カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

bossa nova

昨日は知人のボサノヴァシンガー「KAYOKO」さんのライブを聴きに、家人と赤坂の「隠れ家」へ....
イメージ 1

本当は誰にも教えたくないお店「カナユニ」
繁華街から離れて看板もないけど、この地で1966年から40年以上続く老舗レストラン。
でも初めての人がこのドアを開けるには、少し勇気が必要か。
イメージ 2

このうす暗い階段を下りて、かの三島由紀夫や著名人、有名人もお忍びで通うお店.....
カナユニ HP http://www.kanauni.jp/

昔、この近くに秘密のカジノクラブがあって、ビル駐車場の「非常口」がその入口だった。で一瞬このドアを見て「ハッ」とした.....。

おすすめはオニオングラタンスープ、エスカルゴ、ビーフシチュー、タルタルステーキ・・・・日本そばも(?!)
キールボジョレーヌーボーも、ここが最初。
イメージ 3

とくにオニオンスープは三島由紀夫全集にも載るほど

マネージャーのAさんはじめ、スタッフはみなさん20年来のベテラン揃い、こういう店がよい。
長い年月かけて磨き込まれた床や木のカベに、そこいらのチャラっとしたレストランには無い、重みが感じられる。

スタッフの皆さんと楽しい会話を交わしながら、美味しい食事を楽しむうちに、KAYOKOさんのライブが始まった。
イメージ 4

彼女は商社マンだったご主人と世界各国を回り、最後に行ったブラジルでボサノヴァに目覚め、歌手になってしまったという異色のシンガー♪
ご主人もユニークな方だけど、昨日はお会いできなくて残念だった。

彼女にお会いするときはたいがい二日酔いの翌日で、○○な恰好のKAYOKOさんだけど(?w)、昨日は「バシッと」ドレスアップして見違えたよん。

http://perigosa-kayoko.com/
ブログにさっそく昨日のこと、書かれてた

イメージ 5

イメージ 6

ギターの木村さん、ヴァイオリンの森さんもいい感じ(ヴァイオリンでのボサノヴァはかなり難しいそう)
ボサノヴァは詳しくないので、知ってる曲は「イパネマの娘」、「ワンノートサンバ」くらい。
でも囁くような「セクシーボイス」が(?)、おなかの子供の胎教にもよかったかな。

みなさんに見送られ駅に向かって歩くと、「赤プリ」がクリスマスイルミネーションしていた。
イメージ 7


ちなみに「カナユニ」の由来は、「かなりユニーク」、だそう。
でも40年前にこのセンス、素晴らしい

こういうおだやかな夜がよい。
KAYOKOさん、Aさん ありがとうございました