カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

サルの穴

伊豆大島弾丸ツアーから戻り、あまりの暑さにポーっとしていた火曜夜。

「あれ?明日なんか予定あったよな?」

としばし考えた。

「あっ!ふじてんに走りに行くんだった!!」

「ふじてん」とは富士山のふもとにある「富士天神平スキー場」のことで、冬のスキーシーズン以外は、MTBコースが常設されている。

先日の野沢温泉エンデューロでご一緒した、モンキーIさん、チバサン、ジローさんと走りに行くことになっていた。

あわててウェアなど準備して、そして翌水曜日

朝8時に娘を学校へ送り出し、電車でモンキーのある高田馬場駅に向かう。

イメージ 1

山手線は大混雑(って当たり前なのか)
これは高田馬場駅の改札で、駅から出る人と入る人がもみ合っている(きっと毎朝こうなんだろうな)

10年前から自宅と事務所が一緒で、通勤がない生活をしているし、そもそも小学校は自宅から100m圏内、
中学も高校も徒歩圏で、山梨にいた専門学校も自転車で通学。

社会人になっても車やバイク、自転車で通勤していて、電車通勤は「免停中」以外、したことがないし、バブルのころは夜中に帰るのが面倒なので、六本木から歩いて帰れるところに住んでいた。

なので「電車で通勤2時間かかる」と言われても、
「なんでそんな遠いところに住んでるの?」
なんて、「パンがなければケーキを食べればいいのに」と、マリーアントワネットみたいなことを思っていた(ミンナタイヘンナノネ)。

ひさびさの満員電車はドキドキ
チカンに間違われないよう、ずっと両手で手すりを握っていた。

そしてお店に到着、
Iさんの愛車ハイラックスでふじてんに向かったのが9時。

今日は私のモンキーとIさんのスペアを含む2台積み。

イメージ 8

首都高までの下道は朝の渋滞だったが、中央高速の下りは快適。
11時前にふじてんに到着。
暑いが標高が高いので、高原の風が気持ちいい。

イメージ 2

イメージ 3

ほかの人たちは渋滞を避けて9時前に到着し、もう走っているはず。


イメージ 4
土日はリフト待ちで混むらしいが、平日はガラガラ。
みんなが下りてくるのを待っていると、チバサン、ジローサンのほかに、初めてお山でご一緒したOさんやTさんの姿も
みんな連休明けなのに、よくまた休みがとれるね~(ってオレもか)

まあ私もモンキーIさんも「ひとり親方」の自営業なので、有給ではなく「無給休暇」だけど.....
水曜は不動産業者は休みが多いので、携帯さえ通じれば仕事はできるのが、ありがたい。

リフトのうしろにMTBを載せるラックがあり、1台ずつ運んでいく。
野沢温泉はゴンドラだったので最高3台積めるが、リフト1基に1台では混雑するのも仕方ない。

イメージ 5

イメージ 6
OさんTさんの友達も数人来ていて、今日は総勢10人ほど。

われわれ以外を合わせても30人いなかったような。

リフト券は3時間券が3000円、一日券が4000円
平日なら3時間券を買って朝9時から11時まで走り、どこかで昼ごはんを食べて温泉入っても、夕方の渋滞にひっかからずに帰れる。

時間の融通はきく私だが、平日朝は娘を学校に送り出すので、どうしてもこの時間になってしまう。
3時間券か1日券で迷っていると、Oさんが
「ふじてんのホームページから500円割引のクーポン使えますよ」
と言われ、さっそく1日券を3500円で購入できた。

前回の野沢温泉スキー場はあいにくの雨で、ドロドログチャグチャだったが、今日は絶好のドライコンディション。

1本目は狭いコースでなく、OさんIさんのあとについて、広いゲレンデをスキー教室のように、みんなで大きくターンしながら走る。

you-tubeなどでMTBの動画を見ると、みんな派手なアクションで走るので、こちらもターンのとき思い切りマシンを倒したりするが、Iさんから
「曲がりたい方向にハンドルを倒して、内側のヒザでフレームを押してやれば、スムーズにターンできますよ」
とアドバイスをいただき、その通りにすると「スッと」ターンできた。

