カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

懸垂できる?

千葉のカラサワさんに誘われて、年末ひさびさに走った北関東のお山は、ひたすら登っては下るの繰り返し。

ふだんオザトレでダラダラ走っているこちらには、かなりきつい内容で、

上り坂でアシが終わってしまい、楽しいはずの下りもスタンディングできないほど。

とくに激坂登りは「二の腕」と肩まわりが痛くなる。

実業団のワダケンから

「強いヒルクライマーは二の腕を見ればわかる」

と言われたが、登りが速い人は体幹がブレず、腕も引き締まっている。

自分がとんだヘナチョコ野郎だったことを、(知ってたけど)改めて思い知らされた。

「外壁屋」のカラサワさんは、日ごろから40kgの重い外壁パネルを、現場で何十枚も担ぎ上げているので、どんな激坂も体幹がブレることなく、グイグイ登っていく。

 

ネットの広告が目に留まり、自分へのクリスマスプレゼントでつい、購入してしまった。

f:id:sinanonano:20220102141136j:plain

f:id:sinanonano:20220102141140j:plain

「KENSUI-KAKU」という懸垂マシン

f:id:sinanonano:20220102141313j:plain

f:id:sinanonano:20220102141316j:plain

f:id:sinanonano:20220102141442j:plain

f:id:sinanonano:20220102141445j:plain

これのいいところはなんといっても、このコンパクトさ。

ベースが上下とも18センチしかないので、使われず洋服掛けになっている「ぶら下がり健康器」のように、目立たなくていい。

なんといってもおとなりの町、大田区の町工場が作ったので応援したくなったのも、理由のひとつ。

kensui.main.jp

さっそく挑戦したけど、あれ?ぜんぜん上がらない?!

学生時代は何十回もできたはずなのに???

「懸垂できない」で検索すると、筋力不足と体重オーバーを指摘された。

十代のころに比べれば10kg近く太っているし、当然筋肉も落ちている。

www.youtube.com

こんなマッチョにはならなくていいので、「使わずに洋服掛け」にはならないよう、毎日がんばりたい(^-^;