってもらったけど、165cmではアシが着かないし、400でも危ないのだから1250ではもっと危険。

まわりでだれか250くらいのバイクを持っていないか考えた。

「そうだ、じ~じのXL230を借してもらおう」

とメールしたら

「御殿場でジムニー作ってるから乗っていいよ」

って返信が。

翌日、午前中の仕事が終わったヒラノさんがウチに来て、GSにタンデムしてじ~じの家へ。

f:id:sinanonano:20210417174801j:plain

このXL、「生意気にも?」XRのキャブとファンネルが付いていて、ちょっとレーシー。

キャブのバイクなんて100GS以来かも。

チョークを引かないとかからないが、チョークの場所が分からなくて困った。

f:id:sinanonano:20210417174805j:plain

「(ビーエムの)650も乗っていいよ」

と言われたが、やっぱり大きいって。

 

乗らないのでバッテリーもあがりっぱなし。

「もう売っちゃえば」

といっても、

「いやいや乗るから」

って(ホントか?^-^;)

f:id:sinanonano:20210417174757j:plain

 

単気筒の軽量トレールバイク、

69歳、165cmのおじさんには、レーサーっぽいニンジャより、こっちがちょうどいいと思うけど。

f:id:sinanonano:20210417174808j:plain

この時点で1時。

3時には小学校から娘が帰ってくるので、2時間でどこへ行こうか。

 

環八を南下して羽田空港をぐるっと回り、となりの京浜島で休憩。

 

と、ヒラノさん、国道も50km/hで走るので、バックミラーを覗くとバイクの後ろが渋滞していた!?

f:id:sinanonano:20210417174812j:plain

「緊張でノドがカラカラです」

っていうけど、目をキラキラ輝かせてうれしそう。

 

f:id:sinanonano:20210417174818j:plain

国内線は飛んでるみたいだけど、まだまだ回復の兆しは見えない。

f:id:sinanonano:20210417174748j:plain

「バイクを貸していただいたお礼はおいくらでしょう?」

というけど、おカネなんて絶対受け取らないだろうから、

サッポロビール1カートン(6本)でいいと思いますよ」

って言ったら、なんかたくさん買ってきた。

とりあえずドアノブにひっかけて。

f:id:sinanonano:20210417174752j:plain

往復2時間ちょっとのショートトリップだったけど、不安だったクラッチも使えるようになったし、400で立ちゴケしたときより、ひと皮もふた皮もむけたはず。

 

「こんなにビールもらっちゃったから、いつでも乗っていいよ」

との返事をいただいたので、次回はもう少し足を延ばして、第三京浜経由で湘南まで行ってみましょうかね。

思えば30年前、突然オフロードに目覚めたけど、まわりにはだれもいなかった。

見よう見まねで走るうちに、いろんな人と知り合って今に至るけど、とりあえず「いい人たち」との出会いには、恵まれていたと思う。

 

ヒラノさんも私と出会わなかったら、「やり手」のバイク屋の口車にのせられて、分不相応なバイクを買っていたかもしれない(都内のバイク屋、とくにディーラーは、口八丁手八丁の商売上手が多いので)。

69歳の今からカラダを鍛えて、オフロードというのも無理だろうし、正直あと何年乗れるか分からないけど、クルマを売って車庫を空けて、奥様の許可ももらったらしいので、楽しいバイクライフを送ってくれたらいい。

でもヒラノさん、スガワラじ~じが何者なのか、知らないのね~(^-^;