カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

シーズンイン?

スキーの情報をいろいろ知りたくて、自転車仲間で競技スキーをやっている、ヒロサク君に相談したら、

「週末に池袋のサンシャインで、石井スポーツの予約会があるので行きませんか?」

って。

土曜日朝イチに駅前のドンキで待ち合わせ。

奥さんとは大学スキー部で一緒だったそうで、この日は奥さんも一緒。

私なんて奥さんに内緒なので、なんか後ろめたいけど(^-^;、夫婦で共通の趣味があるってうらやましいと思ったりして。

9時開場のところ9時半に行ったら、もうすごい人だかり。

午後は数百メートルの入場待ちの列ができたとか。

スノボに押されてスキー人気は後退の一途....

なんて思っていたけど、この熱気はすごい。

いまや「世界のオガサカ」と言われて久しいけど、実家のとなりのお兄さんが、長野のオガサカ工場で働いていたので、子供のころは塗装が失敗した「B級品」をもらって履いていて、そんな有名ブランドとは思わなかった。

 

個人的にはロシニョールの「スーパーヴィラージュ」の復刻版にクラクラ。

高校生のとき同級生が履いていた、ロシのヴィラージュにラングのブーツがカッコよかった。

 

ロゴが「R」じゃなくてコッコちゃんマークってのが、なんともかわいい。

日本限定モデルらしい。

 

いまはブーツも同じブランドにするのがトレンドとか。

個人的にベージュがいいなと思ったのも、今回ロシがいいと思った理由。

今使っている板は3年ほど前、長野に娘とスキーに行ったとき、娘のヘルメットを買いに入ったスポーツ量販店で、シーズンオフのセールで衝動買いしたもの。

でも自分に合っているのか正直分からない。

とはいえ物価高の影響か、スキーも価格が高騰していて、ロシの板が17万、ブーツが7万とか?!

「スキー場で板やボードが盗まれた」なんて話をよく聞くけど、こんなに高くちゃ盗難が心配で、おちおちロッジで食事もできない。

ヒロサク君からも

カービングの技術をマスターしてから、買ってもいいのでは?」

と言われ、グッと思いとどまった(ひとりならオーダーしていたかも(^-^;)

 

今日の目的はウェアとヘルメット

密かにスウェーデンの「ピークパフォーマンス」を狙っていたが、ヨーロッパのメーカーはゲレンデより山スキーバックカントリー)がメイン。

「中綿」が入った国産モデルと違い、インナーにフリースなど重ね着するマウンテンパーカが多い。

 

私もふだんはフリースの上にマウンテンパーカを着ていたが、今年は中綿の入ったスキーウェアを着てみたいので、ピークはあきらめた。

こちらは上下でかる~く20万オーバー。GSのラリースーツじゃないけど高すぎる。

夫婦で競技スキーのヒロサク奥さんの、今日のお目当てはヘルメット。

回転と大回転ではヘルメットの規格が違うそう。

高速の大回転はチンガードが必須で、選手のなかにはヘルメットを2個持っていく人も多いとか。

チンガードをボルトオンできるヘルメットもあるが、レースの前に付けたり取ったりは「ほんとに面倒くさい」らしい。

この「スィートプロテクション」というメーカーのヘルメットは、工具を使わずワンタッチで、チンガードが脱着できるスグレモノ。

フルカーボンモデルがあったのでかぶってみたが、ガイジンのアタマは細くて痛いので断念(価格も6万近い(@_@))。

そしてヒロサク君、

今シーズンは板とブーツは買わずに我慢して、かわりにインソールを自分好みにカスタム

足型をとって

インソールを足型に合わせて加工してもらう。

インナーソールが1万数千円は高いと思ったけど、かなり手間がかかっているので仕方ない。

私のブーツもくるぶしが当たって痛いので、自分でインナーに切れ目を入れて加工したが、インソールも作ったほうがいいかな?と、ヒロサク君に聞くと、

「上手になってからでいいのでは?」って。

ほんと、ひとりで来なくてよかった(^-^;

 

JIROのヘルメットはみんなかぶっているし、スウェーデンの「POC」か「UVEX」がいいかと思ったが、いろいろありすぎて決められない。

「競技用でなければシーズン中でも買えますよ」

と言われ、ヘルメットはあきらめてウェアを物色。

中綿の入ったスキーウェアは、やっぱり国産メーカーがいいとのことで、デサントゴールドウィン、フェニックスなどを見て回る。

 

ちょうどフェニックスにベージュの上下があったので試着。

フェニックスは事業縮小で中国企業に譲渡されたらしいが、今年、日本の企業がライセンス契約したらしい。

志風音が「フェニックス」ブランドの事業を継承、最大5年間の契約 (fashionsnap.com)

というわけでフェニックスのブリザードジャケット上下をオーダー。

入荷は11月頃らしい。

(これならロシとおソロのカラーリングだなぁ💛)

 

そして翌週は品川スキークラブ紹介の、「オフィスゼロ」さんへ。

スキーショップ オフィス・ゼロ (desport-tokyo.com)

オフシーズンのこの時期に23年モデルの予約会が、そこらじゅうで開催されるそう。

スキーブームのころと違って生産数も少ないので、本当に欲しいものはこのときにオーダーしないと、手に入らないらしい。

 

板とブーツを買い替えるか?

