カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

移転完了

鳥海山MTBの参加賞が届いた。
地元のコメとパンフレットに入浴券(当日のみ有効だけど)

イメージ 1
 
そしてTシャツも

 
 
これはちょっと外で着れないなぁ(完走もしてないし)

イメージ 2
 
こうしてみるといかにDOAのTシャツのセンスがいいか、よくわかる。

この日はバブル時代の同僚イシザキサンが入院したので、お見舞いにアドベンチャーで葛西へ。
イシザキサンのことで今も鮮明に思い出すことがある。

銀座の高級クラブのママが、誕生パーティーを開いたときのこと。

政財界からスポーツ界までママの顧客たちが、誕生祝いに店に集まり、広い店内はさながら花屋さんのよう。

ほろ酔い加減のママが店の中央フロアで
「どなたか私と踊ってくださらない?」
と声をかけて回ったが、ふだん偉そうにふんぞり返っている政治家のセンセイも、声が大きくてうるさいプロ野球選手も、タニマチのおごりでいつも飲んでいる歌舞伎俳優も、だれもダンスは踊れないのでみなうつむいていた。

そんなときイシザキサンがスッと立ちあがり、優雅にママの手を取りフロアの中央へ。
生ピアノの演奏でジルバにタンゴ、ワルツを華麗に踊り、客やホステスたちから大喝采を浴びた。
 
なんでそんなにダンスが上手いのか聞いたら、18歳で千葉の実家を飛び出した彼は、六本木のマンションから千葉の栄町へタクシー出勤し、ホストクラブの売れっ子ホストだったとか。
40年以上前のホストクラブは、今のような売り上げ至上主義のガキホストと違って、「大人の社交場」だった。
社交ダンスにゴルフに麻雀、ビリヤードなど、お客さんの相手ができるよう、お店のオーナーから叩き込まれたらしい。
 
運転免許のなかったイシザキサンが、35歳で初めて免許を取ったとき、当時の不動産屋の社長がサプライズで、新車の500SLを彼にプレゼントした。
 
私が免許センターにベンツを届けて、合格したそのアシでイシザキサンが運転して帰ったけど、人生初めて運転する左ハンドルにビビりまくりの彼と、その隣でさらにビビる私が、こわかったけど楽しかった。
 
財布に100万円あれば100万円の遊びをし、100円しかなければ100円で暮らせる、スナフキンみたいな本当に不思議な人。
 
そんな彼もバブルが崩壊して仕事がなくなり、六本木の違法カジノの店長や競馬のノミ屋、同じく仕事を無くした私も一緒に、軽トラで廃品回収のアルバイトもした。
 
60歳を超えた彼を雇ってくれるところがいよいよなくなり、銀座でキャバクラ嬢相手の白タク運転手をして5年目、
昼夜逆転の仕事はきつく、不眠症と過労で倒れたらしいが、点滴を打ったらとりあえず元気になったようで、ホッとした。

そして移転したマックスフリッツへ
フーテンの寅さんやこち亀で有名な葛飾区だが、このエリアはみな「足立ナンバー」
 
自転車で都内を走っていても、一番運転が荒いのは足立ナンバーなので、信号で追い抜いてあおり運転されないよう、おとなしく安全運転で走る。
 
イメージ 3
 
以前より間口が広く明るい店内

イメージ 4

 
店舗面積は1.5倍に
ソファやテーブルもあり、常連さんらしき人たちが、ひっきりなしに訪れている。

イメージ 5
 

そしていつものサトーサンとキムラサン
内装はサトーサンが一人でシコシコ作業したらしい。
じ~じにマックス移転の話をしたら、花輪でも出そうという話になったが、サトーサンが
「ひっそりと移転するのでご勘弁を」
ということで、JRMからレンジャーをバックにした額入りの写真が届いていた。

今までの中目黒は自転車で20分の近さだったが、葛飾は1時間以上のプチツーリング。
次回は自転車で行ってみよう。

そしてこちらはちょうど中目黒最後の日
お店の前で「在りし日の?」サトーサン
イメージ 6

この地で20年、そして新天地でも「無理せず」がんばってほしい