カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

バイクにバイクを積む方法

ヒルクライムで悔しい思いをして、もっと練習しなければと、ハートに火がついた。
 
それにしても東京から峠がある郊外は遠いし、帰りの渋滞を考えると行く気も失せる。
一日中、自転車に乗っていられればいいが、せっかくの週末は子供と遊びたい(遊んでもらいたい)ので、朝早く出て昼までには帰りたい。
 
往復160kmのヤビツ峠まで自走で行くと、往復8時間はかかる。
朝5時に出ても昼には帰れないが、クルマで行っても渋滞にハマれば、時間どおりには帰れない。
 
ならばバイク(オートバイ)にバイク(自転車)を積めないかと、ネットで探すと
 
イメージ 1
こんなのがあった。
 
これならアンガールズ・ワダケンのホームグランド、
埼玉の東松山に自転車を積んで行ける。
 
しかし日本の道交法は
車体から横15cm、後ろは30cm、高さは2m以上飛び出すと、違反で捕まるらしいので、これはダメだろう。

若いころバイクにスキーを積んで、春スキーに行っていた。
リアキャリアにスキーを立てて縛り、リアシートにスキー靴を積んで、志賀高原や菅平に滑りに行った。
今思えばかなり無理があるが、当時は「私をスキーに連れてって」の一大ブーム。
帰りの高速の大渋滞を横目に見ながら、すり抜けして帰った。
 
GSのパニアステーに鉄製のキャリアを付ければ、自転車を積んで高速で行けそうな気がする。
 
これならヤビツでも東松山でも、1時間で現地に着いて走って、帰りが渋滞しても1時間で帰れる。
バイク乗りで自転車乗りならこんなキャリア、欲しいと思うんだが。