カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

カイザー

先週土曜は妻の休みが取れたので、東京駅前の旧中央郵便局でやっているという、博物館に行ってみた。
イメージ 1
丸の内口をでてすぐにあるJPタワーの2階に、郵政省と東京大学で運営している博物館はある。
 
イメージ 2
郵政省が初めて手掛けたという商業施設、「KITTE(キッテ=切手)」
 
大きな吹き抜けの広場では、富山フェスタをやっていた。

3月14日に開業する北陸新幹線のキャンペーンらしい。
 
長野新幹線が開業したときは、わずか2時間で長野まで行けるのが驚きだった。
新幹線で帰省することは滅多にないが、今まで長野止まりだったのが金沢まで行くと、それだけたくさんの人が乗るので、予約は取りづらくなるのだろう。
 
博物館は撮影禁止だが、田舎の博物館とは比べ物にならないくらい、クジラからキリンまでたくさんの骨格標本が陳列されていて、これで無料とはずいぶん太っ腹な企画だろう。
 
でも娘は「ホネ」にはあまり興味が無いらしく、
「おなかすいた~」って........
 
しかたがないので上階にあるレストラン街へ
イメージ 3
「なに食べたい?」
「ラーメン!!!」
 
ということで札幌ラーメン屋さんへ。
 
北海道4デイズのとき食べた札幌ラーメンが美味かったので、かなり期待したが、
おもいきりガッカリ.......
ラーメン好きな娘でさえ半分以上残してしまった。
 
有楽町の交通会館地下の「美瑛」のアンテナショップで、
口直しにアイスクリームを食べる。

おなかもいっぱいになるとあとは眠いだけ。
帰りの電車で娘は爆睡。
5歳になり体重も約20キロ。
戸越銀座駅から自宅まで数分の道のりが、かなり遠く感じた
(でも寝顔もかわいいから許せるけど)
 
翌日曜は所用で町田へ。
バイクで行こうと思ったがあいにくの雨模様だったので、レヴォーグで向かった。
 
用事を済ませた帰り道。
昨日開通したばかりの首都高の、「大橋~大井線」を走ってみようと、
横浜青葉ICから東名に乗ってみた。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
トンネルを数キロ走ると、あっというまに五反田出口へ。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
朝のラジオではトンネル内でパンク車両があり、渋滞していた。
2車線しかないので事故やトラブルが起きたら、渋滞は必至だろう。
それでも慢性渋滞の中央環状線に入らなくていいので、これは本当に便利。
 
22日は父の三回忌で帰省する予定だが、
これなら20分は早く関越に乗れるだろう。
 
イメージ 8
帰宅するとクール宅急便が届いた。
 
宛名を見ると
イメージ 9
じ~じから?
 
開けてみると
イメージ 10
じ~じの故郷、小樽の魚屋さんから、「こまい」やホッケ、ニシンにサケなどなど。
3人家族では食べきれないくらいの魚が.....
 
お礼の電話をしたら
「いつもブログに書いてくれてるから、お礼です」って。
 
おおっぴらに書けないことのほうが多いので(?)、
ひょっとして口止め料????
 
イメージ 11
かなり立派なホッケの開き(生)
最近はホッケも高級魚らしい。
 
晩ごはんに焼いて出したら、娘がバクバク食べていた。
こまいが好きな義父にも、おすそ分けさせていただいた。
 
じ~じごちそうさまでした。
「アーンなこと」や「こーんなこと」、
わたしの胸に秘めたまま、墓場まで持っていきます。
 
じ~じに業務連絡
 
2002年に出たラリーレイドモンゴル、
ゴビ砂漠に迷い込んで、たらふく砂を吸い込んだ私のバイクを、
スタート前のわずか30分で走れる状態にしてくれた、じ~じのメカのカイザー。
 
彼は元KTMワークスでキニガードナーのメカもしていた。
砂漠から朝帰りした私の640アドベンチャーを、
「これもいらない」「あれもいらない」と、いろいろな補器類を取り外し、
あっというまに走れる状態にしてくれた。
 
そのとき彼に言われたのが、
「こんなツーリングバイクで、ラリーに来てはいけない」だった。
 
640ADVは日本ではラリーマシンと思われているが、
ファラオに625SXCで初めて出たときも、KTMワークスメカに
「こんなバイクでラリーに出てはいけない」と言われた。
 
モンゴルのレースが終わったあと、カイザーに心ばかりのお礼をしたら、
後日、じ~じを通じて送られてきたのがこのジャンパーとベスト。
 
お礼を言いたいのはこちらのほうなのに、
じ~じ曰く
「あいつはドイツ人だけど日本人の心を持ってるんだよ」
ラリー中はカップヌードルばかり食べているが、シャイだけどナイスガイ。
 
イメージ 12
イメージ 13
でもこれ、かなり大きくて着ないまま、ずっと取っておいたけど、
いろいろ世話になっている「ミスター・カミオン
タービュランスIさんに着てもらえれば、パリダカつながりで(カミオンつながり?)
ジャンパーも本望かと。
どこにいくのもよれよれのツナギがトレードマークのIさんなので、
Iさんに差し上げること、ご了承ください。