カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

K`s garage

最近は自転車ばかり乗っているが、これからバイクも気持ちいい季節。
そろそろGSのオイル交換もやらなければ。
去年、K内さんのガレージで教えてもらいながらやってから、すでに5000キロ以上走っている。
 
なのでK内さんの都合がいい土曜日、K‘s ガレージにお邪魔した。
 
イメージ 1
 
あいかわらず自宅の改修工事は止まったまま(あっやってるの??w
エンジンオイルとフィルター、ミッション、ギアオイルを交換し
(前回交換したときはアンダーガードのボルトを折り、あやうくオイルパン交換するところだったので、緊張して作業したため写真はナシ)
 
ヘッド周りからカチカチ音がするので、今回初めてタペット調整に挑戦。
 
実は航空整備士養成の専門学校卒で、星型エンジンの組み立てやヘリの整備もやっていたが、入学してみて思ったことは「オレ、向いてないなぁ.......」。
 
高校は県立の進学校で、同級生はほとんど進学したが、大学に4年も行く気がしかった。
たまたま会った幼なじみが、その整備士の学校に行くというので、
「おもしろそうだな」と受けてみたのが、そもそもの始まりだった。
 
自衛隊の予備校みたいなその学校は、丸刈りに軍服のような制服を着て、毎朝国歌斉唱しながら国旗掲揚する、バリバリ右寄りの学校。
先生も自衛隊OBが多く、毎日のように殴る蹴るの「体罰」を受けたが、「ヒコーキ」が好きな生徒は卒業後、自衛隊に就職するものが多かった(幼なじみも航空自衛隊のヘリ整備士になった)。
 
私は二輪四輪メーカーに就職したが、配属先は溶接などの工業用ロボットを、国内海外の工場に設置する部署で、以来バイクは乗るが整備は本当にやらなかった。
 
フラットのオヤジさんが亡くなっても、お店にはT君やUさんはいるが、そろそろ自分でもメンテしないとなァと思い、K内さんに相談したのが始まりだった。
 
ヘッドカバーを外しシックネスゲージでクリアランスを測る。
ボルトをゆるめて微調整するが、なにせ30年以上ぶりでは加減が分からず、
「0.15でしたっけ?」とか
「こんなもんでどうでしょ?」と、何度もK内さんに聞く始末(すみません...)。
 
先日フラットへオイルフィルターを買いに行った際、T君から「新卒のメカニックはコンピューターは詳しいけど、OHVとか知らなくて」って。
 
新型マシンはコンピュータのカタマリ。
熟練のカンよりもパソコンのスキルを求められるとか。
 
ただでさえメカに弱いのにコンピュータ満載では、メカへの興味は遠のくばかりである。
 
締めすぎたりゆるすぎたりで、何度かダメだしされながら、なんとか調整完了。
K内さんも「おやっさんの手の入ったエンジン、いじっていいのかなァ」と言いながら、キャブ調整をやってもらった。
 
2008年に父が大病してキャンセルして以来、今年は行きたい北海道4デイズ。
スガワラじ~じのお供でツーリングクラスの予定だが、バイクはまだ未定。
 
「GSで行けば?」と言われるが、齢20年を超えた「高齢車」を、ダートで走らせるのはかわいそう(ダートでガシャンガシャンいうのが、「イタイイタイ」って聞こえてしまう)
 
この日やってきたのK内さんの仕事仲間のkeroさん
 
イメージ 3
もとはロードスターだったって、タンクしか面影が無い
 
イメージ 2
「バルタン星人みたい」って言ったら、
イカって言われてます」
なるほど
 
イメージ 4
フォークはKTM625SMのを、自分で加工して移植。
 
これで自走で筑波サーキットに行って、14秒台で走るらしい
(ホント変態、ぢゃなくて マニアだネ)
 
イメージ 5
サーキットユーズなのでマフラーも無い!
 
でも「タイコ」で消されるのか、思ったより静か(やっぱりうるさいけど)
 
プライベートでいろいろあったらしいが、ふっきれたらしい(?)
 
そういえば先週ひさびさに行ったバッチョーネで、
イメージ 6
中目黒川の狂乱さくらフィーバー中は、スタッフ全員が数キロ痩せるほど、殺人的な忙しさ
Kさんらの疲れた顔を見るのが忍びないので、桜が散るのを待っていた(今年は2キロ痩せたって)。
 
桜が散ったあとの新緑のほうが、個人的には好き。
 
イメージ 7
バター大盛りはヒルクライムに向けて減量中のカラダには、酷というもの(でもしっかり食べちゃった)
 
イメージ 8
アンチョビと菜の花のパスタ、
やっぱり美味い
 
Kさん「なんかバイクないですかねぇ」
GSを手放して以来、125ccのスクーターに乗っているが、 
野球少年の長男が高校に進学し野球部へ。
埼玉や千葉の遠征に夫婦で行くのに、大型バイクが欲しいらしい。
 
マックスのSさんに相談したら、「ん、RSあるよ」と言われたらしいが、
お店の脇に野天でカバーでは、古くて心配とか。
 
そういえば2輪ライターのイケメンM井さんがフェイスブックで、KTM950ADVだかスーパーEDを売りたい人がいるって見たたけど、あれは身長2m、体重100kgの巨人が乗るもの。
身長170くらいのチビッコが後ろに奥さん乗せて走ったら、信号待ちで片足ツンツン。
いづれ腰痛になるか、立ちゴケ必至だろう。
 
で前述のkeroさんちには、現在、GSが4台あるらしい
(というかほとんどバラバラで、ベッドの下やクローゼットに、エンジンやパーツが転がってるとか。なにか「猟奇殺人」の匂いが.....)
 
お父さんが乗っていたGSがあるそうなので、Kさんそれでいいんじゃない?
今度keroさん&K内さんとお店に行ければと思います。
 
ご近所のパタパタさんもやってきて、
整備が終わってエンジンかけてみたら、オイルフィルターあたりから、ポタポタとオイル漏れ??
 
見るとフィルターからオイルクーラーへ伸びる、「バンジョー」(なんでバンジョーっていうの?)から漏れている
 
「ワッシャー2個入れましたよね」とK内さん
入れたと思うんだけどなぁと、バイクを横倒して外してみると、バンジョーのout側に2枚ワッシャーが重なっていた...
inとoutに一枚づつ入れなきゃいけないのに、またやってしまったが、早く気が付いてよかった(他人ごとかよ)。
 
K内さん、今回もありがとうございました。
 
パタパタさんといいkeroさんといい、K内さんといい、みんなバイクやクルマと関係ない仕事なのに、本当にメカに詳しくてうらやましい。
 
試運転してみると滑らかに回っていい感じ。
 
メカ的なことは分からないが、柳沢マジックのGSしか知らないので、調子がいいか悪いかはすぐ分かる(ありがたみを知らない男である)
 
帰宅してバイクを洗車しようとしたら
イメージ 9
「おてつだいする~」って
 

「よごれてますね~ よいしょよいしょ」と磨いてくれた。
 
う~ん、もうちょっときれいにしないとナ