カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

ぜいたくなひととき

自宅上の新しい事務所に移転して1カ月。

この部屋の元の住人「Nちゃん」が遊びに来た。

f:id:sinanonano:20211207105820j:plain

彼女が30歳のとき、同棲していた彼氏と別れたいけど、別れてくれない。

同じアパレルメーカーで働いていて、彼は営業、彼女はブティックの店長さん。

どこか一時的に避難できる場所はないかと相談されたとき、ちょうどこの部屋が空いていた。

「姉妹で住んでいる友達のマンションが、3か月後に妹が引っ越すので、それまで住まわせて」

という約束で格安な家賃で引っ越し。

彼が朝、出勤したのを見計らって、友達に手伝ってもらい夜逃げ、ならぬ「朝逃げ」を決行した。

アパレルメーカーで働く彼女は現場(ブティック)が大好き。

六本木やギンザなどに新規出店するときは、店長として陣頭指揮を執っていた。

ウチのマンションは最寄り駅まで徒歩1分、

地下鉄駅も3分で行けるので、六本木で25分、ギンザなら15分で行けるが、彼女が一番気に入ったのは、六本木や渋谷から1000円ちょっとでタクシーで帰れること。

とにかく夜遊び大好きな彼女。

ほぼ毎晩「午前様」で、明け方3時4時まで西麻布や都心のクラブで、遊んでいるので、遠くの友だちがそのまま泊っていくことも多かった。

3ヶ月の約束だったが友だちのマンションは川崎なので、いまのようにタクシー1000円では帰れない。

「2年だけ住まわせて」

と懇願されてそのまま住むことに。

 

洋服大好きなので8畳のワンルームは、クローゼットからあふれた洋服の山に。

2年後にこの近くで部屋を探したが、とてもこんな格安な家賃はない。

洋服をかなり処分して

「もう2年だけ」

とまたお願いされて、まぁ身元はしっかりしている子なので更新したら、気が付いたら16年も住んでいた(*_*)

 

46歳になった彼女は以前から上司に、

「現場でなく本社で若手の教育係にならないか?」

と打診されていたが、お客さんと直接話せる現場が好きなので、ずっと断り続けてきた。

そんなときコロナがアパレルメーカーを直撃。

在宅ワークが普及して、おしゃれして出かけることがなくなり、売り上げも大幅ダウン

彼女が一生懸命育ててきたブランドも撤退することになり、会社から

「今度こそ教育係に」

と慰留されたが、

「それなら辞めます」

と退職してしまった。

そうなると洋服と夜遊びに散在しまくったので、家賃が払えない。

都下に住む男友達がひとりで一軒家を借りていて、

「部屋が余っているからタダで住んでいい」

らしい。

てっきり彼氏かと思ったが、

「タイプが違うんで」

とか。

引っ越しのとき大きな古いアメ車のピックアップで来たが、さわやかなイケメンなのに何が気に入らないのか??

女優の「北川景子」に似た彼女。

かなりモテるらしく、16年間で私が紹介された彼氏は片手じゃ足りないくらい。

みんなクラブで知り合うらしく、たまたま休みの日に会うとみんな、「エクザイル」みたいな顔とチャラい格好をしていた。

「彼じゃダメなの?」

と聞くと

「わたし、ときめかないとダメなんです」

って(*_*)

ひょっとして「だめんずウォーカー」かもしれないが、本人も両親も結婚はあきらめているし、次の仕事が見つかるまでのあいだ、男女問わず日本中の友だちの家を、寅さんよろしく泊まり歩いていて、今日はワクチン接種に近くにきたらしい(まだ住民票を動かしていないらしい(*_*))

 

彼女が引っ越し後、フルスケルトンからリフォームしたので、当時はなかった屋上を含め、その様変わりに驚いていた。

「もしまた近くに仕事決まったら、ここ貸してくれません?」

しばらくは私が事務所で使うし、もし貸すにしてもキミが払える家賃じゃ貸さないよ。

 

そして日曜は御殿場のじ~じのガレージへ

f:id:sinanonano:20211207105627j:plain

3台のジムニー、左はモンゴル用、真ん中がアフリカエコレース用、右は来年モンゴルラリーに出るという、じ~じの知り合いが買ったもの。

f:id:sinanonano:20211207105630j:plain

過去にはアヘッドの若林女史とレイコさんや、数組の女性チームがこれでモンゴルを走った。

知り合いは「超」が付くお金持ちで、普段のアシはロールスとランボルギーニとか。

なので新型ジムニーをモンゴル用に改造してと頼まれたらしいが、街乗り仕様に作られた新型は改造が大変なので、古いけどラリー仕様になっているこのジムニーを世話したそう。

f:id:sinanonano:20211207105856j:plain

この日も泥除けのリベットを打ち直したり、細かい作業に余念がない。

f:id:sinanonano:20211207105859j:plain

80過ぎても現場仕事にこだわる、職人魂に脱帽

 

そして巨大なキャンピングカー登場

f:id:sinanonano:20211207105909j:plain

2台のマウンテンバイクを積んで

f:id:sinanonano:20211207105906j:plain

やってきたのは私の友人のMさん父子

3年前、

「娘を自然豊かな環境で育てたい」

と、山中湖に家を建てて移住した。

f:id:sinanonano:20211207105922j:plain

この日は午前中、御殿場にあるMTBコースに父娘で行ってきたらしい。

お嬢さんは娘と同じ小6で、ふたりともアウトドア大好き。

連れて行ったら意気投合まちがいなしだが、こちらは2月の中学受験に向けて、一瞬も遊んでいるヒマはない。

Mさんはポルシェディーラーのメカニックコンテストで優勝した、凄腕メカ。

そのウデを買われ年に一度はドイツの本社へ行き、新型車のクレーム対策を研修、

日本中のディーラーメカに教えるのが仕事。

しばらくテレワークだったので通勤が無くてラクだったらしいが、今は週4で都内の本社へ、2時間以上かけて電車通勤しているそうで、

「そろそろ疲れてきました」

って。

Mさんなら御殿場でひとり作業しているじ~じと知りあえば、なにか互いに役に立つこともあるのでは?

山中湖から御殿場なら30分もかからないので、いつか紹介したいとずっと思っていたのが、やっと実現した。

 

娘さんも学校まで40分、山道を歩いて通っているそうで、クマよけの鈴を3つつけて歩いているそう(イノシシとシカはよく遭うけど、クマはまだ無いって(^-^;)。

となりのガレージで制作中のバギーにも、Mさんは興味津々。

これは来年のモンゴル用で、エンジンはコルベットとか

f:id:sinanonano:20211207105912j:plain

バハにも参戦経験のある「ケンファクトリー」さん。

オフロードが好きでKTMやXR600も持っていたMさん。

バハもあこがれだったそうで、ふたりで盛り上がっていた。

f:id:sinanonano:20211207105915j:plain

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

「地元の」二人は渋滞が無いからいいが、渋滞にハマるのでそろそろ帰らないと。

f:id:sinanonano:20211207105850j:plain

信号待ちでパチリ。

都内ではよほど広い家でないと、こんなキャンパーは持てない。

ある意味、かなりのぜいたく。

娘の受験が終わったら、一度連れて行ってやりたい。