カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

MTB+登山+ツーリング

そしてヒラノさんとの凸凹ツーリング明けの日曜日、

アバラはまだシクシク痛むけど、やっぱり我慢できずにお山へ。

クルマだと朝の高速が、渋滞するかどうかでヤキモキするけど、今回オザワさんちでコナを預かってもらったので、バイクで行けるのが本当にありがたい。

余裕を見て6時に自宅を出発。

以前は「首都高~外環道~関越道」のルートだったけど、早朝の環七はガラガラで渋滞しないし、値上げ続きで高い首都高料金を払ったうえに、20キロも遠回りするのがバカらしくなって、最近はクルマでも下道で、関越道の練馬ICまで行っている。

ガラガラすぎて調子に乗って、早朝ネズミ捕りに捕まらないよう、まわりを走るクルマの流れに乗っても、30分で練馬ICに乗れる。

 

オザワさんちはインターを降りて、下道で14km。

40km/h制限の田舎の一本道なので、見通しもよくていつもガラガラ。

毎回アクセルをガバっと開けたい(踏みたい)誘惑にかられるけど、たまにネズミ捕りをやるそうなのでじっとガマンして、40km/hのところを50km/hプラスアルファで、慎重に走る。

早朝は畑に行くおじいちゃんの軽トラがよく走っているが、これも後ろにつくと苦行だが、ずっと追い越し禁止の黄色いラインなので、あきらめるしかない。

そして30分ほどでオザワさんちに到着、

2台で待ち合わせのお寺の駐車場へ、ひと山こぎ上げて到着

f:id:sinanonano:20210510102340j:plain

今日はいつもの地元のオダジマさんと3人でライド。

昨日は遠方からアライさんとフジタさんが来たので、山をいくつかつないでロングライドだった。

一般道から登山道を登って山奥に入るので、私が転倒してさらにアバラを痛めると、みんなに迷惑がかかってしまう。

なので辞退してヒラノさんとツーリングした次第。

 

やっぱりこのメンバーが一番落ち着くなぁ

 

お寺からさらに30分ほど舗装路を漕ぎ上げて、第一休憩ポイントに到着

道路で大の字で寝ていたら、ロードの人が抜いていった(すんませんm(__)m)

f:id:sinanonano:20210510102344j:plain

そしてさらに30分漕ぎ上げて、見晴らし台に到着。

と、ローディーが10台ほど上がってきて、まさかの「密」状態

f:id:sinanonano:20210510102348j:plain

地元の自転車屋さん主宰の朝ライドらしく、店長とオザワさんは顔見知り。

みなさんマウンテンバイクも乗るそうで、29✖3.0のぶっ太いタイヤながら、コナの軽さに驚いていた。

われわれが先に出発、さらに坂を漕いでいると、さっきのローディー集団が上がってきた。

なんとなく追走してみると、おー、ついていけるじゃん💛

ローディーたちもまさかタイヤの太さが3倍はある、マウンテンバイクにあおられるとは思わなかっただろうが、軽いコナのポテンシャルに自分が一番驚いた。

 

オザワオダジマコンビを置き去りにしてしまったので、分岐で待つ。

ローディー軍団と別れて、さらに登ってやっとお待ちかねの下り。

f:id:sinanonano:20210510102353j:plain

写真だとどこがルートか分からないが、正解は「どこでもルート」

走るラインを一本変えるだけで、木の根のドロップオフがあったり、根っこだらけの激下りが楽しめるが、アバラにシクシク響くので、できるだけやさしいラインを走る。

 

今日はオザワさんちの裏山の、本家オザトレ。

20km超のロングルートと違い、10kmのミドルコースだけど、根っこ地獄や激坂、ガレ場や高速トレイルなど、本当に変化に富んでおもしろい。

 

そして後半の前にいつもの場所で休憩

f:id:sinanonano:20210510102358j:plain

今日の話題は「オザワさんが定年後にやる商売」

この山はハイカーやトレイルランナー、ローディーも来るので、峠の茶屋でもやろうかと。

軽バンでキッチンカーもいいが、どうせならマウンテンバイクでリヤカーを引いて、サンドイッチやおにぎりを売ってはどうか。

妄想は膨らむばかりだけど、オザワさんもたしか55歳、

60才定年とすればあと5年しかないが、5年なんてあっという間。

そのころにはひょっとして、ここもMTB禁止になっているかもしれないし、私ももう走っていないかもしれないが(予定では63でリタイアのつもり)、山はなくならないし、ハイカーやローディーも増えこそすれ、減りはしないだろう。

「好きこそものの上手なれ」

オザワさんも料理でも覚えて、すこしづつやってみればいい。

 

じつはここからの後半3キロくらいが、一番ガレていて苦手。

この日もここまで快調に走ってきたが、ガレ場と根っこが重なるポイントで、左右どちらのラインを走ろうか一瞬迷ったら、ギャップに前輪を取られてジャックナイフ、

あやうく前転しそうになる(*_*)

なんとかこらえたけどふんばったら、アバラが「ピシッ」といったような.......

調子に乗ると本当に危ない。

 

そして無事下山

f:id:sinanonano:20210511130132j:plain

先日買ったモンベルのパンツもいい感じ。

f:id:sinanonano:20210510102406j:plain

 

f:id:sinanonano:20210510102410j:plain

まわりは全部「山、山、山」

シカやイノシシに裏の畑は荒らされるし、携帯も通じない山奥だけど、マウンテンバイカーには本当に天国。

六本木ヒルズに住んで、毎晩高級ワインやフレンチを食べるより、よっぽど贅沢なことを、この地で生まれ育ったオザワさんは知らない。

 

オザワさんに別れを告げて下界に下りると、5月とは言えない暑さ。

たまらず帰りのSAで休憩したら、偶然にもおそろのGSが(でもみんな絶対に話しかけないんだよな~(*_*))

やっぱり金ピカのホイールは好きになれない。

f:id:sinanonano:20210510102418j:plain

先日モンベルで買ったポットに、今朝淹れたコーヒーを飲む、至福のひと時(まだしっかり熱い)

f:id:sinanonano:20210510102414j:plain

そしてお約束の夏ミカンもいただいた

f:id:sinanonano:20210510102423j:plain

半日自転車こいで大汗かいたので、まだ2時だけどお風呂を入れて

f:id:sinanonano:20210510102427j:plain

今日は「母の日」

我が家はなぜかケンタを買ったらしいので、お昼代わりにいただく

これも至福のひと時だけど、けっこう胃にもたれる

f:id:sinanonano:20210510102432j:plain

今日も痛めたアバラがシクシク痛いけど、好きでやってるんだから仕方ない(奥様にはナイショだし(^-^;)

自転車も「登山」も、ついでにツーリングも楽しめるオザトレは、やっぱり最高なのだ。