R1250GS カフェしなの

R1250GS、事故で廃車から買い替えました

お気に入りの場所へ

土曜日はいつものお気に入りの場所に走りに行き......
イメージ 1

前日までの雨でコースはマディ(あの夏の「密林」がウソのよう)

それでも小春日和の一日、泥んこになりながらも楽しいひととき。
でもあいかわらず走るより、しゃべってるほうが長かったかも....

午後3時ごろ撤収して、そのまま長野の実家に帰省。時間帯がずれているのか渋滞もなく走れてよかった。

先月退院した父親は、クルマも運転できるほど回復していた....が、本当はまだリハビリ中で、歩く練習が必要だけど、昔から歩くのがきらいなのでクルマに乗ってしまう。
でもクルマで買い物に行っても少しは歩くので、父いわくこれも立派なリハビリとのこと。

日曜は雨の予報だったけど、朝起きると晴れていた。
なので家の用事を早めに済ませて、いつもの山に走りに行く。

イメージ 2
紅葉がすっかり終わった林道を5キロほど走ると雪が.....。

イメージ 3
チュルチュル......
イメージ 4
ますます積っていて、さながら「雪中行軍」
この山側(左側)の一見、平らそうなところがクセモノ。
下りの帰り道はまんまと「ワナ」にはまってしまった。

イメージ 5

頂上はすっかり雪景色(ホイールがキャストになってる...)
ここもまた通いなれた、お気に入りの場所。
数年前「雪のガストンミーティング」で、走った方も大勢いると思う。

登りより下りのほうが数倍コワイ....。
谷側は切り立ったガケでガードレールもなく、落ちたら助からない(見下ろすと落ちたクルマが放置されていた)。
こんな日は誰も通らないので、春まで待って身元不明の遺体で収容されてはたまらない。
なので山側を走るけど、突然、深い「雪だまり」にハマって、抜け出すのにひと苦労。
こんなところで大汗かくとは思わなかった....。
チュルチュル滑ってバイクが真横向きながら、なんとか雪のないところまで下ると、全身ガチガチにチカラが入っていたようで、首もウデも筋肉痛になっていた....。
お山も一人で行くのは危険なので、来春(5月?)までおあずけ。

翌日は天気もいいので、ジョギングしながら墓参り。
霊園は町でもかなり山のほうなので、行きはひたすら上り、でもマラソンの練習にはアップダウンがあったほうがいいので、田舎は練習にもってこいの場所
イメージ 6
霊園から。紅葉がわずかに残っていた(ちょっとブキミたけど、ここもお気に入り)

イメージ 7
中学時代から通いなれた、河川敷のジョギングコース
芝生の上を走るのは気持いいので、ちょっと遠回りして帰ろっと。

天気が良ければ正面に「北信五岳」(飯縄山戸隠山黒姫山妙高山斑尾山)が見えるけど,
今日は曇って見えないなぁ...

イメージ 8
父と母はいつもはここでゲートボールやっている(小学生も大勢)。
みのもんたの「秘密のケンミンショー」という番組で、長野県出身の峯竜太が、長野県ではマレットゴルフが日本一盛ん、と紹介していた。
たしかにそこらじゅうでマレットゴルフやってるなぁ。

月曜は渋滞する前の昼ごろに帰京の途に着いた。
浅間山も雪化粧(運転しながら撮ったので、ちょっとブレてる)
※心霊写真ではありません(マド開けてとればよかった)
イメージ 9


途中、東松山あたりでちょっと事故渋滞するも、3時半ごろ帰宅。

自宅の前でクルマからバイクを下ろしたところに、見慣れないきれいなKTMがやってきた。
BOGTで知り合ったKさんが、ヤフオクで落札したばかりの640EDで、遊びに来た(写真撮り忘れた)。
Kさんは100GSでダートを楽しく走るために、小型の練習用バイクを探していて、この640も相談されたけど、彼はトランポでなく自走派なので、EXCよりLC4のほうがいいのでは?と思っていた。

ピッカピカのLC4はダート未走行の「上物」で、オフを走らせるのはもったいないくらい。
でもサラブレッドは走るために生まれてきたのだから、思い切って行っちゃおう♪

軽量バイクで練習して基本は分かっても、いざGSで走るとあまりの大きさの違いに、とても違和感があるもの。
640と100GSでは、「同じキャラが2台あっても」と思うかもしれないけど、自走派でMXコースとか特殊な場所を走らないと割り切れば、同じように2台目を探してる人達にも、この選択もアリじゃないかな。