カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

水平対向祭り

 
 
 
 
 
 
 
 
ウラ富士ヒルクラの翌週はいつもの「サルの穴」へ

イメージ 1
 
今日はMTB仲間のOさんが奥さんとポルシェで参加。
新旧あわせて6+2=8気筒の「水平対向祭り」
 
このポルシェは86年式で最後のポルシェシンクロ&ワイヤークラッチ
この翌年87年から油圧クラッチになる。
個人的な好みはエンジンがバイクのように吹け上がる、83SCの次に86が好き。
油圧クラッチボルグワーナーミッションになった87は、乗りやすいぶん
「オンナコドモでも乗れるポルシェ」
と呼ばれていた。
 
そしてみんなで山を登る
レースに参戦しているOさんと、少しペースを上げて山を登る。
8月の終わりと思えないほど暑いが、先週富士に上ったせいかクルクル足がよく回り、快調そのもの。
 
半面モンキーIさんは、夏休みに孫から風邪をうつされたそうで、かなり調子が悪そう。
 
いつもの湧き水スポットで休憩
アタマから水を浴びて生き返る。
イメージ 2
 
今日はイヌのロビンは家でお留守番。
なのでIさんは自分のペースで走れるはずが、大汗かいてかなりつらそう。
 
そしてダート入り口の日陰で休憩
日陰を抜ける風は涼しく、少しづつ秋が近づいているのを感じる。
 
どんなに疲れてもヘラヘラ笑っているIさんだが、今日は本当に「ヘロヘロ」
 
イメージ 3
 
ここからは激坂の登り
10分ほど徒歩で自転車を押し上げると、心拍数は最大値に。
登りきったところで休憩。
ここから下りなのでヘルメットとプロテクターをつける。
 
イメージ 4
 
Oさんと奥さんがサーっと速いペースで下りていく。
さっきまでヘロヘロだったIさんも、さすがに下りは速い。
 
必至に追いかけるが途中のガレ場で前転しそうになり、スタック。
 
みんな同じハードテイルのモンキーなのに、驚くほど速く走る。
もっとマシンを信用していもいいはずだが、ついケガすることを考えてしまい、ペダルを踏み込めない。
 
スピードが上がると荒れた路面に、「目」も全然ついていけない。
先日定期検査をしたら、緑内障も少しづつだが進行しているし、近視と乱視も良くはなっていない。
 
オフロードバイクは自転車と比較にならないほど太い足回りと、ゴツいブロックタイヤと、全身プロテクターに助けられているので、荒れた林道を走っても恐怖感はないが、簡単なプロテクターと細いサスとタイヤの自転車は、スピード感がハンパない。
 
ふだんは運転のときだけメガネをかけているが、MTBもそろそろ専用の眼鏡を作ったほうがいいのかもしれない。
 
道が開けたところで最後の休憩。
Iさんも具合が悪そうなので今日はこれでおしまい。
山を下りていつものお蕎麦屋さんで昼食を食べ、ベースに戻る。
 
イメージ 5
 
あまりに暑いので近所の「沢」で水浴び。
氷水のように冷たい水に心臓が止まりそうになるが、しばらく暑さを忘れられた。
 
イメージ 6
 
申し訳程度しかないポルシェのフロント収納だが、フレームとタイヤは積める。
以前使っていたフレームで、奥さん用に一台組むらしい。
 
帰りの高速は渋滞していたのでランデブー走行はできなかったが、ひさびさに空冷NAポルシェの排気音を聞いて、またポルシェが欲しくなった。
 
翌週、事務所(というか自宅)で仕事していて、郵便を取ろうとポストを開けたら、
 
イメージ 7
 
また親切なおじいちゃんがアヘッドを届けてくれていた。
 
イメージ 8
 
モンゴルから帰ってきたのなら、あいさつくらいしてくれればいいのに、
じ~じ、いつもありがとね。
 
でも同じくポストに入っていた、こちらの郵便のほうが気になったりして。
 
イメージ 9
 
新型Cクラスの発表会のお知らせ。
 
義父が乗る2000ccレヴォーグも4年目。
雨が降ると原因不明の雨漏りがするそうで、私の1.6レヴォーグは大丈夫かと、義父から連絡があった。
 
ディーラーで診てもらったが直らず、短気な彼は「新型Cクラスに買い替えようか」と、真剣に悩んでいた。
 
エンジンのダウンサイジングはベンツも例外ではないようで、Cクラスは1.5Lと1.6Lのターボしかない(Eクラスは大きくて義母が嫌がりNG)。
 
2.0のレヴォーグは300PSもあるので、いくらCクラス最新の1.6ターボでも物足りないはず。
78歳の義父はたぶんこれが最後のクルマになるはずなので、
どうせならAMGのC43(3000ccV6ツインターボ&フルタイム4駆で390PS)あたりにしたほうが、絶対楽しいと思う
(さらに上のC63は473PSもあるので、高齢者にはキケン)
 
義父が乗らなくなったら、レヴォーグを譲ってってもらおうと思っていたが、
C43のほうが楽しそう。
将来、私が引き取ってもいいので、買わないかなぁ.....
 
