カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

スペクトラル

今回お山の家に行ったもう一つの理由が、これ
 
イメージ 1
 
オペラ&クラシックキチガイの義父が、この山荘でずっと聴いていたオーディオを入れ替えるので、前回に続きまた私が引き取ることに
 
これはアメリカのオーディオメーカー「スペクトラル社」のもの
上がパワーアンプ、下はCDプレーヤーとプリアンプが一体になっている。
 
マニアでないので名前も聞いたとことなかったが、20数年前、義父が仕事でアメリカに赴任していたとき現地で購入し、その後の赴任地ロンドンなどでも、ずっと聴いていたらしい。
 
むかしテレビとビデオデッキが一体になった、「テレビデオ」というのがあったが、まずビデオデッキが壊れてしまい、新たにデッキを購入する際、結局テレビも買い換えた。
 
なので「CDプレーヤーが先に壊れたらどうするのかな?」と思ったが、
義父曰く20数年トラブルはないとのこと。
 
とりあえずクルマに積んで帰り、オーディオマニアが高じてオーディオ関係の仕事をしているA君に電話。
 
「スペクトラルって知ってる?」
 
「もちろん知ってますよ、どうしましたか?」
 
「またお父さんにもらったんだけど、前に買ったアンプもあるし、どうしたものかな?」
 
「じゃあ見に行きますよ」
 
ということで昨日来てくれた。
 
義父曰く「アメリカでも100万以上した」というが、A君も「これ日本で買ったらセットで200万以上しますよ」って.......
 
「でもマニアックすぎて正規品でもあまり値段がつかないので、あちらで買った並行モノだとなおさら......」
 
たしかにネットで検索したら、同名の育毛剤とかゲームとかがまずヒットした(スペクトルマンは好きだった)。
 
義父は今度はアンプもCDレコーダーも国産にするらしいが、それでも100万近いらしい(ケーブルが高いとか)
 
なのでこれを売って新しいオーディオの足しにしてもらおうと思ったが、買い取り業者の下取りだとバラして修理する手間があり、販売価格の数分の1とか。
 
A君も「真空管アンプと2セットあれば、いろいろ聞き比べられて楽しいですよ」って。
 
だからマニアじゃないから楽しくないっつーの。
 
接続コードもアメリカ製の「MIT」じゃないとダメとか。
イメージ 2
A君にスピーカとつないでもらって、「ほら、やっぱりこっちのほうがいい音でしょ」って言われても、正直違いが分からない.................
 
ネコに小判、ブタに真珠、しなのにオーディオとはこのことか。
 
そろそろ暮らしをシンプルにしておこうと、事務所にあったソファセットも人にあげたり、バイクやクルマの古い本や、古くなったキャンプ道具やウエアもだいぶ処分した。
 
本当は大きなスピーカーも邪魔で、義父が聴いているセレッションの小型スピーカーが欲しかったが、「これはまだ聴くから」ともらえなかった(残念)
 
でもマークレビンソンも含めてやっぱりアメリカのデザインはかっこいい
 
とりあえずこのまま聴こうと思うが、ピアノの上ではピアノがかわいそう
 
クアドラのオーディオラックなんて高くて買えないので、イケアか島忠ホームセンターに行って、キッチンワゴンでも買ってこよう(やっぱり「しなのにオーディオ」か...........)