R1250GS カフェしなの

R1250GS、事故で廃車から買い替えました

スキーに行きたい

4月には2年生になる娘だが、まだスキーをやったことが無い。
 
長野の実家から一番近い菅平高原スキー場なら、クルマで30分で行けるが、父が亡くなり母も入院中の実家は空き家のままで、冬はとにかく寒い。
地元にいる姉から
「正月は寒いから暖かくなったらおいで」
の言葉に甘えて、今年も帰らなかった。
 
長野の小学校は冬の授業にスキーがあり、学校からスキーを担いで10分の裏山で滑っていた。
スキー場でバイトしていた学生時代、スキー板が折れた女子大生をおんぶして滑ったり、地元民のウェアは上がどてらかちゃんちゃんこ、下はジーンズが定番だった。

娘をだっこかおんぶして「華麗に」滑って、「パパかっこいい~」と言われたかったが、最近はバイクばかり乗っていて運動不足で、20kgの娘をおんぶするだけで腰が痛い....

ほとんどの同級生がスキーデビューしているので、今シーズンこそスキーに連れて行ってやりたいと思うが、以前ソリはやらせたとき、顔に冷たい雪がかかるのがイヤだったようで、以来スキーデビューはおあずけのまま。
 
先日行ったスケートもリンク中央で華麗に滑る、娘と同年代のフィギュア女子のように本人は滑りたいのだが、現実は私が手を引いてやらないと、こわくてカベに張り付いたまま。

昨日、仕事の帰りに娘の小学校の前を通ったら、放課後のスマイルスクール(学童保育)で子供たちが校庭で遊んでいた。
私の名を呼ぶ声に振り返ると、娘と保育園から同級生のみうちゃん、ゆうなちゃんが、一輪車に乗りながら呼んでいた。
 
他の1,2年生もみんな上手に乗っているが、娘だけ乗らずに一人で遊んでいた。
 
「なんでやらないの?」
と聞くと
「だってこわいんだもん」
って。
自転車も他の子よりだいぶ遅れて乗れるようになったが、あまり運動が好きではなく、なにより「ビビり」。
 
みんな最初から乗れたわけではなく、何度も落ちながら練習している。
このままだとどんどん取り残されてしまうので、一輪車を買って一緒に練習してやろう。
 
そしてスキー。
とりあえず東京から一番近いスキー場は、群馬の水上温泉らしい。
土日が混雑するなら月曜に学校を休ませて、日月で行こうと思ったが、妻曰く保育園と違い小学校はそんなことで休ませてはいけないらしい。
 
レンタルスキーもセットで借りると、一日3000円はかかるらしい(親子3人で9000円!)
ヤフオクで子供用の中古スキーセットが、たくさん出ているよ」
と知り合いから教えられて見ると、数千円でたくさん出品されていた。

小学生のとき初めて履いたスキーは姉のお下がりで、身長120cmなのに板は150cmの長さ(今は身長ー20cmくらいとか)。
ブーツは長靴で板は「木製」。なんとエッジが無かった。
同級生たちはアイスバーンでちゃんと止まるのに、私だけ横になったままズルズル滑って行った.....。

なので娘にはちゃんとした装備をさせてやりたいが、親がよほど好きでない限りスキーに行く機会がない。
足も1年で2cmくらい大きくなるので、せっかく買ったブーツがもったいない。
なので「どうせ1回しか行かないならレンタルでいいや」となってしまう。
「スキーとビンディングにブーツ、ストック4点セットで5000円」は、我々の子供時代に比べれば破格の安さで、大人用でさえ1万円も出せば中古セットが買える。

子供用新品4点セットでさえ15000円くらいで買えるようだが、一度やっただけで
「もうスキーなんてしたくない!」
と言われたらと思うと、なかなか決断できずにいる。

スケートと違って午後だけちょっと行こうというわけにはいかないが、道具があって本人にやる気さえあれば、シーズン中何度かは行くだろう。

クルマも四駆だし、スタッドレスも買ったのに履いていない。

近所の100GS&RS乗りK内さんは、冬は家族でスキーに行きまくり、上のお嬢さんはスキー好きが嵩じて、昨年北海道の大学に入学。
「なに学部?」と聞くと「スキー部です」というくらい、体育会スキー部でガンガン滑っているらしい。

うちの娘にそんなガッツが無いのは分かっているが、せめて一緒に滑れたらこんなうれしいことはないのだが....。