カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

山コーヒーのために

先週は東京にも雪が降り

f:id:sinanonano:20220110110729j:plain

f:id:sinanonano:20220110110732j:plain

11月からスタッドレスを履く雪国の人は、「大雪」と報じるテレビを見て、「なにをおおげさな」と思うだろうけど、鉄道や道路などのインフラが、雪に対して脆弱な東京は、電車の遅れや交通事故、転倒によるケガなど、たった数センチで大パニック。

このまま1カ月、東京に雪が降り続けたら、日本経済は崩壊するんじゃないかと心配になる。

高速道路や空路、鉄道が止まれば、物流が止まってAmazonも届かないし、コンビニやスーパーの棚から食品が消える。

都会の人は石油ストーブでなく、エアコンが必需品だが、電力需要がひっ迫して停電になれば、凍死する人も出るだろう。

 

長野の雪国育ちの私だけど、もうすっかり「都会の人」になってしまい、ツルツル滑る雪道なんて運転したくない。

自宅屋上もこの通り

f:id:sinanonano:20220110110736j:plain

足元が寒いので冬キャンプで流行りの、アラジン石油ストーブを買おうかと奥さんに話したら、

「外でストーブなんてバカじゃないの」

と一蹴された。

すぐ暖まらない石油ストーブより、屋上にコンセントも作ったので、石油ファンヒーターがいいかとも思ったが、停電したときを考えれば、電源のいらない石油ストーブのほうがいいのかもしれない。

でもガソリンスタンドに人やクルマが殺到して、ガソリンも灯油もすぐ無くなるし、放火事件の影響で灯油も買いづらくなっているらしい。

 

日曜走れるかオザトレのヌシ、オザワさんにメールしたら、

「山はもう雪が溶けてるよ」

とのことだが、月曜成人の日は娘の一発目の中学受験で、奥さんはピリピリしっぱなし。

万が一にも日曜日、私がケガして入院。

なーんてことになったら、きっと離婚されるだろう(^-^;

なので日曜のお山は中止にして、また不調になったのガーミンナビを、腹サイクルにお届け。

 

帰りにマックスフリッツに寄って、サトーさんにお年賀プレゼントしようと、中目黒のバッチョーネに立ち寄り。

ほんとは12時開店なのに、9時に電話したら「いいですよ」って(スミマセン(^-^;)

f:id:sinanonano:20220110110739j:plain

むかしマックスが中目黒にあったころ、バッチョーネをサトーさんに紹介したら、私の何倍も常連になっていた(^-^;

マックス本店を葛飾に移転して以来、コロナもあってイタリアンも生ハムも、すっかりご無沙汰のサトーさん。

年末にお邪魔したときも、

「バッチョーネの生ハム食べたい!」

と言っていたのを思い出し、サトーさんとお店のスタッフS女史のぶんを購入。

オーナーのコジマさんから

「サトーさん、オリーブオイルが好きだから、これも持って行ってください」

と、なにやら高級なオリーブオイルをいただいた。

f:id:sinanonano:20220110110743j:plain

f:id:sinanonano:20220110110747j:plain

専門書に載るくらい有名な「ラウデミオ」というオイル(らしい)

定価3500円が2500円って、近所のスーパーで500円のオイルしか買わない我が家には、高級品過ぎ。

f:id:sinanonano:20220110110750j:plain

GSで越ケ谷の腹サイクルまで、新橋~上野~4号線の下道で。

都内は白バイに捕まらないか、心配になるほど空いていて気持ちがいい。

でもこちらがいかに注意していても、クルマに追突されたり突っ込まれてはたまらない。

高齢者の事故やあおり運転も、これだけニュースになっているのに、減った気がしないので、最近はクルマもバイクもほんとうに、運転するのがこわくて仕方ない。

f:id:sinanonano:20220110110758j:plain

去年もタッチパネルの接触不良で2回、交換してもらったガーミン6だけど、今回もまた画面にタッチしても、ウンともスンとも反応しなくなった。

f:id:sinanonano:20220110110754j:plain

2002年のモンゴルラリーのとき、初めて買ったGPSがガーミンだった。

GSを買う人はほぼ全員が、セットのようにこのナビを買うので、全国のBMWディーラーによる販売数は、相当なものになるはず。

そのぶん腹サイクルだけでも、年に数台はクレームによる無償交換があるらしいので(基盤は直せないので、本国に送るらしい)、そのうち代理店をやめてしまうんじゃないかと、他人事ながら心配になる。

原さんに

「代理店やれば?」

と言ったら、

「クレーム対応で仕事になりません」

って。

GPSなんてラリーでしか使わないと思っていたが、いまは登山もブームだからそれなりに需要があると思うけど。

 

原さんの接客が終わるまで、パラパラと据え置きの「ビッグタンクマガジン」を読んでいたら、ハルキ編集長による「E-BIKE」の記事に目が留まった。

f:id:sinanonano:20220110110802j:plain

エンジン付きバイクに比べればはるかにエコだし、価格も安くカラダにもいい。

ハルキさんもべた褒め

f:id:sinanonano:20220110110810j:plain

「ビッグタンク」はかなりマニアックなオフロード専門誌なので、書店では売っていない。

定期購読しているのは現役のMⅩやEDライダーか、コンペ志向なオフロード乗りだろう。

オフ車が荒らしまくったおかげで、関東近郊の山は「オフロードバイク禁止」が増えているので、GSやアフリカツインなどビッグオフで高速を移動し、群馬や長野、福島方面の山を走る人が増えて、それもGSが販売好調な理由だろう。

東京から1時間で行けるオザトレも、最近はジムニーやオフ車が荒らしまくるので、ワダチは深くなる一方で、細いタイヤのMTBにはかなり危険なセクションが増えた。

エリアによってはオフ車禁止の看板が立ち始めているが、彼らはお構いなしに入ってくる。

 

