カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

ちくちく

先週のこと
子供たちは春休みだけど、ほとんどの親は平日なので仕事。

なのでいつもなら小学校の「スマイルスクール」へ、お弁当をもっていってもらうのが、4月分の申し込みを忘れて行けない。

スマイルは好きなアニメも見られないし、テレビゲームもできないので、3年生以上の子はあまり行かないが、娘はいまだにゲームも無縁で、文句も言わず行ってくれるのがありがたい。

が、今月は行けないので、私が家で面倒を見ることに。

新学期から使うランチョンマットと体操着を入れる袋を、近所のユザワヤで生地を買ってきて、ミシンでちくちく

左から ランチョンマットと入れる袋、体操着の袋
本当はハイジの生地がかわいかったけど、ちょっと高かったのでマメシバに。


イメージ 2
あまった生地でポポちゃんの洋服を作る

娘の出産祝いに姉がプレゼントしてくれた、ポポちゃんが娘の「いもうとぶん」。

ポポの身長とバスト、腕と足の長さ、首周りを測り、型紙をおこし、はさみで生地をじょきじょき

奮闘中

イメージ 1

イメージ 3

どきどき

イメージ 4

元号は令和

イメージ 5
完成
う~ん、もうちょっとドレスっぽくなる予定だったけど(これじゃマツコ・デラックスみたい)、本人は大喜びなので良しとしよう。
イメージ 6

別のはぎれでエプロンも作ってみた

イメージ 7
次は帽子とスカート、Tシャツ、ズボンも作る~と、妄想は膨らむ一方。

自宅にミシンのない家が多く、ほとんどの親がランチョンマットや袋は、100円ショップで買っているらしい。

でも不細工でも自分で作ったほうが愛着がわくし、トモダチに自慢できるはず。

そして塾の宿題をやる

「等差数列」なんて子供のころ、やった覚えがない(そんなわけはないが)

「これはとんち問題か?」
と思うほど、むずかしい。

イメージ 8

理系はママに教えてもらって、私は社会科と国語と「実務全般」担当にしよう