カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

東京原発

娘もようやく元気になり、今日は保育園から呼び出しがなくてひと安心。
夕方迎えに行くと、保育園の外まで聞こえる、聞き覚えのある泣き声が....
「まさか?」と保育園のドアを開けると、保育士さんに抱かれて真っ赤な顔をして、大声で泣いている娘の姿が目に飛び込んできた。
私の顔を見るなり泣き声はさらにヒートアップ。
「このバカおやじってば、アタイを置いてどこいってやがった!」とでも訴えるように、ウデの中で泣きじゃくっている。
 
と、保育園を出て自宅に向かうと、ベビーカーの中でもう笑っている。
赤ん坊のくせに本当に演技派女優。アカデミー賞をプレゼントしたい。
 
 
クルマを買い換えようと思いガリバーにメールしたら、土曜日に出張査定に来てくれた。
メルセデスベンツV350 平成19年車」の下取り価格は、昨年末なら230万以上だったらしいが、地震のあと外車の価格が大幅に下落し、下取りなら180万円、ただの買い取りなら150万円と言われた。
 
買い換え希望だったクルマは、ホンダのステップワゴンの現行モデル。
もうクルマにバイクを乗せないのと、ガソリンが安くなる政治的要因が無いので、バイクの代わりに自転車を乗せられて、実家に帰省する際にリアシートで、妻と娘がゆったりできるくらいの、5ナンバーミニバンが欲しくなった。
 
最初はフリードが最有力候補だったが、妻のブレイドど似たようなクルマなので却下。
フリードでCMでジョンレノンの息子が、「チョウドイイ」ってやってたときは何の興味もなかったが、いざ気になると街中で見かけるので、よほど売れているんだろう。
たしかに「チョウドイイ」サイズだと思う(乗ったことないけど) 
 
ステップワゴンクラスのミニバンは、他にはセレナ、ノア、ボクシーの3強がライバルらしいが、ノアとボクシーは若い人向け過ぎて×(CMが反町君じゃギャップありすぎ....)。
 
セレナは3列目シートが左右はね上げ式だが、ステップワゴンは床下に収納できるので、自転車を積んでも邪魔にならないのが気に入った理由。
 
国産なら壊れないので、Vを売った分で買えるなら、2年落ちくらいの中古でいいかと思ったが、ミニバンNO1でタマ数の多いセレナに比べ、ステップワゴンは台数が少ないのか、現行モデルの中古は乗り出しで250万以上はする(新車なら300万以上)。
 
震災後、価格が高騰しているのは軽自動車とハイブリッドらしく、この1か月で2~3割は高くなったそうだが、クルマを売ってなお100万近い「追い金」をするのもどうかと思うので、売らずにもう少し乗ることにした。
 
土曜夜、妻の母親が誕生日なので、みんなで二子玉川まで夕食を食べに行った。
娘を含めて5人がゆったり乗れるのは私のVしかないので、今日は私が飲まずに運転手を買って出た
(妻はVが大きすぎて運転を嫌がる)。
 
 実際、少子化と騒がれて久しいのに、なんで7人乗り、8人乗りのクルマが売れるのか分からない。
なので使わない3列目シートは、ずっと物置にしまっているので、2列目シートを後ろに下げているが、運転席とのあいだがかなり広くて快適になる。
 
両親や妻にガリバーの査定額の話をしたら、「こんな広くて乗りやすいクルマは他に無いので、売らないほうがいい」と、全員の意見が一致した。
たしかにハイオクからレギュラーにすればリッターあたり10円安いし、ステップワゴンなら燃費も倍くらい違うが、
そのために100万円払うなら、ガソリンが数千リッターは買えるだろう(って細かい話で恐縮だが)。
 
震災後、ガリバーには高級外車を売りに来る人が絶えないそうだが、ローンが残っている人は買取額との差額が大きすぎて、売りたくても売れず乗って帰るとか(いくらで買ったと思ってるんだと、毎回怒られるそうだ)。
なので今、高級外車を買いたい人には大きなチャンスだと、ガリバーの人が言っていた。
 
それにしても二子玉川の街は、大勢の買い物客でにぎわっていた。
ここにいると放射能漏れも地震も、どこか遠い国の出来事のように思える。
 
自粛せずたくさんお金を落とすことが復興のためになると、ひさびさの焼き肉を食べまくり、妻はお世話になった人へのお礼に、東北のお酒を買っていた。
 
 
日曜は朝から自転車に乗ろうと思ったが、目が覚めて隣りでスースー寝息を立てている、娘の寝顔を見たら決意が鈍り、いつのまにか夢のなかへ..........zzzz
 
先日、水をいただいたK内さんのところへ、ビアンチに乗ってお礼のお菓子を届けに行った。
 
K内さん、ガレージを改造した事務所でバイクの整備中。
イメージ 1
いつのまにRSも手に入れていた。
 
彼のように自分で何でもできる人には、旧車は楽しいだろう。うらやましいかぎりだ。
作業の手を休めてコーヒーをごちそうになり、しばし談笑。
遅咲きオヤジの道楽は、まだまだ終わりそうにない♪
 
シューセイさんのところにQちゃんが来たようだ。
 
石原軍団もそうだが、有名人は華やかでいい。
「売名行為」なんて言われても、ほんの束の間でも明るくなれば、それはそれでいいと思う。
 
S師匠から教わった映画「東京原発
 
東京に原発を誘致しようとする、東京都知事役に役所広司など、役者も豪華なのにこんな映画があったことも知らなかった。
 
原発がなければ未来の電力はまかなえない」と、誰かに教え込まれたことが、妄想だったことがこの映画を見るとよく分かる。
(東京に原発を作ればいいなんてことも、映画を見たらもう言えない)
 
作ってしまったものは仕方ないが、自分たちの手に負えないものはもう要らないだろう。