さんざん林道でオフ車を乗り回した自分が言えることではないが、自分が荒らしたトレイルをオフローダーやジムニストが、自分たちで整備することはほとんどない(と思う)。

「荒らしたら荒らしっぱなし」で、いいトレイルを見つけるとみんなでアタック。

荒れて走れなくなればまた別のルートを開拓するので、まるで「イナゴの大群が去ったあと」状態になる。

 

MTB乗りのなかには地元のトレイルを、整備や保護する人たちがたくさんいて、スコップで荒れた溝を埋めたり、土が流れないように倒木で「土留め」を組んだりと、ハイカーや地権者との共存を目指しているが、私が危惧しているのは「電動MTBの普及」。

 

MTBは登りなら時速5キロから10キロがせいぜいだけど、アシスト付きの電動バイクなら、激坂でも時速20キロ以上で、ラクラク登れてしまうし、ビッグタンク読者のようなオフ経験者なら、すぐE-MTBの楽しさに気づいてしまうはず。

 

健康ブームと「密」を避ける意味で、山にはジジババの高齢ハイカーが激増中で、MTBやトレイルランナーとのトラブルが後を絶たず、苦情は役場に寄せられる。

 

トレイルを走るときハイカーやトレランの人を見つけたら、手前でかならず自転車を下りて、あいさつしたり会話をしているが、ハイカーの横を猛スピードですり抜けたり、邪魔だとばかりに煽るMTBerや、オフ車乗りが多いと、苦情を言われることもある。

そのうち大事故が起きて「MTBは走行禁止」、なんてことにならないかみんな心配している。

オザワさんやオダジマさんら昔からのMTB乗りは、苦労せず登れる電動MTBに対し、かなり抵抗を持っているが、オフ車で走れる山が無いと嘆いているライダーが、こんな記事を読んだらみんな飛びつくんじゃないか?(と心配になる)

 

悲しいかな自転車店もメーカーも、「EBikeを売ることだけ」に必死で、だれかれ構わず売っているのが現状。

スーパーキャリバーを買ったトレックショップでも、

「電動MTB、どんな坂でもグイグイ登れるらしいので、どうですか?」

って、ロードしか乗らないスタッフが、ロードのお客さんに勧めていた。

 

大きくて重たいオフロードバイクと違って、電動MTBは20kgちょっと。

前後輪を外せば軽自動車でも簡単に積めるので、どこでも気軽に走りに行けるし、自転車の醍醐味のはずの登りで、ヒイヒイ言わなくていい。

オフ車乗りがEBikeの楽しさに気づいてしまったら、関東近県の山が荒らされて、走れなくなる日も近いんじゃないかと、絶望的な気持ちになる。

 

海外ではEBikeがバカ売れ中で、海外メーカーの開発の優先順位は

「1位,電動MTB 2位,MTB」で、ロードは最下位、というか予算が余ったら作る程度らしい。

今のところ電動は需要が少なくて、売れない日本にはなかなか入ってこないが、いずれ日本でも売れるようになれば価格も手ごろになるので、平均50万円が高くて買えない人でも、30万とかになれば買う人も増えるはず(私もそのひとり)。

 

でも売るだけが目的のメーカーやショップに、マナーを教えられるのは期待できないし、バイクショップがE-MTBを扱うことも、増えてくるはず。

 

高齢者や女性ハイカーからすれば、オフ車もMTBも違いがわからないので(ホントの話)、近い将来「バイクも自転車も全面禁止」になるだろう。

(私はもう下りで「目」がついていかないので、やれてもあと1,2年だろうけど......)

 

ナビがいつ戻るか未定なので、それまではスマホで走るけど、ガーミンナビよりスマホナビのほうが、裏道を教えてくれるので渋滞は少ないような。

でもなにもないと間が抜けてるなぁ

f:id:sinanonano:20220110110814j:plain

そして帰りはマックスへ

正月1日しか休んでないというサトーさん(毎年だけど)

生ハムとオリーブオイルのお年賀、喜んでくれましたよ、コジマさん。

f:id:sinanonano:20220110110818j:plain

 

コジマさんも80GSを手放して、はや数年。

sinano.hatenablog.com

CBナナハンKゼロもいいけど、盗まれないよう保管が大変そうなので、気軽に乗れるガイシャ(旧車)が欲しいそう。

サトーさんにはその旨伝えておいたので、トモダチ価格の「出物」が現れることを祈ります。

f:id:sinanonano:20220110110822j:plain

原さんに

「ナビ持ってくるの大変だから、宅配で送ってください」

と言われたけど、どうしても行きたかった理由がコレ

越谷レイクタウンにある「WILD1」で、買い物したかった。

f:id:sinanonano:20220110110826j:plain

オザトレで「山コーヒー」飲むために、チタンマグなど軽量グッズを物色。

f:id:sinanonano:20220110110830j:plain

ユニフレームのスタッキングマグ✖2個

前回持参したアルミのマグは1個120g、

こちらは1個65gなので「2個で1個分」

こんな小さい差でも、自力で漕ぐので気分的には大きい。

f:id:sinanonano:20220110110851j:plain

重ねてもガタつかないのは、さすがメイドインジャパン

f:id:sinanonano:20220110110843j:plain

「チタン」という言葉に男の子はみんなヨワイ(はず)

f:id:sinanonano:20220110110847j:plain

左が前回持参の「たまたま家にあった」ガス缶250g

 

「大は小を兼ねる」と思ったが、やはり大きすぎてかさばるので、110gを購入。

これならヤカンにすっぽり入るので、かなり省スペース。

f:id:sinanonano:20220110150640j:plain

ふだん使っているシングルバーナーは、同じプリムスのホースがあるタイプ(右)

