カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

アフリカツイン

懐かしいバイクに再会。
イメージ 1
アフリカツイン

持ち主のIさんとの出会いは第1回ロシアンラリー。
このときが私の正真正銘「初ダート」
それまで一度も土の上を走ったことのなかった私が、友人から借りたXRバハで走ったウラジオストックの大地が、オフロード初体験で、本当に悲惨な4日間だった。
舗装していない道(当り前か)には岩がゴロゴロ、100mごとに転んではかからないキックに四苦八苦.....
サンドは走れないわ、マディは泥人形。あげくは大雨で腰まで増水した川渡り....。
もう2度とオフには乗らないと、固く心に誓った.....

その後Iさんとは一緒にグラミスにも行き、彼はUAEデザートチャレンジにも出たけれど、彼が有名だったのは、すぐバイクを盗まれること....。
ロシアに行ったTS250に始まり、アフリカツイン、1150GS、もう一台アフリカツイン(だったかな)....。
よく一緒に林道に行って、ボロボロになったカウルを交換した翌朝に盗まれたり.....。
アパート前の路上に停めていたのも原因だけど、本当によく盗まれたね~
そんな彼だけど、いまだに残っていたのがこのアフリカ。
盗まれないように「あえて?」外装をボロボロにしているけど、実は前オーナーがかなり手を入れたシロモノ。

イメージ 2

モトクロッサーCRの倒立サスを、モトハウスでモディファイ、リムはエクセル

イメージ 3

リアは17インチを18に。リアサスもCR。マフラーもワンオフ
イメージ 4

シートは定番ノグチシート

今から10年ほど前、考えうる限りのチューンをした、アフリカの集大成のようなマシンです。

仕事が忙しくてダートを走る機会もほとんどなく、仕事のアシになっているらしいけど、タイヤはこだわりのブロックタイヤ。
でも相変わらずボロい....。
今は盗まれない環境に引っ越したそうなので、いいかげん買い替えたいらしいけど。
今となってはこれもヴィンテージ、かな。
でももうちょっと磨こうよ、Iさん