それとも今あるものをチューンナップしてもらうか?

とりあえず板とブーツをクルマに積んで、向かった先は墨田区横網という住所

墨田区両国国技館もあるし、相撲部屋もたくさんあるので、てっきり「ヨコヅナ」かと思ったら、「ヨコアミです」って。

 

「場所がわかりづらいよ」

と言われた通り、ロシののぼりが無かったら見過ごしていた。

こ、これがスキーショップ??

店長さんとスキー仲間のボランティアスタッフさんが、暖かくおで迎え。

店長さんは品川スキークラブのOBらしく、お客さんもみんな常連さんばかり。

なんでも揃う大型量販店もいいけど、個人的にはこんなプロショップが好き。

 

持参した板とブーツを見てもらい、

「買い替えか悩んでいます」

と伝えると、

「まだまだ使えるからチューンナップだけでいいでしょう」

って。

売り込まれると断れない性分なので、購入も覚悟していたが、ちょっと拍子抜け。

お客さんもオジサンオバサンばかりなのもいい。

一番の売りはロシニョールらしいので、スーパーヴィラージュもここで買いたい。

予約会とセールも兼ねていたので、UVEXのヘルメットとロイシュのグローブを、半額で購入。

オリジナルTシャツもいただいて。

チューンナップが終わったら引き取りがてら、前回曲がってしまったストック(ポール)と、メガネも使えるゴーグルを購入する予定。

バイク屋さんもクルマ屋さんもスキーショップも、量販店やディーラーより、個人でがんばっているお店を応援したいのだ。

 

 

 

昭和のおやじはカタチにこだわりたい

iphoneapple musicで聴くので、もうCDは買わない」

という人は多いらしいが、やっぱり私は「カタチ」で残したい。

 

なのでAmazonローリングストーンズの「LIVE AT EL MOCAMBO」を購入。

1977年、カナダの「EL MOCAMBO」というライブハウスで、ストーンズが「コックローチズ(ゴキブリ)」という偽名のバンドで演奏した、シークレットギグをリミックスでCD化したもの。

音にうるさいマニアからは

「リミックスしすぎ」

なんてきびしい声もあるけど、そんなのどうでもいい。

だってそれも含めてストーンズなんだから。

ついでにこっちも購入。

むかし買ったレコードは(たぶん)実家を探せばあるかもだけど、肝心のレコードプレーヤーが無い(@_@)

毎日事務所で(いちおう)仕事しながら、朝からエンドレスで聴いている。

 

日曜は屋上でランチして

自宅からママチャリで30分の、お寺で出店しているナガモチさんを訪問

あいかわらず目立たない外観で、パっと見「工事車両」と間違える。

泣く子も黙る「鈴ヶ森刑場跡」の敷地に建つ、「大経寺」の境内が出店場所

こんな不吉な場所だけど、じつは近くにコンビニも無いので、意外に売れるらしい。

キッチンカーを始めたはいいが、人気の出店場所ははるか先まで予約でいっぱい。

専門サイトで紹介されたのがこの場所で、半信半疑で出店したところ、近所のマンションの住人が10組ほど来てくれたそう。

 

ファミリーが多いので790円のハンバーガー✖3

          フライドポテト¥300✖1

          チキンナゲット¥300✖1

            合  計 ¥2970

みたいな感じで、12時~3時半の短時間で2万円を、二週連続で売り上げたそう。

リピーター客もできたので、これに気をよくして今日も来たけど、私が「サクラ」でいた1時間で、来客はゼロ。

帰りがけに3人家族の人が買いに来てくれたけど、客商売ってむずかしいなと、見ていて思った。

ハンバーガーだけでなくカレーとか、これから暑くなったらかき氷とか、考えるといろいろ妄想は膨らむけど、狭いキッチンカーなので、なんでも載せるわけにはいかないのが悩ましい。

 

それにしてもほんと地味で目立たない。

 

こちらは大井町駅前で出店中の「北海道ザンギ」のキッチンカー

お客さんはいたけど、これだけ目立つようにしても、大行列というわけにはいかない。

まあナガモチさんの場合、ふだんバイトしている肉屋さんが、安くていい肉を卸してくれるので、じゃあハンバーガーでもやるかと始めた次第。

平日はバイトでそれなりに収入があり、土日は楽しみながらやっているので、そもそもガツガツしていないのが、ナガモチさんらしい。

明日は高すぎて不評のカウンターを、低くするそう。

どうせなら赤とか青とか黄色とか、目立つ色にオールペンすればいいけど、あんまり目立ちたくないらしい。

都内で土日使っていい駐車場とか、自宅や会社の敷地を使っていい人がいたら、ぜひご紹介下さい。

 

そしてストーンズのCDとあわせて、こちらも購入

数年待てば980円で買えるし、Amazonプライム会員なのでテレビで見ればいいんだろうけど、やっぱり「カタチ」で残したい。

プロジェクターとロールスクリーンを買って、屋上で上映会でもやりたいなぁ。

「007 NO TIME TO DIE」

トップガン・マーベリックもいいけど、やっぱり007は最高。

とくにこれはダニエル・クレイグ最後の作品で、最後にボンドが〇〇しちゃうんだから、ぜったい観たほうがいい。

ダニエル・クレイグボンド全5作完結

こちらは奥様の趣味

「やっぱりボンドはショーンコネリーが一番」だって。

 

マーベリック最高!