今回買った左側のガス缶の上に直接載せるタイプより、高さが無いぶんグラつかなくていいけど、こちらも少しでも小さく軽くしたかった。

f:id:sinanonano:20220110110911j:plain

 

f:id:sinanonano:20220110110834j:plain

「ウルトラバーナーP153」

昔からあるタイプだけど、やっぱり小さい

f:id:sinanonano:20220110110903j:plain

コンパクトだけど強火力。長年ベストセラーなのがうなづける。

f:id:sinanonano:20220110110855j:plain

これならチタンのヤカンに、ガス缶とバーナーがすっぽり収まる。

f:id:sinanonano:20220110110859j:plain

こちらも購入。

f:id:sinanonano:20220110110839j:plain

着火用のライター(バーナー?)

f:id:sinanonano:20220110110907j:plain

前回はノズルが長い左を持参したが、どうにも大きい。

コーヒーを飲む見晴台は、名前の通り周りを遮るものが無いので、風が強いと100円ライターで着火できないが、これは大丈夫。

カセットガスから充てんできるのも、経済的でいい。

f:id:sinanonano:20220110144305j:plain

コーヒーバネット3個と一緒にヤカンに入れて、コーヒーミルも入れて約1.3kg

前回が1.6kgだったので、300gの軽量化に成功

(たった300gと言うなかれ。気分的にはルンルンなのだ)

ミルが重いけどやっぱり豆は現地で挽きたい。

でも朝、家で挽いていってもいいのかな。

f:id:sinanonano:20220110144309j:plain

 

このヤカンががすっぽり入る、チタンのコッヘル(クッカー?)があれば、コーヒーバネットを3つ持たなくていい。

WILD1で探したけど、ヤカンが1,2Lの大型なので、これよりひと回り大きなコッヘルは売っていなかった。

楽天市場】エバニュー チタンウルトラライトクッカーM RED ...

マトリョーシカのように重ねられ、「大きいほう」でお湯を沸かし、「小さいほう」を受けのポットにすれば、この中にガスバーナーもバネットも収まって、かなりスッキリしそうだが、やっぱり「気分」としてヤカンは使いたいなぁ。

とりあえずこれで来週リベンジして、また試行錯誤を楽しみたい。

走り納め

年末30日、オザワさんから誘われて「走り納め」へ。

帰省ラッシュと行楽客で高速は大渋滞するだろうから、クルマはやめてGSで。

早朝は氷点下の予報なので、前日にあわててハンドルカバーを取り付けた。

f:id:sinanonano:20220102140414j:plain

朝6時

ブーツからパンツ、インナーブルゾンとダウンジャケット、すべてマックスフリッツで完全武装

f:id:sinanonano:20220102140421j:plain

「冬にバイク乗って寒くないの?」

なんてよく聞かれるけど、ちゃんと防寒対策すれば意外に寒くないし、いくら暑くても薄着できない夏よりは、冬のほうがバイクシーズンだろう。

まだ月が出てるし

f:id:sinanonano:20220102140424j:plain

気温は3度、意外に暖かくて拍子抜けしたけど、練馬に近づくにつれて気温が下がっていく。

f:id:sinanonano:20220102140427j:plain

関越高速は練馬料金所の先から大渋滞。

バイクで来てよかったが、居眠り運転もいるかもしれないので、左右のクルマの動きに注意しながら、ソロソロとすり抜けていく。

スノボ積んだ車が多いなか、前も後もバイクは私だけ。

三芳SAでトイレ休憩したとき、気温はマイナス3度。

ハンドルカバー&グリップヒーター「最強」でも、ブレーキ&クラッチレバーが冷たいので、指先がかじかんでいる(ハンドルカバーが無かったら、マジ引き返したかも(*_*))

