カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

がんだむ

お台場のガンダムがあさって5日(日)に撤去されると、朝のテレビでやっていた。

お台場は自宅からバイクで20分、去年も娘をバイクの後ろに乗せて行ったがガンダムがあるのは知らなかった。

4時の打ち合わせがキャンセルになったので、高さ17mのロボットがどのくらい大きいのか娘に見せてやろうと、学校が終わってそのままスマイルスクール(学童保育)にいる娘を、アドベンチャーで迎えに行った。
サイドパニアケースにランドセルを積んで出発。こんなときパニアは便利でいい。

海浜公園のバイク駐輪場は無料で停められるが、いかんせん台数が少ない。
いつのまにかレンタル自転車の駐輪場と兼用になっていて、さらにバイクを停めるスペースが減っていた。
今日もギリギリ1台分しか空いておらず、左右のバイクをずらしてなんとか駐車。
それにしてもバイク駐輪場と言いながら、一台当たりのスペースは原付がやっとの大きさ。
「ひょっとしてバイクでなく自転車専用?」
と思いネット検索すると、「バイク用」となっていた。
なのでアメリカンタイプや大型バイクは、2台分を占有せざるを得ない。
これだけ広い土地があり、週末はたくさんのライダーが来るのだから、駐輪場を増設してもいいと思う。

自宅を出発しようとしたとき、近所の上品なおばあさんが
「去年ヨーロッパを旅したとき、あなたと同じマークのバイク(BMW)で旅行しているご夫婦がいたけど、お二人ともヘルメットを脱ぐと白髪で、とってもかっこよかったわ」
と話していた。
銀座のデパートや青山のレストランに、おしゃれしてタンデムで出かけたくても、かんじんの駐輪場がないところにも、日本のバイク文化の低さがうかがえる。
ひと昔前あった「フュージョン狩り」にあうような、若者はもうバイクに乗っておらず、今はあ「る程度」良識あるオジサンオバサンしかバイクに乗らないのだから、行政も都心の駐輪場を増やすか、くだらない駐禁取締りはやめてほしいものだ。


ダイバーシティの場所をグーグルで調べて歩くこと10分。
イメージ 1
あった。
ホントにデカい。
たくさんの見物客が来ていたが、ほぼ9割が中国人観光客かと思うほど、日本語が聞こえてこない。
イメージ 2


イメージ 3
ガンダムが放送されたのは1979年とかで、私は18歳。
30歳くらいまで部屋にテレビが無い生活だったので、ガンダムはおろか当時流行った番組は、まともに見たことがない
(テレビがあってもバブル全盛期で家にいなかった)。
当時やっていたらしい「北の国から」を、親になった今見ると五郎に感情移入して、泣けてくる。

正直わたしにとってのロボットアニメのたぐいは、小学生の時に見たマジンガーZで完結していて、ガンダムはその後も縁が無い。
(オトナがアニメに夢中になっている姿は、正直気味が悪い)。

なのでこの巨大像を見ても
「これがマジンガーZだったらよかったのになぁ.....」
程度の感想しかない。
アニメのガンダムを見たことの無い娘も、まるで興味を示さず
「おなかすいた~」って、コンビニのあんまんをバクバク食べていた。

ふと、マジンガーZウルトラマンなどの巨人像を、ずら~っとお台場の海沿いに並べたら、ものすごい観光名所になると思ったが、やっぱり世界中のオタクが集まりそうなので、やっぱり気持ちがわるいか,,,,,,

それでも明日は土曜学校なので、同級生の男の子たちに
「パパとバイクでガンダムみてきたよ~」と自慢するんだろうナ。

イメージ 4



やっぱり女の子はこっちのほうがいいよね。

イメージ 5
あっというまに夕暮れ。
寒くなって風も出てきたので急いで帰宅。

お台場からの帰り道、いたるところで集団で走るマリオカートを見かけた。
任天堂から訴えられたというが、あいかわらずマリオのコスプレをしている。
運転しているのはほとんどが外国人で、みんな楽しそう。
娘が手を振るとみんなが振りかえしてくれて、娘も大喜び。
クルマは右側通行の国の人もいると思うが、本当に見ていてあぶなっかしい。
クルマとぶつかった場合、ノーヘルのうえにむき出しで華奢なフレームなので、重大事故になりかねないが、大きいほうが悪者にされる日本では、クルマの過失が問われるのだろう。
カートの車高が低すぎて見えないと、大型ダンプの運転手が話していたが、
自転車と同じでせめてヘルメットの義務化は、やってほしいといつも思う。

妻には
ガンダムは口実で、ただバイクに乗りたかっただけでしょ」
なんて言われてしまったが、いえいえ、ほんとうに娘にガンダムを見せたかったんですよ。

イメージ 6
本屋さんでお目当ての本が無かったので、つい衝動買い。
カラーページが盛りだくさんで写真もキレイなんだろうけど、
う~ん、やっぱり読むところが無かった...........。