前回の佐藤上総介に続いて、菅田義経まで殺されてしまった(あっ大河ドラマの話ね(^-^;)

また好きだった人物が亡くなって、今日も号泣

私が最近ハマっているのが、テレビ東京で毎朝やっている韓国ドラマ「風と雲と雨」

こんなにハマるのはたぶん「チャングム」「トンイ」以来かも。

朝8時にやっている、どれもおんなじなワイドショーに飽きて、なんとなくテレ東にチャンネル(古いね)を合わせたら、この番組をやっていた。

【KNTV】風と雲と雨<Teaser> - YouTube

主人公の顔と雰囲気が気に入って、以来、毎日観ている。

 

そして横浜のイケアから、屋上のテーブルが入荷したと知らせを受けて、クルマで向かう途中

環八沿いの中古車ディーラーに停まっていた、旧型ソアラの値札を見て、おもわずブレーキ踏みそうになった。

「に、に、に、289万円!?」

そのとなりのマークⅡは250万とか、ホンダのCBX400が盗まれて、買ったのが500万と聞いて驚いたけど、国産旧車も暴騰しているとは知らなかった。

テーブルのついでにサンベッドも購入。

長さ2mなのでギリギリ収まった

骨折している身には4階まで、」階段であげるのがけっこう大変

イスは以前在庫があったけど、テーブルは欠品が続いていた。

ついでにカバーも購入。これで雨が降ってもいちいち片づけないで済む。

そしてサンベッドの組み立て。

20kg以上あるので、箱ごと屋上にあげることを断念し、事務所で組み立て

これじゃないもう少し厚めのマットが欲しかったけど、「季節もの」なのでこちらも欠品が続いている。

次回入荷までこれでガマンしよう。

こちらもカバーを購入

これで天気がいいときは日光浴が楽しめる。

そして金曜夜は待ちに待った「トップガン・マーベリック」の初日

パンフレット買うなんて何十年ぶりだろう

 

なんかよくわからないけど、みんなが記念写真を撮っていた。

あとで娘に見せたら「五分の一の花嫁だよ」って。

いやあ良かった!

59歳のトムのカラダを張った演技に脱帽。

CGでなく役者全員がF18に乗って、演技しているのもすごい。

先週のシンウルトラマンがあまりにもガッカリな内容だったので(個人の感想です)、こっちもがっかりだったらどうしようと思っていたけど、オープニングでまさかの「danger zone」が流れたときは、おもわず涙があふれた。

 

そして当時の男の子がみんな乗っていた、カワサキニンジャGPZ900 Rが走るシーンを見て、またじ~ん

前作をかなりの部分でオマージュしているので、ちゃんと見てくればよかったと後悔。

今夜の私のニンジャ号

骨折しているので飛ばしてコケないよう、運転は慎重に。

 

これは新型ニンジャなのかな?

パンフレットにも書いてあったが、前作のF14トムキャットに比べて、性能は格段に向上しているんだろうけど、F18ホーネットはなんとも不細工。

でもそんなのも見ているうちに、気にならなくなるから不思議。

 

そして日曜は朝からアイロンかけ

プリーツスカートは難易度高し

むかしクリーニング屋さんでバイトしていたので、ほんとうは業務用のスチームアイロンが欲しい。

そして昼から文京区の管理しているマンションへ、ママチャリで向かう。

赤坂のホテルニュージャパン跡に建つ、外資系企業のビル

昭和57年の2月、21歳だった私はたまたまこの近くにいて、タワーリングインフェルノさながらに燃え上がるホテルと、窓から飛び降りる人をまじかに見ていた......。

 

そしてここが5月1日の事故現場。

黄色に白赤のタンクのあたりで、左折してきた車にぶつけられて転倒した。

バイクに乗りたいけど乗るとすぐ眠くなる娘は、ヘルメットのなかでappleのワイヤレスイヤホン「Ipods」で音楽を聴いていたが、事故したとき片方のイヤホンを失くしてしまった。

5月1日から30日近くたつので、もう無いと思ったがやっぱり無かった。

桜田門井伊直弼を思う。

そしてマンションに到着

窓の外は後楽園遊園地。

ジェットコースターの悲鳴が聞こえてくる。

今まで15年ほど住んでいた人が引っ越して、新しい人が決まったが、前の借主さんは自分でなんでも直してくれたので、手がかからずありがたかった。

でも新しい借主さんが入居前に、カーテンや家具の採寸に来たとき、障子の「桟(さん)」の滑りをよくするためのテープが切れて、ガムテで補修してあるのを見て、「直してほしい」とリクエストが。