スキーウェアを着込んだ家族連れが、みんな怪訝な顔をして、こちらを見ていく。

f:id:sinanonano:20220102140431j:plain

そして8時、無事オザワさんちに到着。

ゆっくり走ってきたので間に合わないかと思ったが、せっかくエンジンガードが新品になったのに、山道が凍結して転倒しては元も子もないので、無理はせずに。

f:id:sinanonano:20220102140434j:plain

そしてオザワさんといつものお寺の駐車場に行くと、日当りのいいところにオダジマさんが待っていた。

f:id:sinanonano:20220102140438j:plain

いつもの坂を3台でのんびり登っていく。

走り出しは寒かったが、10分も漕ぐとポッカポカ

f:id:sinanonano:20220102140441j:plain

今日のもう一つの目的は「コーヒーを淹れて飲むこと」

途中にある湧き水を汲んで

f:id:sinanonano:20220102140448j:plain

いつもの見晴らし台で「カフェしなの」オープン

f:id:sinanonano:20220102140516j:plain

人生初ミルのオザワさん。

f:id:sinanonano:20220102140455j:plain

定年後は地元でカフェでもやってほしいので、いまからトレーニン

f:id:sinanonano:20220102140458j:plain

なにか足りないと思ったら、ペーパーフィルターを忘れてしまった。

なにか代用品はないか探したら、汗拭き用に持ってきた江戸手ぬぐいを、三等分に切って「即席ネルドリップ

f:id:sinanonano:20220102140502j:plain

f:id:sinanonano:20220102140505j:plain

意外にちゃんとできた

f:id:sinanonano:20220102140509j:plain

予報ではもっと寒いはずが意外に暖かくて、コーヒーよりコーラが飲みたかったほど。

でもこれはこれでよかったかも。

f:id:sinanonano:20220102140512j:plain

いつもの25Lリュックでは収まらなかったので、ひさびさにドイターの30L

これからコーヒーライドするなら、ケトルやカップ類をチタンで軽量化して、マトリョーシカのようにコンパクトに収納する方法を考えねば。

f:id:sinanonano:20220102140519j:plain

オフロードバイクが掘り返すので、ケモノミチのトレイルは荒れる一方。

イカーを怒っても仕方ないし、荒れたトレイルはそれだけ難易度も上がるので、気持ちを切り替えて楽しもう。

と、舗装路に出る手前のガレ場で、前輪が岩のすき間にハマって、思い切り前転。

さいわいケガはなかったが、右足ビンディングのペダルが外れず、しばらく宙づり状態に。

ちょうど1年前はガケ落ちして、左手首を骨折したので、山の神様に感謝しなければ。

最後の休憩ポイント。もう一杯コーヒー淹れようかと思ったが、ハイカーも通るし山のなかで火を使うのもまずいので、おしゃべりだけ。

f:id:sinanonano:20220102140523j:plain

私のEVILはマイスターヤマザキが、軽量化と走りやすさを追求した一台。

バイクでいえばKTMのレーサーみたいなもので、トロトロ走っていると

「もっと速く走れ!」

とマシンにせかされる。

エキスパートライダーが乗れば最高に楽しいマシンだけど、悲しいかな自分のウデにはオーバークオリティ。

f:id:sinanonano:20220102140526j:plain

最後の下りは手前のオダジマ号を借りてライド。

f:id:sinanonano:20220102140529j:plain

以前、クソモンキーの店主に勧められて、一瞬だけ買って持っていたロッキーのカーボンと同じ、「アルティチュード27.5」だが、こちらはアルミフレームの廉価版。

乗り出してまず感じるのは

「重っ!」

それでも毎週オダジマさんがここを走って、サスセッティングを煮詰めたので、その重さがかえって安定感になっているのか、なんかすげーたのしい🎵

EVILの大径29インチホイールに比べて、27.5インチとMサイズフレームがとてもコンパクトで、狭いうえに木の根と岩だらけのオザトレでは、かえって乗りやすいのかも。

EVILがKTMならこちらはセローと言っても、過言ではないはず。

「坊主憎けりゃ皿まで憎い」じゃないけど、不義理なクソモンキー店主に腹を立てて、ロッキーを叩き売ってしまったけど、買ってくれたアライさんに、今度乗せてもらおうか。

いつもパンツの下に履いているアソスのサイクルショーツ

f:id:sinanonano:20220102140536j:plain

お尻のパッドがいい仕事してくれるので、毎回履いているが、そろそろスペアもあったほうがいいかも。

先日ION(アイオン)のニーガードを買いに行ったアソスショップで、もう一枚購入しようか。

 

さんざん悩んだニーガードも、このモンベルで落ち着いたかも。

付けたまま登りも漕げるし、ソフトパッドだけど転んだ時のお守りにはなるはず。

f:id:sinanonano:20220102140533j:plain

ちょうどお昼で気温は10度。

帰りはハンドルカバーを外してちょうどよかった。

f:id:sinanonano:20220102140540j:plain

帰りの高速はガラガラで、のんびり走っても1時間で都内へ。

せっかくなので中目黒のバッチョーネに、年末のご挨拶

f:id:sinanonano:20220102140557j:plain

イタリアンというよりほぼ「生ハム屋さん」

オーナーのコジマさんも忙しそう

f:id:sinanonano:20220102140553j:plain

セレブな街、中目黒なのか「生ハム5000円」とか、バンバン売れていく。

近所に住むレストランの常連さんも、ハムとチーズで1万円以上って(*_*)

f:id:sinanonano:20220102140547j:plain

お客じゃない私は奥さんにコーヒー淹れてもらい、手の空いたコジマさんとおしゃべり。

f:id:sinanonano:20220102140543j:plain

コジマさん、またバイクが欲しくなったそうで、

「なんかいいバイクないですか?」

って。

イタリアンなんだからドカとかいいんだろうけど、私と同学年なので「腰高」なバイクは、ちょっと心配。

マックスのサトウさんが知り合いから買った、R69Sみたいなのがいいんじゃない?

って話したら、

「じつはCBナナハンのKゼロの新車、もらえるかもなんです」

って。

Kゼロってもう50年近く前のバイクなのに、なぜ新車?

って聞いたら、「ナナハンライダー」作者の石井さんがコジマさんの「いとこ」で、石井さんの自宅と事務所に新車のKゼロが、一度も「火入れ」しないまま、保管されているそう。

750ライダー【週刊少年チャンピオン版】 1 (少年チャンピオン ...

 

国産の旧車が高騰するずっと以前、石井さんから「あげるよ」と言われていたらしいが、CBに興味が無かったコジマさんは、断っていたそう。

最近はゼッツーが700万とか、Kゼロが1000万とかいうらしいので、そんなのもらって乗っても、心配で眠れなくなるかも。

中学生のころ近所のお兄さんたちが、CBやGT750、ゼッツーなんかを、ノーヘルで乗り回しているのを憧れていたので、もしいつか手元に来たら一度でいいから,乗らせて下さい。

受験勉強がんばっている娘にって、生ハムおみやげにいただいた。

コジマさんいつもありがとね。

f:id:sinanonano:20220102140600j:plain

そうそう「ナナハンライダー」に出てくる「順平」のモデルは、じつは子供のころのコジマさんらしい。

750ライダー】史上長編バイク漫画の金字塔!光が乗るCBにシビ ...

 

 

 

 

 

 

 

 

懸垂できる?

千葉のカラサワさんに誘われて、年末ひさびさに走った北関東のお山は、ひたすら登っては下るの繰り返し。

ふだんオザトレでダラダラ走っているこちらには、かなりきつい内容で、

上り坂でアシが終わってしまい、楽しいはずの下りもスタンディングできないほど。

とくに激坂登りは「二の腕」と肩まわりが痛くなる。

実業団のワダケンから

「強いヒルクライマーは二の腕を見ればわかる」

と言われたが、登りが速い人は体幹がブレず、腕も引き締まっている。

自分がとんだヘナチョコ野郎だったことを、(知ってたけど)改めて思い知らされた。

「外壁屋」のカラサワさんは、日ごろから40kgの重い外壁パネルを、現場で何十枚も担ぎ上げているので、どんな激坂も体幹がブレることなく、グイグイ登っていく。

 

ネットの広告が目に留まり、自分へのクリスマスプレゼントでつい、購入してしまった。

f:id:sinanonano:20220102141136j:plain

f:id:sinanonano:20220102141140j:plain

「KENSUI-KAKU」という懸垂マシン

f:id:sinanonano:20220102141313j:plain

f:id:sinanonano:20220102141316j:plain

f:id:sinanonano:20220102141442j:plain

f:id:sinanonano:20220102141445j:plain

これのいいところはなんといっても、このコンパクトさ。

ベースが上下とも18センチしかないので、使われず洋服掛けになっている「ぶら下がり健康器」のように、目立たなくていい。

なんといってもおとなりの町、大田区の町工場が作ったので応援したくなったのも、理由のひとつ。

kensui.main.jp

さっそく挑戦したけど、あれ?ぜんぜん上がらない?!

