カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

DOAチャリンコ版に向けて

 
 
 
今週末はいよいよ「DOA Rally cranking」。
バイクならエンジンがあるので体力は要らないが、、自転車は人力なのでぶっつけ本番は無理。
ラソンと同じで普段からトレーニングしていないと、本番で泣きを見るのは目に見えている。
年明けから早朝ランニングを始めたが、さすがに寒いので2週間でめげた。

そのぶん普段の仕事のアシとして、自転車で都内を走り回り、休みの日は江の島まで往復100キロのツーリングをしたり。

イメージ 1

本番は130キロの3分の1が林道(ケモノミチ?)らしいので、マウンテンバイクのほうがいいのだろうが、さすがにもう増車は無理。
なので普段のアシのクロスバイクで、太めのタイヤに換えて参加するつもり。
自宅から横浜経由で江の島までは、ほぼ「箱根駅伝」のルート。
権太坂など上り坂はあるが、マザー牧場がある鹿野山に比べれば、ほぼ平坦みたいなもので、連取になるのかどうか。
数十台のロードレーサーに抜かれながらも、ひたすらクルクル脚を回し、路肩のわずか50センチを、パンクにおびえながら走ること3時間。

寒いのに汗をかいてジャケットを脱ぎ、休憩すると寒くなりまた着込むを繰り返す。
オフロードバイクに初めて乗ったとき、バイクなのになんで大汗かくのか、不思議でならなかったが、自転車は本当に理不尽なスポーツだと実感する。

そして12時過ぎ、ツーリング途中のSさんと江の島のマックで待ち合わせ
イメージ 2
 
コーラの炭酸が全身に染みわたる。
あまり食べるとカラダが重くなるが、食べないと目の前が真っ暗になる。
 
夕方から娘のバレエの発表会があるので、4時までに帰らなければならない。
1時前にSさんと別れて、来た道を戻る。
 
イメージ 3
 
大雪続きの日本海側と違い、東京は快晴。
一年中バイクや自転車に乗れるありがたみを、忘れそうになる。
 
もう少し坂を走っておきたいので、向かった先は
イメージ 4
 
横浜駅から浅間町の坂を登り、第三京浜方面へ
バイクでは何百回も走っているが、自転車でゆっくり走ると景色が全然違う。
 
イメージ 5
 
第三京浜入口を右折して、再び国道1号線へ。
 
あまりにハラが減ったので多摩川で休憩。
 
実はこの日、敬愛する評論家の西部邁氏が、この多摩川に身投げして自殺したと、あとで知った。
 
イメージ 6
 
合掌
 
イメージ 7
 
帰り道、このクロスバイクを買ったワイズロードR1号店に寄って、こわいもの見たさでマウンテンバイクコーナーを覗いてみた。
 
この自転車、エンジンも無いのに66万円もする(となりは80万!)
BMW310が買えるじゃん。

むかしダウンヒルをやろうと誘われて、富士見パノラマのダウンヒルを見たとき、ガケのような下りでバランスを崩した人が、操り人形のように不自然な姿勢で落ちて行った。
みんな足や腕を折っていて、
「これはバイクより危ない」
とマウンテンバイク購入をやめたのを思い出す。

イメージ 8
 
なんとか4時に帰宅。
サイクリストが履いているパッツンパッツンのビブショーツは、ドロップハンドルのロードバイクなら似合うが、クロスバイクにはちょっと。
なので今日は「普段着ルック」で、ジーンズにBDシャツ、カシミアセーターに風魔とモンベルコラボのストームブレイカー。
でもジーンズは汗をかくとひっかかって、かえって負荷がかかるので、本番はニッカボッカでも履いて行こうか。
 
そして日曜日は多摩川北上
イメージ 9
 
稲城の堰で折り返し、自宅から往復40kmしかない
 
イメージ 10
 
本番は舗装路でない道も走るので河川敷を走るが、野芝で滑るのでかなり抵抗がかかる。
これは同じ距離で2倍のトレーニングになりそうだが、
デコボコ道なのでペースも半分以下に落ちるし、なにより手首も痛い。
これでは130キロの半分も走らずに、タイムオーバーしてしまうかもしれない.....。
本番がますます不安になってきた。
 
そして昨日は六本木まで自転車で行った帰り、
イメージ 11
 
日本レーシングマネジメントに寄ってみた。
 
イメージ 12
 
じ~じ以外はみんな勢ぞろい。
左からメカのスーさん、テルちゃん、ナビのT君。
みんなおつかれさまでした。
 
今回のダカールの難易度を聞くと
「ここ数年はチリの大砂丘地帯がルートにならず、物足りない参加者がアフリカのレースに流れてしまったので、今年は40回大会ということもあって、ペルーのかなりハードな砂丘を走らされた」とか。
それでもモンスターカミオンが砂地獄にハマるなか、カミオン6位に食い込むのはさすがのひとこと。
 
じ~じは御殿場のガレージらしいが、きっともう来年のことを考えているんだろう。
スーさんに
「レンジャーが戻ってくるまでひと休みできますね」
と聞くと
「来週には新しいマシン作りが始まるので、ゆっくりなんてしてられないよー」
って。
 
2018年のダカールが終わったと思ったら、彼らはもう2019年に向けて動き出していた。
 
私も週末がんばらなければ。
予報は土曜から日曜にかけて雨みたいだけど、ドSな主催者とドMなエントラントだから、強行するのかな??
 
冷たい雨で寒いなか汗かいて、休んでまた冷えて...
なんとなく当日おなかが痛くなりそうな気分。