また業者を頼むのもおカネがかかるので、近所のホームセンターでテープを買って、私が交換に来た次第。

古いテープをはがして「バリ」を取り

テープを貼って完成

キッチンの棚ウラも塗装が剥がれていたので、タッチペンしようと思ったが、養生テープを貼って「さあ塗装」と思ったら、ペンキを忘れてきた(@_@)

 

クリーニングを頼んだ業者に話したら

「月曜に塗っときますよ」って(すんません^-^;、)

 

自他ともに認める「新しもの好き」なのに、アナログおやじゆえスマホだけは、設定に自信が無くてなかなか買い替えられなかった。

私のは5年前に買ったiPhone8、

最近は3時間もするとバッテリーが20%を切り、外だとネットがつながらないことも増えてきた。

ワダケンやササキさんなどヘビーユーザーに聞くと、

「ネットで買えば安いよ」とか「アップルストア行けば?」なんて言われるが、むずかしいことを考えるのも面倒になってきたので、近所のAuショップを予約。

設定まですべてお任せで、やっと機種変更できた

担当してくれた若い女性から

「バイク乗るんですか?」

って声をかけられた。

設定をお願いしていたスマホの待ち受け画面が、GSにまたがる娘の写真だったのを見たらしい。

「私はホンダのレブル250に乗ってるんです」って。

お父さんはドカ乗りで、お母さんも妹さんもバイク乗りとか。

一瞬

「ひょっとして野良おやじさん一家?」

と思ったが、野良さんはドカじゃないし(^-^;

「クルマもマニュアルが好きで、スイフトスポーツ乗ってました」って。

今どきこんな女の子がいるんだと、おじさんちょっと感動してしまった。

 

ポイントが貯まっていたので、ついでに新しいIpodsも購入。

イヤホンが中途半端に3つになってしまった

 

 

そしてAmazonで頼んだブツが届いた。

前作はVHSで持っていたが、テープデッキが無いので見られない。

なのでDVDを買いなおした。

やっぱりこれだよね~

 

私も乗ってました。

こんなことしたよーな、しなかったよーな、記憶にございません。

事故で亡くなったグースの息子との確執も、今回のテーマ

やっぱりトムキャットはかっこいい

今作でもラストのまさか???にまた涙

教官役のケリーマクギリスの美しさと、ポルシェスパイダーもいい。

まさかアイスマンが.......

前作をよ~く見直して、もう一度観に行こう(今度はアイマックスシアターで)

シニア割1200円なので、アイマックスがプラス500円でも1700円、

オープニングの5分でシンウルトラマンの製作費を、超えてるんじゃないかと思うくらい、とにかくぜいたくな作りが、「たった」1700円で観られるなんて、60歳になってほんとよかったと思う瞬間。

もし前作を持っているなら、絶対見てから映画館へ行くことをおススメする。

Amazonプライム会員なので、テレビで見られるらしいけど、娘が知ったら「虎にツバサ」「マジンガーZにジェットスクランダー

親の目を盗んで大好きなアニメを見まくるはずなので、あえてDVDを買っています(^-^;

ジェットスクランダー | キャンプ道具散財日記 - 楽天ブログ

 

シンウルトラマンとダカールとハンバーガー

事務所の屋上で羽田空港に向かう飛行機を、コーヒー飲みながらボーっと眺めていた。

事務所に戻って仕事をしていたら、6時過ぎに「夕飯ができた」と奥さんからメール。

3階の事務所から1階の自宅へ下りようと、ドアを開けたら「なにか」が置いてある。

開いてみると

今年のダカールラリーの写真集が。

そういえばコーヒー飲んでいるとき、単気筒のバイクが通りかかったような。

またスガワラ爺がそーっと、「置き配」していったらしい。

日野自動車の排ガス不正事件が起きたばかり。

来年のダカールラリーはどうなるのか?

今度じ~じに会ったら聞いてみよう。

 

そして金曜夜は自転車で15分の品川プリンスシネマへ。

9時50分からのレイトショーで観に来たのは

シン・ウルトラマン

シニア割引なので1200円で観られるのがありがたい。

なんの前知識もなく観に行ってしまったので、感想は「がっかり」のひとこと。

前評判はシンゴジラ以上とのことだったが、開始20分で強烈な睡魔が襲ってきて、最後まで眠気との闘いだった(ふだん早寝なので、10時過ぎは眠い)。

最後の最後にフッと寝落ちして、気がついたらエンドロールが流れていた。

記憶に残っているのは長澤まさみのナマ足くらい。

 

ウルトラQから始まって、ウルトラマンウルトラセブン帰ってきたウルトラマンと、多感な小学生時代を過ごした私。

低学年の時の夢は「ウルトラマンになること」で、卒業文集には「将来は円谷プロで働く」と書いていた私には、この映画は「???」の連続だった。

ハヤタもアラシもイデ隊員も、ビートルも出てこないって?