学生時代は何十回もできたはずなのに???

「懸垂できない」で検索すると、筋力不足と体重オーバーを指摘された。

十代のころに比べれば10kg近く太っているし、当然筋肉も落ちている。

www.youtube.com

こんなマッチョにはならなくていいので、「使わずに洋服掛け」にはならないよう、毎日がんばりたい(^-^;

GS復活&マックス&アソス

切手を買いに行ったら「鬼滅の刃」の記念?切手が売っていた。

仕事で84円切手はよく使うので、4シート60枚購入

f:id:sinanonano:20211227102752j:plain

髪が伸びてきたのでロードスターで、シロズ君の「RIGiD hair Works」へ。

f:id:sinanonano:20211227102755j:plain

GSだと大きくてここには停められないけど、これは小さい。

シロズ君におススメしたけど、息子さんが大学にあがるので、まだしばらくは買い替えできませんって....

f:id:sinanonano:20211227102759j:plain

カウルが無いのでスース―寒いけど、コンパクトな車体なので渋滞する都内はラクチン。

車重は250kgとGSとほぼ同じだけど、重心が低くて足つきもいいので、信号待ちで強風が吹いても、GSのようにグラッとしなくていい(でもフォークが太すぎてハンドルが切れず、押し引きの取り回しが大変だけど)。

f:id:sinanonano:20211227102802j:plain

仕事帰りに靖国神社へ壱年のお礼を兼ねて参拝。

都心はバイクでも駐車禁止の違反を取られるけど、ここは100円で駐輪できるのが本当にありがたい(むかしは無料だったけど)

f:id:sinanonano:20211227102823j:plain

花神大村益次郎銅像がお出迎え。

上野で彰義隊と戦ったときの姿とかで、上野の西郷さんと目が合っているとか、いないとか。

f:id:sinanonano:20211227102820j:plain

週末は大勢の参拝客でにぎわうが、平日はこんなに静か

f:id:sinanonano:20211227102806j:plain

母子の姿がほほえましい。娘の中学受験が終わったら、連れて来てやろうか

f:id:sinanonano:20211227102810j:plain

日曜はオザトレに行く予定だったが、山は天気が悪い予報だったので中止して、修理が終わったGSを原サイクルへ引き取りに。

f:id:sinanonano:20211227102859j:plain

交換してピカピカのエンジンガード。一緒にヘッドカバーの「Ⅹhead」も交換してもらった。

f:id:sinanonano:20211227102856j:plain

折れたウィンカーも交換

f:id:sinanonano:20211227102851j:plain

ハンドガードも交換。

f:id:sinanonano:20211227102844j:plain

事故のあと歪んで開閉できなかった、パニアケースも新品に。

f:id:sinanonano:20211227102841j:plain

低いロードスターからいきなり目線が上がって、かなり戸惑う。

でも前傾姿勢のポジションより、アップハンで遠くまで見えるので安心かも。

f:id:sinanonano:20211227102903j:plain

越谷レイクタウンのWILD1で、たき火グッズを「鑑賞」

大勢の家族連れでにぎわっていて、駐車場は満車。キャンプ人気を実感する。

我が家は奥様がキャンプ嫌いなので、家族連れやカップルで来ている人がうらやましい。

f:id:sinanonano:20211227102906j:plain

そして帰り道、いつものマックスフリッツへ立ち寄り。

f:id:sinanonano:20211227102927j:plain

今日のコーデはブーツからパンツ、インナージャケットとアウターダウンも、「フルマックスフリッツ」状態。

f:id:sinanonano:20211227102913j:plain

「今日はこの冬一番の寒気」なんて予報だったので、かなり着込んできたが、このダウンがあればインナーは不要だったかも。

ほんとうにあったかくて、以前これ着て電車に乗ったら、暑くて具合悪くなったほど。

グローブもマックス

さすがにグリップヒーター全開でも指先は「かじかむ」ので、そろそろハンドルカバーをつけようか。

f:id:sinanonano:20211227102910j:plain

今までいろいろ買いすぎて、丈夫な作りも相まって、もう買うものが無いけど、この人に会いたくて来ているかも(※注 竹中直人ではありません)

私より年下なのにこの貫禄って.....

f:id:sinanonano:20211227102916j:plain

佐藤さんが最近買ったR69Sを見せてもらった

(写真撮り忘れたのでこちらを)

BMW | クラシックバイク | ビンテージバイク | フラットツイン ...

バイクなんて知らないおじいちゃんおばあちゃんでも、BMWのマークは知っているので、お客さんのところにGSで乗り付けると、たいがい驚かれる。

以前アフリカツインでお客さんのおばあさんのところに行ったら、

「あんたいい歳して暴走族やってるの?」

と真顔で言われたが、次にGSで行ったら

「こんなすごいの乗ってるアナタはすごい」

と勝手に勘違いしてくれた。

なので高価でも商売道具として活用させてもらっているが、正直もう100馬力なんて要らないし、これでダートを走ることもない。

この69でトコトコ(でも高速で150km/h巡行もOKとか)走るのが、いいかもしれないし、このくらい古いほうが「高齢者ウケ」するかも?

