カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

うめさん祭り

昨日は岩手のアフリカ使い、うめさんが仕事で上京。
なので友人らが集まって、また宴会
イメージ 1
  
今日のメンバーはワダケンに I君と、妻と娘が宴会中。
って違うだろ.......
 
うちの腹ペコ娘は夕食をしっかり食べたはずなのに、
「チーズたべる~」
「クラッカーちょーだい~」ってバクバク。
 
K君、うめさんも到着し、宴会開始。
あとは10時すぎに元GSマフィアY君が、自転車で登場。
 
今回は少人数だったが、おかげでゆっくり話しができた。
 
海上自衛官のI君は、今はレストランでシェフ修業中。
今年の秋ごろには茨城の実家で、父上が経営するレストランに戻るという。
 
私がI君に会った15年くらい前は、「民間人の人たちはねぇ」なんて、あちら側どっぷりの人間で、
そんなところを民間人でバイクの先輩たちに、毎回イヂられていたが、公務員をやめて民間人になってから、いろいろ苦労したせいか、人間的にずいぶんしっかりした印象を受けた。
 
自転車乗りのワダケンと二人で、実家のレストランを自転車乗りのメッカにしようと、宴会終了までI君を洗脳。
へんぴな場所でもお店の前に自転車用ラックを作り、カロリー消費の激しい自転車乗りのために、高カロリーのお菓子やパン、ランチメニューを取り入れて、毎週たくさんのサイクリストが集まる店も多い。
 
いまだに「自転車ブーム」という人がいるが、エコや健康への意識も手伝って、数千人規模で開催される各地のイベントは、すぐ満員になるほど。
信号無視や逆走などマナー違反も一向に改善されないが、ブームを超えたライフスタイルとして定着している。
 
そのためには I 君自身もサイクリストになったほうがいいが、10年ローンで買ったF800GSもまだ4年目。
価格が暴落して「売ってもローンが残る」ようなので、自転車のロードレーサー購入は難しい.....。
デブには向かない自転車だが、I君は引き締まっていいカラダなので、たぶん自転車に向いていると思う。
 
うめさんが今回上京した目的はもう一つ。
新しい水冷の1200GSを試乗すること。
岩手にはディーラーがないらしく、近くても仙台か青森とか。
 
大学生の息子(うめちび)も今年就職。
かねてから仕送りがなくなったら、GSを買いたいと公言していたのが、やっと現実に近づいた。
といってもお山でぶっ飛ばすバイクはやっぱり必要とかで、アフリカは売らずに残しておくらしい。
 
1200GSが水冷になったことも知らない私は(ついこのあいだDOHCになったと思ったのに)、
乗り出しで250万以上、パニアなど装備含めると、300万は軽く超えるというその価格に、ただ驚くだけ(4輪のビーエムが買える.....)。
 
今は仕事のアシでしかバイクに乗らないので、65万円で買えるホンダのNC700Xがいいかな、なんて思っている。
 
クルマももう実家の母親を乗せることはなさそうなので、スバルのXVかマツダのCX-5もいいな、なんて思うこのごろである。
 
K君はこちらも市民の安全を守る国家公務員。
スピード違反は懲戒処分とかで、ロードをあきらめオフに転向した。
中一の息子を筆頭に3人の子を持つお父さんだが、最近は小二の二男がオフに目覚めて、うれしいけど大変らしい。
 
自分もバイクに乗りたい人は、子供にバイクは乗せないらしいが、彼もまだまだオフが楽しくて仕方ない一人。
家族がいて家のローンもある身分では無理も出来ないが、いろいろとやりくりしながらバイクライフを楽しんでいるのが、話しを聞いていて微笑ましかった。
 
子供のころ父親のカブのシートの前にちょこんと座り、風を受けて走るのが何より好きだった。
 
なので来年あたり娘をカブかスクーターの前に乗せて、まずは保育園の送り迎えが出来たらいいなと、K君の話しを聞いていて思った。
 
フラットと親しいY君に深夜にもかかわらず、明日(24日)の1200の試乗を申し込んでもらい、意気揚々と引き揚げたうめさん。
 
さっきメールしたら「今日はあいにくの雨で試乗は断念、現物だけ見て帰ります」とのこと。
 
交通量が激しいうえに道もわからないうめさんが、不慣れなハイパワーマシンで事故らないよう、
きっと神様が雨を降らせたんだろうナ。