こういうルーティンの反復練習は実は大好き。
いきなり狭いコースを走ってパニックになるよりも、徐々にカラダを慣らすほうがいいに決まっている。

コースの写真はないがどんなところかは、こちらの動画を見てもらえれば。
走っているのはモンキーIさんの次男のヒロさん

こんなに気持ちよく走れたサイコーだけど、物心つく頃からオヤジと一緒に走っているし、ケガも数知れず。
こちらはまだMTB歴2か月の56歳、
待つ家族もいるのだから、無理せず少しづつ走れるようになりたい。

本当はゲレンデをヒイヒイ言って登ってから下りたいが、それではリフト券を売っているスキー場の儲けにならないので、登りはリフト。
これがラクチンのうえに平日は空いているので、下りてはすぐ上りの繰り返し。
これなら3時間券でもじゅうぶん楽しめる。

お昼は食堂でラーメンを食べて、また走り出す。

うまく走れなかったコーナーも、反復して何度も走れば次第に上達するのは、MXコースと同じ。
次第にペースが上がってくるが、そんなときに限って前を走るOさんや、エキスパートが派手に転んだり吹っ飛ぶので、そのたびにビビって気を引き締める.....

チバサン、ジローサンと一緒に来たショーコサン(今日唯一の女性)が、大きなクーラーボックスから冷えたスイカやキュウリなどを、おすそ分け。

気持ちよく汗をかいたカラダに、ミソのしょっぱさがしみわたる。

イメージ 7

ついつい楽しくて走りこんでいたが、遠くの空でカミナリが鳴り始めた。
ポツポツ雨も降ってきたので、退散することに。

狭いコースは後ろから速い人が来ても道を譲れず焦るが、ふだんのお山のように大きな岩が行く手をふさぐ激坂下りや、ハンドルがぶつかるほど狭いケモノミチも無いので、かなり走りやすかった。

これもふだんのお山が、タイガーマスクの「虎の穴」ならぬ「サルの穴」で、しごかれているからこそ(てことはIさんはミスターXか??)。

これからもよろしくお願いいたします。

イメージ 9
のんびりしていたら帰りは首都高が、通常のお仕事渋滞。
次回は3時間券でパキッと走って、速攻で帰りましょう。

自転車で走ると大汗をかくので、翌木曜はSくんの美容室リジッドで、髪を短くしてもらった。
本当は先日の大島のダイビングショップの海坊主さんのように、スキンヘッドにすればラクなんだろうが、不動産屋で人相が悪いと、ほんとうに「悪徳不動産屋」と思われてしまう。


イメージ 10
商売道具の「手」を怪我できないので、MTBは美容師さんには勧められないけど、
先日の野沢で会ったサクマサンは大工さんだし....(あっ別に誘ってないからネ)

イメージ 11

そして帰る途中の中目黒バッチョーネでランチ

イメージ 12

去年から?パルマ産の生ハムを店頭で売ってるけど、この日もマダムが数千円の高級ハムを「フツーに」買っていった。

Kさんごちそうさまでした。
そろそろ「暑い夏は軽井沢でイタリアン」とか、できたらいいね

イメージ 13

往復20kmにも満たないサイクリングだけど、都内の渋滞のなかを自転車で走るのは、かなり神経を使って疲れる。
帰宅してシャワーを浴びて着替えて仕事。

こうしてフラフラしているように見えても、なんとなく仕事のネタを拾ってることを、分かってくれる人は少ない。

昨日は小学校の終業式で、今日から夏休み。
朝6時半から家族でラジオ体操に参加した。

イメージ 14
まだまだ暑い日が続くけど、子供には元気に楽しい夏休みを過ごしてほしい。