でもこれセルが無い。

かけるのもかなり気合が必要らしいので、

「買うならこのあとのセル付きがいいですよ」

って。

寒い朝バッテリーがあがるストレスで、100GSを手放した過去があるので、旧車は敬遠していたけど、普段から充電などメンテしていれば大丈夫とか(100も毎回充電してたんだけどなぁ)

ひと昔前なら数十万で買えたらしいが、ZⅡ(ゼッツー)が700万とか、CBナナハンK0が1000万とか、とにかく異常な高騰ぶりで、69も程度がいいと200万するって(*_*)

私のように軒先でカバーだけで保管するのは、バイクがかわいそうなので、ビンテージはもう少し先がいいかもしれない。

次期GSは1300ccなんて噂もあるらしいし、チビッコ日本人にはますます扱いにくくなるばかり。

佐藤さんが650をGS仕様にしたこんなのが、足腰の衰えた中高年にはちょうどいいのかもしれない。

f:id:sinanonano:20211227102920j:plain

f:id:sinanonano:20211227102923j:plain

そしてまた寄り道して、芝公園のassos(アソス)ショップへ。

高級サイクルウェアで有名なアソスだけど、先日ここに書いたION(アイオン)のプロテクターを、予約しに来た。

東京タワーのすぐ近く、上品な店構えはさすが港区セレブ御用達。

f:id:sinanonano:20211227102830j:plain

assos-pstokyo.com

自身もMTBに乗るという代表のIさん。

写真もきれいだし、なにより秀逸な文章が購買意欲をかきたてられる。

来年入荷分の予約をしたい旨告げると、忙しいなか丁寧に対応したいただいた。

ご本人と奥様のぶんと2着購入されたそうだが、

「ぶっちゃけ、そこまでいい商品ではないですよ」って。

ご本人はMサイズ、奥様はSサイズらしいが、かなり細身な作りなので、サイズ感がビミョーとか。

MTBとアウトドア用品を扱う「マイクス横浜」に、先日Iさんが買い物に行ったとき、この商品がセールで売られていたので、まだあるかも。

もしバイクで行けるなら、自身でサイズを確認してみては?と、アドバイスをいただいたので、さっそく行ってみた(ただツーリングしたかっただけ)

どこにも在庫が無いはずのIONが、S、M、L、XLまですべて揃っていて、しかも20%オフのセール中。

f:id:sinanonano:20211227102837j:plain

さっそく試着させてもらったが、ほんとうに細身でMはキツキツ、Lでもビミョー。

XLだとピッタリだけど、走るうちにズレるだろうことは、容易に想像がつく。

f:id:sinanonano:20211227102833j:plain

ほんとうにビミョーなサイズ感。

KTMの国オーストリア人って、こんなにアシ細いの?

残念だけど今回は購入を見送った。

でもここのスタッフさんも丁寧な接客だったので、手ぶらで帰っては申し訳ない。

29インチの予備チューブが無かったので、2本購入(こちらは30%オフ)

1本はオザワさんにあげよう。

ついでに次回オザトレはコーヒーを沸かして飲む予定なので、プリムスの小型ガスも購入した。

アソスのIさんにはメールで、ことの顛末を報告。

転倒が当たり前のMTBはウェアに穴を開けたり、破くこともしょちゅう、

高価なアソスはもったいなくて着れないけど、いつかまたロードに乗るときは、購入させていただきますとお伝えした。

とりあえず先日買ったモンベルのニーガードでしばらく走って、同じモンベルのニーシンガードが入荷したら、そっちも買ってみよう(5000円以下で買えるコスパが最高)。

タヌキでいいから

先週オザワさんから頂いたユズをマーマレード

f:id:sinanonano:20211220092439j:plain

f:id:sinanonano:20211220092443j:plain

f:id:sinanonano:20211220092446j:plain

味にうるさい奥様もOKって。

これでもいただいたぶんの半分しか使っていない。

朝昼晩せっせと消費しなければ。

f:id:sinanonano:20211220092450j:plain

そして給湯器のリモコンがご臨終に

海外の工場がコロナでロックダウンしたのと、半導体不足で給湯器は品薄、というかほとんど在庫が無いとか。

いつもお願いしているガス屋さんなので、なんとか交換してくれたけど、給湯器は春までは入荷未定らしいので、壊れた人の銭湯通いが流行っているそう。

f:id:sinanonano:20211220092454j:plain

f:id:sinanonano:20211220092457j:plain

 

そして日曜はいつものオザトレへ。

朝6時でもまだ真っ暗。

今回はオザワさんがEVIL乗りたいというので、レヴォーグで出動。

GSは先日ぶつけられて入院中。

代車の1250ロードスターは借りものなので、あまり乗りたくないし、今年一番の冷え込みらしいので、かえってクルマでよかった。

f:id:sinanonano:20211220113622j:plain

都会ナンバーのベンツやBMWは、ゴルフへ行くおじさんばかり。

スキー場へ行く車もいるんだろう、高速はかなりクルマが増えた印象。

 

