カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

ふるさとが遠くなる

先週は母親の四十九日法要と、父親の七回忌のため帰省。
といっても田舎の姉夫婦にすべて手配してもらっているので、長男で喪主のくせに、なにもやることが無い。
なので前日の土曜は奥志賀高原へスキーに行った。

このやる気マンマンな顔

イメージ 1

あいにくの曇り空で、ときおり吹雪だが、標高が高いのでパウダースノー
おまけにガラガラなのがいい

イメージ 2

今日は奥さんは見学。
外人でも白人の客が圧倒的に多くて、日本であることを忘れるほど。
泊り客でもないのにホテルでくつろげるのも、奥志賀のいいところ。

イメージ 3

そして実家に戻り、いつもの市営の温泉施設「湯っくらんど」へ。

イメージ 4

翌日は四十九日法要と納骨。
前日の土曜はおじさんの一周忌だったので、二日続けておなじ親戚が集まるのも申し訳ない。
なので今日は姉夫婦とわれわれだけで、ひっそりと法要。

イメージ 5

実家のうらにはふきのとうが。
妻は食べたことが無いというので、花の開いていないのを摘んで持ち帰り、フキみそにして食べた。

子供のころすり鉢でつぶしたふきのとうを、お皿の裏に塗りつけて、七輪で焼いて食べたのが懐かしい。

イメージ 6

誰もいなくなった実家は姉夫婦が住むことに。
20キロしか離れていない、志賀高原のふもとの義兄の実家は、雪が多いうえに築50年以上の家は寒くて、姉は生まれた実家に戻りたかった。

私ももう戻れないので、住んでもらえることはありがたいが、そうなると実家であって実家でなくなるので、今までのように気軽には帰れなくなるだろう。

実家と東京の中間地点の、軽井沢あたりに小さい家を建てて、妻と娘は軽井沢で過ごしてもらい、私だけ墓参りに帰るのが理想なのだが、軽井沢はバブルで不動産も高騰しているので、バブル崩壊するのを毎日祈っている。