カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

忘年会

昨日は岩手のうめさんが仕事で上京
なのでいつもの有志で「うめさんを囲む会」を、「居酒屋しなの」で催した。
 
 
イメージ 1
メンバーはうめさんとTLD(東北ロングディスタンス)や、岩手のお山「通称 うめ庭」を走ったおやじたち
 
サイクリスト・ワダケントランポくりおやぢ、川崎のA師匠と舎弟のK君。
福岡から小田原へ転勤中、「さすらいのカラオケ店長」ケンヂくんも。
DOA主宰のY原さんも、ひさびさに来てくれた。
遅れて駆けつけてくれたのは、フラットのTくん。
GSの修理をお願いしたときに、「うめさん来るからおいでよ」ってお誘いした。
 
S師匠も来る予定だったが、仕事で来られず。
 
そして紅一点のチーママも、日野のTシャツでお出迎え。
 
イメージ 2
来て早々、食材の買い出しに近所のスーパーへ行ってもらい、腕をふるうA師匠
「モコズ・キッチン」ならぬ「ミッチズ・キッチン」
 
哀愁ただよう男の背中
坊主頭が和食の職人っぽい(あっゲーハー?)。
調理に忙しくて久々に会う仲間と、ゆっくり話をできないのが毎度申し訳ないが、
狭くて調理器具も足りない中、料亭に負けない料理を作るのはさすが。
 
本当は茨城の実家レストランに戻ったI 君が来てくれれば、二人体制で万全だったが、さすがに抜け出せなかったらしい。
 
前回はじ~じの壮行会も兼ねたので、今回もお誘いしたが、ダカール直前で日野さんと全体会議があるとのこと、残念。
 
先月のDOAに参加できなかったので、Y原さんと会うのは4年ぶり。
方向音痴のワタシがファラオを完走できたのは、ひとえにY原さんのナビのおかげ。
 
「sinaさんてば、ぜんぜんコマ図見てないから、いなくなったと思ったら逆方向から走ってくるし」
そんなことあったかなァ(たぶんあったんだろう)
 
垂直に近い崖を登るルートでは、頂上に着いたY原さんの横を、いきおいあまった私とバイクが頂上でまくれ上がり、崖の下にまた落ちて行ったとか(全然覚えてない.....)
 
本当によく無事に帰ってこれたものだ。
 
A師匠も
「20年近く前初めて会ったとき、オフのオの字も知らなかった人が、まさかファラオまで行ってしまうとは」と驚いていた(ホント、自分でもオドロキです)
 
Y原さんとのファラオで一番鮮烈に覚えていること。
 
道に迷った我々の後ろから、クワッドのイスラエル人がやってきて、
「おれについてこい」と合図、猛然と走り出した。
「この開けっぷりの良さ、こいつは道がわかるんだ!」と喜んで、後ろを追いかけた。
しばらく走った彼がピタッと止まって、後ろを振り向いて「わからない」って両手をあげた。
 
「こいつ、道に迷ってるよ......」
 
そこからはGPSの矢印が差す方向を目指して、落ちたら死ぬような崖を下ったり登ったりしながら、ひたすら直進。
やっとオンコースに戻ったがあとで調べたら、10キロ以上コースを外れていた。
 
そんな話をしながらも、娘とデレデレイチャイチャする私を見て
「人間ってこんなに変わるものなんですか」と、驚くY原さん
(いえいえこれが本当の姿ですよん)。
 
Y原さん、イベント運営以外はなにしてるのかと思ったら、こちらもファラ友のカメラマン 桐嶋ローリーと、フィギアの荒川静香さんが親善大使を務める、ヤマハのPVを作っていたらしい。
クルマの後部座席でスケート会場に向かっていた時、信号で偶然となりに停まったアメリカンと、運転する女性がかっこよく、それにあこがれて免許を取ったとか。
 
「女性のほうがこうと決めたら行動が早い」
本当にそう思う。
 
8時を過ぎてママがお迎えに来ても
「まだいかない~」って駄々をこねていた娘。

 
ちやほやしてくれるおじさんたちとの別れが、よほど悲しかったんだろう。
 
イメージ 3
6時から始まった宴が終わったのは、11時過ぎ。
 
繁華街の居酒屋では、予約も3時間が精いっぱいだろうが、それでは仕事の忙しい人や、遅い時間しか来れない人は間に合わない。
遠方から集まってもらうのは申し訳ないが、ここなら時間を気にしなくて済む(遠方の人は寝袋で素泊まりもOK)
 
元GSマフィアの片棒、Y村君も来ると言っていたが、全員が帰った11時過ぎにメールが。
「まだみなさん、やってますか」
 
「今、帰ったよ」って(遅い!)
 
バイク乗りならみんなトモダチ
次回はモンドモトI君も誘おう。
 
 
他愛のない話ばかりだけど、楽しいひとときでした。
こんな会ならいつでも大歓迎。
またやりましょう
 
みなさん、娘にたくさんのお菓子を買ってきていただき、本当にありがとうございました。