渋滞しては大変なので、ふだんより30分早く出たけど、思いのほか流れていて、だいぶ早くオザワさんちに到着できた。

さっそくペダルを交換中

トレックを買わないかと言ったら、「EVILのほうがいいかな」って。

なので今日は試乗会

f:id:sinanonano:20211220113625j:plain

山のふもとのオザワさんちの庭は、霜がびっしり。

冬用グローブでも指先がかじかんだが、30分もペダルを漕ぐとカラダはポッカポカ。

途中の見晴らし台に着いた頃は、大汗かくほど

f:id:sinanonano:20211220113638j:plain

はるかかなたに新宿の高層ビル群と、スカイツリー

f:id:sinanonano:20211220113631j:plain

群馬新潟方面の山は雪で真っ白

f:id:sinanonano:20211220113628j:plain

ニーガードがずれるので、ベルクロテープで補強したが、やっぱりズレて不快。

「下りでペダルが{すね}に当たるので、ニーガードよりニーシンガードが必要」

だと思い込んでいたが、それはペダルにビンディングでシューズを固定しない、「フラットペダル」の人の場合。

私はビンディング派なので、よほど荒れたトレイルでペダルが外れない限り、すねをぶつけたことが無い。

このモンベルの「ニーシンガード」を予約していたが、こちらもコロナの影響で入荷未定と連絡があった。

f:id:sinanonano:20211220114155p:plain

なので急きょこちらの「ニーガード」を、恵比寿のモンベルショップで買ってみた。

f:id:sinanonano:20211220113618j:plain

ふだん付けているトロイリーのニーガードは、ダウンヒル用なのでひざカップがゴツい。

登りは漕ぎづらいのでリュックに入れて、下る直前に付けるのが正直面倒くさい。

下るだけならまだいいが途中で登り返しがあるので、つけたまま漕ぐのがストレスになる。

こちらはソフトタイプなので、パンツの下につけたまま漕げるのがいい。

f:id:sinanonano:20211220113635j:plain

フィット感もよく漕いでもズレないが、ヒザの裏側がちょっと擦れるなぁ。

ほんとうはこっちを買いたかった。

オフロードでも有名なオーストリアのプロテクターメーカー、「ICON(アイコン)」の新型ニーシンガード。

f:id:sinanonano:20211220113901p:plain

ニーガードに必ずついていたベルクロが無い。

assos-pstokyo.com

取り扱っているのはこちらもスイスの高級サイクルウェアブランド、「ASSOS(アソス)東京」。

以前、実業団でレースしていたワダケンに、

「サイクルウェアはどこのがいいの?」

と聞いたら

「ぜったいアソス!」

と即答された。

ネットで見るとフレディーマーキュリーのような、ピタピタの「ビブショーツ」が、最低3万円、上級グレードだと6万以上もする!

上に着るピタピタジャージも3万円以上なので、上下で10万はザラ。

国産のパールイズミが上下で3万円とか、安く感じるほど。

Amazonで売ってる中華製のパチモンジャージから、いろいろ試してきたワダケン。

そんな彼がたどり着いたのがアソスらしい。

このとき私が出る予定だったのは、ドMの祭典「第2回ラリークランキング」だった。

内房から外房往復140kmを、制限時間12時間以内で完走するもの。

第1回に普段のアシにしているクロスバイクで出て、前日の雪で滑るガレ場の山道で転びまくり。

腰を強打し、太ももや「すね」も、キズだらけになった。

2回目はプロテクトをしっかりしたいと思ったが、さすがに上下10万円のアソスはもったいないので、世田谷のアソスショップで尻パッドの付いた、インナーパンツを購入(たしか15000円くらい)。

壱日履いてもズレることなく、肌に吸い付くような滑り止めが、心地よかったことだけ覚えている。

 

こちらのニーガードも裏地の「滑り止め」が秀逸とかで、ベルクロテープは不要らしい。

15000円とちょっとお高めだが、走行中にずり落ちる不快感が無くなって、かつヒザもプロテクトしてくれるなら、安い買い物と思いたい。

でもこちらも在庫切れで入荷未定とか(*_*)。

むかしのモトクロスライダーは、みんなヒザのじん帯が切れていた。

当時も高額なニーブレースを買うより、タイヤやオイルを優先していて、

「ケガの保険でニーブレースを安く買えた」

なんて笑えない話も多かった。

ドロドロのコースで足を取られ、目の前でヒザのじん帯を伸ばす人を見て、帰り道にアスタリスクを買ったのもなつかしい。

 

f:id:sinanonano:20211220113642j:plain

山の上はポカポカですぐゴロ寝する人

f:id:sinanonano:20211220113646j:plain

でも前日雪が降ったトレイルは、凍ってザクザク

午後はグチャグチャだろう。

f:id:sinanonano:20211220113649j:plain

EVIL、気に入ってくれたみたい。

これとモンキーが売れたら、Ebikeオーダーしようかな💛

f:id:sinanonano:20211220113653j:plain

朝8時から走り始めて昼前に無事下山。

若いオダジマさんはもうひと山、別ルートを走るそう。

そっちを付き合うと帰りにひと山、自走で登らないとここに帰ってこれないので、私もオザワさんも遠慮したが、これがEbikeなら登りがラクチンなので付き合えるはず。

f:id:sinanonano:20211220113656j:plain

50代で独身のオザワさんなので、毎週付き合ってくれるが、もし家族がいたらそうはいかないだろう。

昨日見た夢でオザワさんちに着いたら、彼女が出てきて、

「主人がいつもお世話になってます」って言われて、心底おどろいた

f:id:sinanonano:20211220113659j:plain

オザワさんに話したら

「しっぽの生えたタヌキでもいいから、化けて出てくれないかな」

って。

こんなかわいいタヌキならオザワさんじゃなくても、ウチにも出て欲しい💛

ドラレコのありがたさ

仕事で水道橋へ。

バイクだと駐輪場が無いかもしれないので、電車で行こうと駅に着いたら、こんな時に限って信号故障で止まってる(*_*)

急きょ戻ってGSで出動。

晴れていればやっぱりバイクが気持ちいい

f:id:sinanonano:20211217134712j:plain

そして用事を済ませて、知り合いのお店にちょこっと寄ってバイクに戻ったら、倒れかかって街路樹に「もたれかかって」いた。

 

f:id:sinanonano:20211217134758j:plain

ヘルメットも道路に転がってるし。

停め方が悪くてサイドスタンドが外れたのかと思ったが、たまたまここの社員の人が、私のバイクの後ろに車を停めていて、

「白いアウディがバイクにぶつかって、走り去りました」

って。

f:id:sinanonano:20211217134723j:plain

たしかに右側エンジンガードには白い塗料がべったり。

f:id:sinanonano:20211217134734j:plain

左側ウィンカーがもげているし

f:id:sinanonano:20211217134734j:plain

右側は無事

f:id:sinanonano:20211217134737j:plain

エンジンかけると異常を教えてくれる

f:id:sinanonano:20211217134802j:plain

以前、停めていた車が当て逃げされたとき、警察に届けたけど証拠が無くて、犯人は捕まらず。

後ろに停めていたクルマのドライブレコーダーに、写っているかもしれないが、そのまま営業に乗って行ってしまったので、戻るのを待ってドラレコを確認して、警察に届けようか。