 

私にとって特撮ものはキカイダーで完了している。

ロボットものはマジンガーZの最終回、グレートマジンガーが現れた時点で終わっているので、ガンダムエヴァンゲリオンも1話も見たことが無い。

怪獣が現れて人間とヒーローが協力してやっつける、単純明快なストーリーが好きだった私には、もっと現実的なシンゴジラやシンウルトラマンは、むずかしすぎた。

 

今週末から公開のこっちに期待しよう。

 

そして日曜はナガモチさんのハンバーガーを食べに、板橋のイオンへ。

前回娘とタンデムでここへ向かう途中、クルマにぶつけれらてたどり着けず。

今回は娘とクルマで行こうと思ったら、奥さんも行くことになり、山手通りを20キロ北上。

ナビの通りに進んだらイオンの手前で狭い道を表示。

「目的地に到着しました」とアナウンスはあるのに、住宅街でイオンが無い。

もう一度ぐるっと回って「ひょっとして今回もたどり着けないか?」と不安になったところで、イオンの看板を発見できた。

イオンというから広~い駐車場に、キッチンカーが何台も出店しているのかと思ったら、ここは「イオンスタイル」という業態で、昔あったスーパーをイオンが買収?したのか、とにかく駐車場が狭い。

キッチンカーはナガモチさんだけ。

コロナでなかなか会えず、3年ぶりの再会。

クルマの前にイスとテーブルがあればいいのにと思ったら、

「ここで食べると消費税がかかる」ので、置いていないそう。

イオンのなかのフードコートで食べられるらしいが、混みあったフードコートはちょっと苦手

道に迷って通りかかった公園まで歩いて5分なので、ここで食べることに。

写真がヘタでわからないけど、肉は国産牛肉100%

味にうるさい奥さんも「美味しい」って。

娘はチキンナゲットが大のお気に入りだった。

 

本業は「辺境専門の旅行代理店」として、ダカールラリーや海外ラリー、ツーリングでお世話になった人もおおいはず。

私もモンゴルやファラオラリーで、毎回お世話になった。

スウェーデンのオールソンも、もともとはナガモチさんの紹介だったが、旅行業はコロナで一転、暗黒の時代へ突入してしまった。

もともと料理上手で器用なナガモチさんのこと。

昼は開店休業の旅行代理店を、自宅兼事務所でやりながら、夜は近所のファミレスで、三輪バイクで宅配のバイトを始めたら、人手不足のファミレス業界、厨房も手伝ってほしいと言われ、やってみたら調理の人より上手。

あれよあれよというまに「店長候補」になってしまったが、そこまでやる気はない。

 

次に勤めたのが近所の老人介護施設の、「朝食の準備と配膳」のバイト。

朝5時から厨房に入り、最初は調理されたものをお皿に盛り付け、高齢者に配膳、片付けまでやって、9時に終わる仕事だったが、調理するスタッフの段取りが悪いので、見かねて手伝ったらマネージャーの目に留まり、調理主任になってしまった。

こちらも「新しい施設を作るので任せたい」と、会社から言われたらしいが、これも本業にする気はなく、地元の精肉会社でもバイトをしたご縁で、始めたのがキッチンカーだった。

唐揚げをやっていたキッチンカーを居抜きで買い取り、ハンバーガー用に改造。

マッチングアプリで空きスペースを探し、最初、品川のお寺の駐車場で始めてみたら、まわりが新しいマンションだらけで、住民がリピーターになってくれたそう。

いろいろな場所でやってみたが、ハンバーガーよりフライドチキンのほうが売れる場所だったりで、「試行錯誤の毎日」とか。

公園の写真をFBに載せたら、オザトレのMTB仲間オダジマさんから

「三次公園ですか?」って。

おばあさんがこの辺に住んでいて、子供のころここでよく遊んだらしい。

たしかに都会の公園にしてはレトロ感があり、近所の子供たちがザリガニ獲りや釣りをやっていた。

春に生まれたのかコガモが10羽、お母さんのあとを必死に泳いでいたのを見て癒された。

6月はまた品川のお寺で開業とのこと。

ショバ代数千円と売り上げの15%を支払うらしいが、売れない日はかなり重荷になる。

せっかくの再出発、なにか応援したいので、どこか商店街の外れや人通りがあるところで、「好きに使っていいよ」という場所が無いか、日々考えている。

初ハマスタ&ナマ牧秀吾

鎖骨の痛みはだいぶ和らいだけど、ヒビはいってるアバラが痛くて、寝返りが打てないのがつらい。

そして土曜は人生初のハマスタ&DNAベイスターズの試合観戦

牧秀吾選手のおじさんで、私の長野の同級生のマキくんが、横浜トライアスロンに参戦するので上京した。

というかついでにハマスタで、DNA対阪神のデーゲームを土日観戦するほうが、メインだったりして。

ついでにチケットを取ってもらった。

 

朝は雨だったけど昼前に止んだ(さすが晴れオトコ、ファラオラリーも一度も雨に降られなかったし)※エジプトは1000年、雨降ってない(@_@)

 

土曜午後2時から試合なので、1時にハマスタでマキくんと待ち合わせ。

自宅から京浜東北線関内駅を目指すも、横浜駅で車両点検があり、10分ほど遅れた。

関内駅からハマスタまで100mくらい?

