R1250GS カフェしなの

R1250GS、事故で廃車から買い替えました

すこしづつ

午前中、所用でワダケンとじ~じの家へ行った。

チャイムを鳴らしても返事が無い
いつものようにドアは開いているが、大声で「こんにちは~!」と言っても返事が無い。
「ひょっとしてどこかで倒れてるかも?!」

「こんにちは~」と言いながら家に上がるが、リビングにも姿は見えない。
「ひょっとしてトイレで倒れてるか?」
なんて思ったが、ベランダのほうで人の気配が。
行ってみるとなんとじ~じが洗濯物を干していた。
「こんにちは」という私を見てびっくり。
「あれ?よく入れたね」
ってドアのカギ、かかってませんけど。

「納戸にカビが生えて、中の荷物を出して片付けてた」らしい。
「こんなものでてきたからあげるよ」っていただいたものが
イメージ 1

フランスで以前買ってきたという、カギの形のキーホルダー。
さっそく使わせてもらいました。

午後は恵比寿に行ったので、JRMを覗くと
イメージ 2

また今年も軽量化の作業中
新人のT君が去年の写真を見ながら、ドリルで穴あけしていた。
大きくて合わないところはスーさんが砂を入れて、あぶって曲げたりと毎年のことながら苦労したらしい。

イメージ 4

この部分も手曲げ。
こんな太いパイプも曲げてしまう。
バイクやクルマのマフラーなんて、スーさんにかかれば簡単なのかも。

事務所に行くと
イメージ 5
テルちゃんがメーター類のハーネスの束を抱えながら、配線表とにらめっこ。

「配線もできるラリードライバー」
なんて誰も想像できないだろうが、レンジャー1台にある何千の配線と何千のパーツを、一つづつ手で組みあげることが、ラリー中に壊れてもなんとか治せてしまう自信につながっている。

まだ今年のダカールが終わって2か月も経っていないのに、休む暇もなくスタッフ全員が忙しそうに動いていた。

近くに行く機会があったら、おやつなど差し入れをしてもらえれば、うれしいです。