と、その夜、夕飯を食べ終わったころから、胃のあたりが痛くなった。
今週は日中ほとんど自宅兼事務所にいて、自転車で外出していない割に、昼は自分でパスタや食事を多めに作って食べていたので、食べすぎかな?と思ったが、下痢も吐き気もなくただ胃のあたりが痛い。
 
のたうち回るほどの痛みではないが、横になっているだけで冷や汗とあぶら汗が出てくる。
家にあった胃薬を飲んだが効かず、妻に睡眠薬をもらってなんとか寝た。
 
翌朝は快調。
うそのように痛みは治まったが、念のため近所の医院で診てもらうことに。
 
イメージ 20
 
朝9時半開業らしいので、30分ほど並ぶ。
この日は暑さも和らいでいたが、もし猛暑なら病人にはつらかったはず。
 
血液検査とレントゲンを撮ったが、数値は至って健康。
先生も「原因不明だけど軽い{胃けいれん}でしょう」って。
 
レントゲンの見落としで、実は胃がんじゃないかと不安になるが、心配しても仕方がない。
運動不足もあるんじゃないかと、ロッキーの調整をしてもらうため、モンキーへ向かった。
 
今日は土曜日なので明治通りは、新宿と渋谷で混むはず。
なので外苑西通りで行くことにした。
 
作りかけの国立競技場を過ぎて
イメージ 10
 
 
30年前に毎日のように通った新宿二丁目
長さ200mほどのメインストリートを夜歩くと、オカマやゲイバーのママから声をかけられたが、何人かは「原因不明の病気」(たぶんエイズ)で、死んでしまった......
私はココロは許してもカラダは許さなかったので、たぶん(たぶん)大丈夫だが、何かあってもおかしくない年齢なので、気を付けなければ。
 
イメージ 11
 
 
そしてモンキーに到着。
奥さんも風邪でダウンしていたらしいが、夫婦で復活されたようだ。
 
イメージ 12
 
先日のウラ富士ヒルクラをロッキーで走った際、ハイギアにすると「チャリチャリ」と音がしていたので、調整してもらった。
 
お山もあぶないが対向車もあおるクルマもいない。
ある意味お山より危険な都内を30キロほど走り、一週間の運動不足を解消できたと思ったが、夕食後、またシクシクと胃が痛んできたので、処方された胃薬を飲んで早めに寝る。
 
 
そして日曜は大事をとってお山にはいかず、娘とプールへ
 
朝ごはんは娘がホットケーキを作ってくれた。
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14
 
 
ちゃんと洗い物もできるようになった(らしい)。
 
バレエにピアノに学習塾も加わり、本人にとっていいのか悪いのかわからないが(たぶんいいんだろうが)、私より忙しそう。
 
なので一緒に遊んでもらえる時に遊ばなければ、と思う。
 
 
保育園から同級生のみうちゃんと4人で、大田区の萩中区民プールへ
公園の駐車場がすぐ満車になるので早めに来たが、今日は台風の影響で早起き野球や子供たちの野球も中止らしく、駐車場はガラガラだった。
 
プールも外は寒い。
でも子供たちは大はしゃぎ
 
 
イメージ 16
 
 
昼まで泳ぎ近所のガストでランチして、夕方まで自宅で遊び、みうちゃんを送り届ける。
イメージ 17
 
娘はみうちゃんが大好きだが、みうちゃんのほうが兄弟がいるぶん、しっかりしているので、子供っぽい娘は幼く見えるのだろう。
クラスでも仲良しグループがいくつかできていて、みうちゃんは「おませな」子たちのグループで、娘と一緒に遊ばないらしい。

中学受験をすればおのずと離れ離れになるのだろうが、男親にはわからない世界が小学3年生でもう始まっている。
 
月曜はバレエ教室。
忙しいママに代わり、最近は私が「おだんご」(シニヨンというらしい)を作っている。
 
イメージ 18
 
もう少し小さく「たいらに」仕上がればいいのだが、今度リジッドのS君に聞いてみよう。
 
学校でもらってきたメダカの卵が孵化したが、水槽が小さかったり世話の仕方が悪かったのか、7匹のうち5匹が死んでしまった。
水槽を大きいものに買い替えたついでに、「5匹100円」で追加購入。
 
イメージ 19
 
 
近所のスーパーではもう有名人
一番仲のいい酒売り場のスタッフさんを本人曰く「おてつだいして」、缶ビールを箱から出して並べている。

イメージ 15
「学校がいやならいつでもスーパーで働けるね」
と話しているが、やっぱり学校のほうがいいらしい。

お山はいつでも行けるが、子供の成長は待ってはくれない。

働く妻に代わってふだんは私のほうが娘に接している時間は長いが、
限られた時間をもっと一緒に過ごさなければと、反省させられた週末だった。