ベイスターズファンってこんなにいたのか?

と驚くほどみんなユニフォーム着て、やる気マンマン

虎模様のタイガースファンもちらほら

牧選手のユニフォーム書いたかったけど、人気で売り切れ、入荷も未定とか(*_*)

このあと超満員に。

ナマ「牧秀吾」初めて見た

今回は奥さんも上京、

会うのは20数年ぶりだけど、ほんとにいい人。

むかし

「たまにはふたりで東京に遊びに来て」

って彼女に言ったら、

「わたし、近くに山が見えないと不安になるんです」

って。

30年以上トライアスロンをやっているマキくん。

自宅の前がもう坂道で、そのまま菅平でも志賀高原でも、どこでも行ける最高の環境。

 

雨が止んだ午後は強い日差しで、とにかく暑かった。

この日は9対1でボロ負けだったけど、とりあえず秀吾選手が2安打だったので、よしとしよう。

中華街のホテルに泊まるマキ夫妻と別れて、駅に向かう。

中華街はたくさんの観光客でごった返していたけど、インバウンドでない今はほとんどが日本人。

ってことは数年前は中国人や外国人観光客が押し寄せて、もっと混んでいたのか(@_@)

ふだん人がたくさんいる場所に行かないので、歩くだけで疲れた。

 

そして日曜はトライアスロン

60歳以上のクラスは9時15分からスイムスタート。

今日は横浜に住むこちらも同級生のマエカワくんと、山下公園で待ち合わせ。

今日は寒かった。

昨日の調子で半袖で出てきたら、寒くて鳥肌が立ってくる。

横浜港の水温もかなり低そう。

マキ君のスタート見送ってから、奥さんを探す。

「どこかで会えるだろう」とタカをくくって、携帯番号を聞いていなかったら、ほんとうに最後まで会えなかった。

そして無事ゴールして、マエカワ君と記念撮影。

もう長野の同級生で東京に残っているのは、私とマエカワ君だけ。

みんな大学を卒業すると、長野に帰って就職してしまった。

マエカワ君も都内の大学を卒業して、長野の会社に就職したけれど、15年ほど前に倒産。

取引先だった横浜の会社に誘われて、奥さんも神奈川の人だったので、長男ながら上京した。

実家は3年前の千曲川の水害で床下浸水。

他人に貸していたりんご畑や田んぼも、水没してしまった。

おたがい長野に帰りたくても、こちらで家庭を構えてしまっては戻れない。

 

今日はマエカワ君がマキ夫妻と野球観戦なので、山下公園からハマスタまで一緒に歩いて、電車に乗って帰った。

帰宅してテレビで野球観戦。

今日も負けてしまったけど、秀吾選手がまた2安打だったので、まぁ良しとしよう。

土曜朝6時にクルマで長野を出発、昨日は野球観戦して、今日はトライアスロンのあと、また野球観戦してクルマで長野に帰る。

月曜は代休とったとはいえ、かなりのハードスケジュール。

奥さんは高速の運転が苦手らしいので、ほぼマキ君ひとりが運転なので、夜10時過ぎに「無事帰宅」のメールをもらってホッとした。

来月も野球観戦で上京するらしいので、彼ひとりならウチに泊まってもらい、一緒に観戦できたらいい。

 

そして今日、事務所に居たら、単気筒のエンジン音が。

てっきりスガワラ爺が来たかと思ったら、いつも髪を切ってもらっている「rigid hair works」のシロズ君だった。

十数年前、モンドモト市川君のところから買った、KTMデューク400

たぶんもう25年モノくらいか。

「ひょっとして右手が使えずに、髪も洗えないのでは?」

と、カットのためのハサミと道具を持参してくれたが、三角巾でウデも吊っておらず、フツーに生活しているのを見て、かなり驚いていた。

昨日、術後一週間の検査で病院に行ったが、もうウデを動かさないと硬化してしまうので、上下左右のリハビリをやらされた。

帰ろうと思ったら、キックでエンジンがなかなかかからない。

「置いて行ってモンド市川君に取りに来てもらおうか?」

なんてまじめに言ったけど、なんとか始動できた(@_@)

来年車検らしいが、まだまだ乗るらしい。

ホンダやカワサキなどの旧車は、バカみたいに高騰してるけど、ビーエムもKTMも値上がる気配もないので、マンション駐輪場に停めておいても、盗まれる心配はないのが救いかも。

お土産にお団子とシャンプー、トリートメントまでいただいた。

このお団子、初めて食べたけどゴマが「これでもか!」ってかかっていて、あまったらご飯にかけてもいいくらい(でもすごくおいしい)

