カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

大人になりきれない大人たちへ

妻の新しいクルマが納車された。
イメージ 1
トヨタ「ブレイド」2.4L AT、今までのクルマが車検になり、もう少し取り回しが楽なクルマとして選んだのがコレ。
 
妻は本当にクルマに興味がないが、クルマ好きな義父の薦めで、今まで乗っていたのがスカイラインだった。
イメージ 2
なのでクルマを選ぶにあたり、比較するのはスカイラインが基本になる。
2500ccのスカイラインに比べれば、プリウスは当然パワー不足でアクセル踏んでも進まないし、ヴィッツもマーチも予選落ち....。
(猫だって一度モンプチを食べたら、2度と安いネコ缶は食べなくなる)
以前、同級生T君が勤めるVWに行って、ゴルフやジェッタ、パサート等々試乗した挙句、妻が唯一気に入ったのがゴルフGTIだった。
 
低燃費を謳うゴルフTSIは、小排気量で燃費がいいが、パワーを出すためターボ&スーパーチャージャーと、過給器頼みにならざるを得ない。
ちゃんと走らせるにはアクセルを踏まないと前に進まないので、妻が一番パワフルなGTIを選んだのは、当然の結果だろう。
 
でも外車はガソリンがハイオクなのと、価格が400万以上するので、即却下.....。
 
スカイラインは車高が低いので、チャイルドシートへの子供の乗せ降ろしが、腰につらい。
ある程度車高があってショートボディ、キビキビ走って燃費もよくて、価格は200万以内で探すと、ほとんどのイマドキの国産車は該当しない。
 
私のVもバイクを載せなくなったので、この際2台を1台にしようと、ホンダフリードあたりがいいかと思ったが、高速でふらつくミニバンはお気に召さない模様.....。
 
他にも近所のディーラーの営業マンが、中原海道をタイヤをキュンキュン言わせて走っている、アバルト500も気になっていた。
でもルパン3世のあの500なので、小さすぎてこれも却下(妻はATしか乗れないし)。
 
クルマ好きな義父が、いろんなメーカーのディーラーを回っていろいろ試乗して、4,3mのショートボディに2.4L直4エンジンを積んだ、このブレイドを見つけてきた。
 
と言ってもこのブレイド、発売当初は「大人になれない大人たちに」ってキャッチコピー(だったかな?)で、その昔走り屋だったおじさん層をターゲットにしたみたいだけど、牙を抜かれた今の大人たちは、ヴィッツやマーチ、プリウスなどの、エコなファミリーカーに行ってしまい、かなりの不人気車.....。
 
予約してやっと試乗車に乗ることはできたが、都内の数あるディーラーでも在庫はたった1台しかなかった。
(どこも在庫を持ちたくないんだろうな.......)
 
色はディープゴールドとのことだが、未登録車でまだナンバーが付いていないため、遠くのディーラーから持ってこれないという。
カタログで見ると昔のM3と同じ金色で、光の加減によってはウ○コ色に見える(SSERのヤマダさんが乗ってたなァ)。
見に行くのも面倒だったのと、最後の一台ということで、大幅に値引きしてもらい帰宅した。
 
先月の連休、高速の500キロ往復でこのクルマを探したが、ベンツやビーエム、プリウスはウンザリするほど見かけるのに、ブレイドはたった1台しか見かけなかった(本当に景気は悪いのか......)。
 
 あまのじゃくな妻いわく、白や銀色はつまらないので、ウ○コ色も変わってていいじゃないとのことだったが、実物はなんとも玉虫色なカラーリングで、これはこれでアリ。妻も気に入ったようだ。
 
イメージ 3
 
私のことを旧車好きと勘違いしている人がいるが、クルマもバイクも新しいほうがいい。
(壊れても自分で直せるならいいけど.....)。
 
このブレイドには他に3.5Lエンジンもあるが、こちらは走り屋系に人気らしい。
といっても「街中で同じクルマを滅多に見ないから」というのが、人気の原因らしいが.....。
 
旧式ポルシェのシンクロミッションとワイヤークラッチで、シフトワークが決まったときの爽快感は、望むべくもない。
マセラティのインパネの、「クラクラするような」ゴージャス感も、一切なし。
 
それでもここ20年くらい、向かう方向がファミリー志向の国産メーカーには、何の興味もなかったが、ゴルフGTI並みにキュンキュン走る、こんな「鬼っ子」のようなクルマが、もっと注目されてもいいと思うのだが。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
いつもの大井ふ頭に家族でドライブに行ってみた。
夕方だったのでサイクリストは誰もおらず。
 
イメージ 6
クルマが変わってもわれ関せず。クルマに乗るとよく寝る娘であった。