と思っていたら、白いアウディが戻ってきて、お巡りさんもやってきた。

f:id:sinanonano:20211217134744j:plain

運転手さんが自分で通報したらしい。

f:id:sinanonano:20211217134755j:plain

ハンドガードにスリキズ

f:id:sinanonano:20211217134719j:plain

ヘルメットもキズ

f:id:sinanonano:20211217134741j:plain

こちらはたいしたことないけど、クルマはかなり大変

f:id:sinanonano:20211217134748j:plain

運転していたのは近所に住むおじいさん。

交差点を左折しようとして、寄りすぎてぶつかったらしい。

あちらの言い分は

「ここは駐車禁止なので、停めたあなたが悪いんじゃ?」

って、かなり不満そう。

停めてたこちらも悪いけど、ぶつけたアナタのほうがもっと悪いんじゃ?

と思ったが、年寄り相手に怒っても仕方ない。

「長年クルマ運転して初めて事故した」

とも言っていたけど、

「高齢者の事故が多い昨今、人身事故にならなくてよかったですね」

と、お巡りさんから諭されていた。

 

事故後に保険会社の担当者さんから連絡が。

「こちらがすべて負担しますので、ご安心ください」って。

そしていつもの腹サイクルへ修理持ち込み

f:id:sinanonano:20211217134809j:plain

代車は「R1250ロードスター

f:id:sinanonano:20211217134812j:plain

f:id:sinanonano:20211217134816j:plain

この時期にカウル無し&前傾ポジションはちょっとつらいけど、ギュンギュン回るエンジンで帰りの首都高は、ちょっと(かなり?)たのしすぎて危ない。

 

帰りにドラレコのチップを借りて見たら、「どうしてそんなに近づくの?」

ってくらい、寄せてぶつかる一部始終がバッチリ写っていた。

f:id:sinanonano:20211217134805j:plain

おじいちゃん何歳か聞いてなかったけど、まじめに免許返納、考えたほうがいいかもね?(*_*)

今どきは当たり前になったドラレコだけど、今回の件でそのありがたみを思い知った。

できればすぐその場で見られるように、カードリーダーも持ってたほうがいいかもしれない。

やっぱりオザトレが最高

金曜はコロナで延期になっていた娘の修学旅行が、やっと開催。

場所は日光、ほんとうは2泊3日の予定だったけど、1泊2日に短縮された。

朝7時半に学校に集合して、校長先生の話を聞いて

f:id:sinanonano:20211213130101j:plain

f:id:sinanonano:20211213130109j:plain

バス2台で出発~

小学校最後の旅、たのしんでおいで~

f:id:sinanonano:20211213130117j:plain

そして土曜は横浜在住で、長野の幼なじみM君と屋上で飲み会

f:id:sinanonano:20211213130027j:plain

 

f:id:sinanonano:20211214144823j:plain

おたがい60歳だけど、彼は中高大学と10年間サッカー部。

今も大学OBでチームを組み、社会人3部リーグで月2回、試合をやっているそう。

当然そちらの世界も高齢化で、60代クラスの上は65クラス、70クラスもあるらしい。

おたがい「無駄に元気な中高年」、これからもがんばろう。

 

そして日曜は3週間ぶりのオザトレ。

朝5時半起きでおにぎりをニギニギ

f:id:sinanonano:20211213130133j:plain

早朝の高速はグリップヒーター点けても、指先が凍えるほど寒い。

都会ナンバーのベンツやBMW、ポルシェにクラウンは、みんなゴルフへ向かう人たちか。

コロナ自粛も解除され、行楽地へ向かうクルマも増えてきたので、クルマだったら間に合わなかったかも。

7時半にオザワ邸到着

いつものオザワさんオダジマさんと、いつもの山道をユルユル登る。

10分もするとカラダはポカポカ。30分もすると大汗が....

小一時間でいつもの展望台に到着

f:id:sinanonano:20211213130141j:plain

f:id:sinanonano:20211213130145j:plain

さっそくオニギリをバクバク

汗をかいたカラダにシャケの塩っけが沁みわたる。

f:id:sinanonano:20211213130137j:plain

さらに頂上まで30分漕ぎ上げて、お待ちかねの下り。

先頭のオダジマさんのあとに続いたら、高さ5mの急坂下りが、さらに「えぐれて」いてオーバーハング状態に?!

ここで停まったら前転必至。思い切り腰を引いて下ったが、最近はオフロードバイクが荒らしているようで、土が掘り返されてワダチも深くなっている。

先々週に行った北関東の、荒れていないトレイルとは大違いだけど、ガレ場や木の根っこが張り巡らされて、一瞬も気が抜けないオザトレのほうが、やっぱり楽しいかも。

f:id:sinanonano:20211213130149j:plain

最後の休憩ポイントでいつもの雑談

ここまで高速で往復4時間かかる私と違い、山まで30分の環境は、本当にうらやましいかぎり。

 

そして無事オザワさんちに到着。

裏山で剪定したユズを

「まだいくらでもあるから全部持ってって」

って、おみやげにいただいた。

奥さんに写メ送ったら、「ユズジャムにしよう」と喜んでくれた。

f:id:sinanonano:20211213130153j:plain

f:id:sinanonano:20211213130157j:plain

高速のSAで休憩。

クルマはほぼ満車状態。

f:id:sinanonano:20211213130201j:plain

朝から昼まで走って、午後は家の用事を済ませる。

今はこののんびりペースが一番いいけど、電動E-BIKEがあれば登りがラクなぶん、同じ時間でもう1周も夢じゃない。

還暦になっても悩みは尽きない~