ずんだもちとみたらしも、「あん」がたっぷりで、「だんご界のラーメン二郎や~」って(彦摩呂風に)

シロズ君いつもほんとにありがとね。

今のところ、バイクは卒業するつもりだけど、そちらもくれぐれも気を付けて。

私が贈ったエアバッグベストを着ていてくれて、うれしいけど、いくら安全運転していても、クルマに突っ込まれたらひとたまりもない。

それでも乗りたいなら「運」を育てるしかないことを、分かってくれたらうれしい。

手術成功

1日に事故に遭い救急搬送された病院は、コロナと連休で重症以外は手術できず

自宅から近いところで手術して下さいとのことだったが、連休でどこも予約が取れず。

医療関係の奥さんのツテで「東京高輪病院」で手術できることになり、5月5日入院、6日手術になった。

個室は空いておらず4人部屋。

持ち込んだ本は村上春樹の「海辺のカフカ」と、「地面師」

手口が巧妙になり、司法書士や法務局でも見破れないことがあるとか。

プロの不動産会社でもコロッとだまされる。

入院にあたり売店で買うよう言われたのが、「ティージーパンツ」という大人のおむつ。

それと血栓防止のためのハイソックス

5月5日子供に日なので、ケーキもついて

整形外科の患者はほとんどが高齢者で、60の私なんて若者の部類とか。

 

となりのベッドは転んで腕を折ったおじいさん。

ギプスのなかのウデが「かゆい」らしく、夜中に

「あ~かゆいかゆい」と独り言を言うので、うるさくて眠れない。

 

ウトウトして夜中にフッと目が覚めた。

横を見ると知らないおじいさんが私に添い寝していて、目が合った(?!)

思わず起き上がろうとしたら、体が動かない。

般若心経を唱えたらフッと消えたが、何十年ぶりに金縛りにあった。

 

翌朝、若い看護師さんに話したら

「病院ですからね~」って、明るく言われた。

 

そして午後1時から手術。

今まで何度か骨折したけど、単純骨折だったのでギプスだけでくっついたが、今回はプレートで固定が必要。

人生初の手術台に乗り、麻酔のマスクをつけられて、あっというまに爆睡

術後に奥さんが撮ってくれた写真

プレートを取らないでまた鎖骨を折ると、余計なチカラがかかってひどいことになる

と、バイク乗りの骨折経験者は口をそろえる

みんなロードやモトクロスでケガをして、プレート入れたままレースに出てまた骨折して、「骨が皮膚を突き破った」とか(*_*)

なので半年後に除去手術を受ける予定。

 

寝ているしかないので持ち込んだパソコンで、youtubeカービングターンの動画を見まくる。

内科じゃないんだからもう少し「精の付くもの」を食べたいが、仕方ない。

奥さんが差し入れてくれた「のりたま」の塩気が、しみわたる。

手術した鎖骨より折れたアバラのほうが痛くて、寝返りが打てないのがつらい。

でももうおじいさんは出てこなかった。

そして日曜に退院。

病院の向かいは旧皇族のお屋敷を、プリンスホテルが買い取って、迎賓館になっていた。

60年前、スガワラ爺が拓大生だったころ、ここに「書生」として住み込みで働いていたらしい。

夜中に奇声をあげるおばあさんや、歩き回るおじいさんなど、ほんとうに気が休まらないので、たった4日の入院だけど、もうコリゴリ。

これ以上いたらもっと具合が悪くなる。

 

娘も元気そうでホッとしたが、一歩まちがえば二人とも死ぬか、重症だったかも。

思い返せばバイクに乗って40年以上、何度も死ぬ思いをしてきたが、「奇跡的に」生きている。

むかし霊能者の人に

「あんたは先祖の徳だけで生きてきたね」

と言われたことがある。

「でもそろそろ使い果たしそうだから、自分も徳を積みなさい」とも。

つくづく「ご先祖様に護られてきたんだな」と、今回の事故で思い知った。

奥さんからは「タンデム禁止令」が出たけれど、

「でも仕事やプライベートでバイクは必要でしょ」

って。

「重たいGSから250のセローや、125のクロスカブにでも乗り換えれば」

とも思ったが、私の場合は90%が「都内の仕事のアシ」

なので小回りの利くバイクに乗れば、今以上にクルマのあいだをすり抜けたりするだろう。

今回のようにクルマに突っ込まれたら、大型でも小型でもひとたまりもない。

これを機にバイクを卒業しようかと、真面目に思う。

 

バイクは気を付けて

土曜は娘は半ドンで学校。

子供のいる家庭は学校をズル休みさせない限り、ゴールデンウィークでハワイとか行けない(はず)。

30年前、第1回ロシアンラリーのあと、カメラマンの山田シューセイさん主宰の「ムーンライトキャンプ」というイベントが、当時出来たばかりの若洲の、都営公園キャンプ場で開催された。

