カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

冬の準備

寒くなってきたのでそろそろレヴォーグの、スタッドレスタイヤを手配せねばと、Aさんに連絡した。
Aさんは20年前バブルのころ、一緒に遊んだ友人。
10代でJ事務所から3人組の歌手としてデビュー、
本人いわく「ちょっとだけ」活躍したらしい。
生粋の日本人だがジョージハリスンによく似た、元祖イケメン。
 
生来の遊び人で、金があってもなくても遊んでしまう。
昔、よく通った紀尾井町アルマーニ
私が買ったスーツを見たAさん
金もないのに「オレも買おう」って、カードで50万のお買い上げ。
今にして思えば50万のスーツって、ジャケットがいくらでパンツ(ズボン)はいくらなのか?
まさかズボンに20万なんて、バイクや自転車に乗る今なら、もったいなくて買えない。
本当に飽食のバカな時代だったが、こんなことばかりしていたAさん
バブル崩壊と同時に大借金王に転落したが、競輪競馬など「お上」が胴元の公営ギャンブルはやらず、非公認の地下ギャンブルで荒稼ぎして返済した。
 
六本木や銀座で数えきれない浮名を流した彼だが、20年前に結婚したときは周りがみんな驚いた。
 
奥さんが彼にベタ惚れしたのだが、その奥さんの実家はかなりの資産家。
なので寝るところと食べ物には困らないので、小遣い稼ぎに夜はキャバクラの運転手、昼間はパチンコに励んでいる。
 
そんな彼の副業が「タイヤ屋さん」
 
知り合いのタイヤ業者から中古を安く買い、ネットで売りさばいている。
 
レヴォーグのスタッドレス欲しいんだけど」と電話すると
「レボーグってどこのクルマ?」って...........
 
大のクルマ好きだったAさんだが、「ひと通り」乗ってしまった今は、あまり興味が無いらしい。
 
そして昨日、雨のなか持ってきてくれたのが
イメージ 1
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2
 
コンチネンタルの中古スタッドレスに、「レオニス」というホイール。
 
冬に長野の実家へ帰省するときと、東京で突然雪が降ったときに履くだけなので、これで十分。
 
安くしてくれて助かった。
Aさんありがとう。
 
先日、仕事で田無に行った帰り、ひさびさに辺境専門の旅行代理店
「E&Gインターナショナル」ナガモチさんのところにお邪魔した。
 
自宅兼事務所の前には、いつものおんぼろライトエースではなく、
こちらもおんぼろビートルが。
 
イメージ 5
どうしたのか聞くと、「前から欲しかったので買いました」って。
70年代らしいが今でもよく走り、先日は実家の関西へも出かけたとか。
 
高校3年生のとき友人が、いとこのビートルを借りてきてドライブに行ったが、途中でバッテリーがあがってしまった。
ガソリンスタンドまで二人で「押して」、ジャンプコードでつないでかけようとしたが、バッテリーがみつからない。
 
30年以上前の田舎では、これも立派なガイシャ。
スタンドのおじいさんもビートルは触ったことがない。
当時は携帯電話がないので、いとこの家に赤電話から電話、
バッテリーがリアシートの下にあるのを、初めて知った。
 
9月に一週間休みを取って、ラオスに旅行したナガモチさん、
若いころはバイクで世界中を放浪したツワモノだが、当時のラオスは内戦中で入れず。
タイから川を渡って国境を越えようとしたらしいが、まわりに止められて命拾いしたとか。
毎年カブでタイツーリングを企画しているが、今回は「ラオスで路線バスの旅」の下見を兼ねている。
事前に調べたバスの時刻や、出発地の書かれたメモを日本に忘れてしまい、初めてのラオスでかなり困ったらしい。
でもそんな旅も楽しんでしまうところが、ナガモチさんの旅のツワモノらしいところ。
興味のある人は彼のブログを読んでほしい。
 
世間の人が忙しくなる年末に、家を買ったり借りたりする人も減るので、私の仕事は毎年この時期はヒマになる。
ジタバタしても仕方ないので、こんなときはゆっくりコーヒー豆をミルで挽いて
イメージ 4
 
ゆっくり味わいたい