カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

じ~じからの手紙

第二の母国?フランスに「大名旅行」しているはずの、ムッシュじ~じからメールが。
 
イメージ 1
いつの間にか帰国していて、これは御殿場のガレージか?
(本当に神出鬼没、ひょっとして「どこでもドア」とか持ってるのか??)
 
今年のモンゴル用マシン、
リアに私の会社のステッカーを貼ってくれた写真を、送ってくれた。
 
これは98年にカメラマンのシューセイさんとプレスとしてパリダカに参加したとき(注 選手ではありません)、一応スポンサーだからと作ったもの。
 
今年もO爺さん?とのジージーバトルが見られるか??
 
SSERのホームページに不定期連載されている、「菅原さんからの手紙
 
フランスに住む「良友」を訪ねた話しが、書かれていた。
 
じ~じがパリダカパジェロで出ていたころ、このムッシュパジェロで出場。
オイル漏れで走れず、夜の砂漠で止まっていた、ムッシュパジェロ
 
通りがかったじ~じが、ハンマーの木の柄を丸く切って(!)、オイルのドレイン穴をふさいで直したという、まるでおとぎ話のような、たぶんホントのハナシ。
 
後日のスタートでエンジンがかからないムッシュパジェロを、
スターターをハンマーで叩いて直したという(!!)、
マンガのようなこれも(たぶん)ホントのハナシ。
 
スプリントレースのような現代のダカールラリーでは、想像もできないが、
翌朝のスタートまでに間に合えばなんでもOKという、おおらかな時代。
 
レース中のいたるところでこんな光景が、毎日のように繰り広げられていたのだろう。
 
パリダカに30回以上出て、フランスのルマンにも家とガレージがあるじ~じ。
知らない人は「菅原さんってフランス語ペラペラなんですか?」と聞かれるが、
生前にガストンと呑んだときやファラオで旧知の外人との会話を聞く限り、
「ペラペラというよりヘラヘラですね」と、答えるようにしている。
(本当によくそれで通じるなぁと、感心すること数十回w)
 
それでもラリーに言葉は要らない。
相手が困っていたら手を貸し、こちらが困っていたらなにも言わずに助けてくれる。
 
たった18日間のなかに人生が凝縮されたようなラリーは、
そこで出会った人たちと、一瞬にして何十年来の友人になれる。
 
今週末は私の実家がある長野のエムウェーブ、「信州カーフェスタ」があり、
テルちゃんがトークショーをするらしい。
先週末だったら叔母の葬儀で帰省してたので、見に行けたのだが残念。
 
オニガワラのような父親と違い、イケメンのテルちゃんは海外でも人気が高い。
彼も世界中にたくさんの友人を持つ。
 
じ~じからのメール
  
 悪友のsinaさんへ
写真の通り、スポンサー様のステッカーを貼ったら凄いパワーがでましたよ。
ありがとうございました。
慣らしの為に東京に持つてかえりましたよ。
感謝を込めて、、、、、、、
ありがとう。
菅原 義正
 
あっ私は「悪友」なのねw