湘南まで行かなくても東京湾があるじゃないか

ということでひさびさに行ってみた。

奥に見える観覧車は葛西臨海公園かな。

この日は風が強く海も波が高かった。

知床遊覧船の事故はこれより波が高かったはず。

シロナガスクジラ

ダイオウイカ

まさかの「人魚」も

なんとかブリッジ

(東京ゲートブリッジ)

肝心のキャンプ場は若洲リンクスゴルフ場の反対側。

バイク置き場からここまで3キロもある。

さらに歩くと帰りが遠くなるので断念。

帰りも3キロがんばって歩いて、レインボーブリッジの下を通って帰宅。

 

「辺境専門の旅行代理店 E&Gインターナショナル」のナガモチさんとは、30年来のバイク仲間。

パリダカや海外ラリーのチケット手配で、お世話になった人も多いはず。

コロナで海外旅行は開店休業状態。

しかたないのでファミレスや介護施設で、バイトしていたナガモチさんが、キッチンカーでハンバーガー屋を始めたらしい。

日曜は板橋のイオン駐車場で開業しているというので、またタンデムで向かったところ

 

霞が関のど真ん中、「内閣府上」の交差点、

信号が青になったので直進したところ、左から白い物体が「いきなり」ぶつかってきて転倒。

ふたりとも投げ出され、私より先に起き上がった娘は、倒れている私を見て

「パパ死んじゃった」と思ったらしい。

起き上がろうとすると右肩に鋭い痛みが。

バイクを起こそうとするが力が入らない。

左折すると国会議事堂があるので、警備のおまわりさんが飛んできて、ジョギング中の人とバイクを起こしてくれた。

救急車にのせられて向かった先は「虎の門病院

さいわい娘は打撲だけで済んだが、私は鎖骨骨折。

コロナと連休で予約が無いと、重症以外は手術ができず、自宅近くの病院で手術して下さいって。

先日録画しておいた映画「エクソシスト」を、初めて見た娘。

「元祖ホラー映画の金字塔」などと言われるが、チャッキーやリングなど、もっと怖い映画を見慣れた子供には、全然こわくない。

「な~んてバカにしたから、悪魔の呪いで事故しちゃったのかな?」って

 

当日はすぐ救急車に乗ってしまったので、現場検証に立ち会えず。

今日、警察の人がわざわざ自宅に聴取に来てくれた。

私のバイクのドラレコの映像を見てくれて

問題の交差点、このあと右側の白いSUⅤが、ウィンカーも出さずに急に左折して、こちらとぶつかっている。

図で説明するとこんな感じ

連休で静岡から上京した家族連れで、首都高の霞が関出口から、東京ドームで野球観戦に向かっていたらしく、娘いわく

「後ろの席に子供が2人乗っていた」って。

ナビが左折の表示をしたので、後方確認せずハンドルを切ってしまったそうで、こちらの過失は「ゼロでしょう」とのこと。

娘は私の運転を1万パーセント信用しているので、こちらも安全運転していたつもりだったが、ブレーキをかけることもよけることも、なにもできなかった。

警察の人曰く

「クルマのドラレコには、ぶつかったとき娘さんがボンネットに跳ね上がって、落ちた映像があったので、娘さんのほうが重症かと思いました」

その写真を見せられて肝を冷やした。

ボンネットでなく窓のフレームにぶつかっていたら、首の骨が折れたかも。

 

当然奥さんからは「タンデム禁止令」が出されたが、もし娘の身になにかあったら?と思うと、もう乗せる気になれない。

「ABSがあるからタイヤロックしないので安心」

なんて思っていたが、今回のように「横から」ぶつけられたら、ひとたまりもない。

高速道路の渋滞でクルマのあいだをすり抜けるときも、左右のクルマの動きを注意してみているつもりだけど、真横に来たとき急にハンドルを切られたら、もうよけられない。

 

警察の人から

「バイク、フレームも逝ってるっぽいので、{全損}かもですよ」とも。

タンデムでなく単独でも、万が一事故したら....

これ以上、家族に心配はかけられない。

なんて思うと、これを機にバイクは引退したほうがいいんじゃないかと、マジ考える。

 

昨日は近くの病院で手術のための検査。

朝9時からいろいろ検査して、やっと入院と手術の申込が終わったのは、午後4時。

全身麻酔で数か所折れた骨をプレートとボルトで固定して。

木曜から入院して金曜に手術、早ければ翌日退院とのこと。

今まで骨折は数回しているが、いずれも自然治癒で、手術は今回初めて。

60歳にしてかなり緊張している。

 

娘も突然のことなのに泣かなかったのは,えらいのひとこと。

 

ふだん必ず着用するエアバッグベストは、娘のぶんが無いので付けていなかった。

ケチらず娘とふたりで着ていれば、私も鎖骨は折れなかったかもしれない。

 

そして今回一番役に立ったのはドラレコ

被害者の自分に「もしものこと」があっても、機械がちゃんと証明してくれる。

マフラーや改造パーツなんぞにかけるカネがあるなら、ぜひ装着をお勧めする。