カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

穴場発見

 ほんとは山に行く土曜日に欲しかったけど、間に合わず。

みんなが履いている「防水ソックス」を買ってみた。

サイクルシューズは通気性のためかメッシュなので、雨上がりのトレイルを走るとグチャグチャに。

もう不快で不快でしかたなかった。

f:id:sinanonano:20201103181735j:plain

Mサイズは「25~26cm」、Lサイズは「27~28cm」

ふだん26cmなのでどちらにしようか迷ったが、「大は小を兼ねる」というか、小さくて窮屈な思いをするよりも、これから冬になれば防水ソックスの下にもう一枚、ソックスを履くかもしれないので、Lにした。

ちょっと大きいけどきついよりマシだろう。

f:id:sinanonano:20201103181831j:plain

土曜の山行が物足りなかったわけではないが、日曜は埼玉の奥のお山へ。

じつはこの前の日曜日、テレビで埼玉の山奥に移住した人が、パン屋を開業した番組をやっていた。

新しもの好きの奥さんが「食べたい」って。

地元のオザワさんにメールすると、

「うちの近所だから日曜日来れば?」

って。

「オレの自転車貸すからバイクで来て、朝イチで自転車乗ってパン買って帰れば?」

とも。

ありがたいお言葉に甘えて、朝6時にGSで自宅を出て、7時過ぎOさんの家に到着。

f:id:sinanonano:20201102131354j:plain

ナビの通りに行ったら、市街地を抜けてどんどん山道を登っていく。

「ひょっとしてタヌキかキツネに化かされてるんじゃ?」

なんて不安になったところで、急に視界が開けてOさんの家に着いた。

裏山には「カモシカ」がよく出て、農作物を荒らされるとか。

実家のある長野ではカモシカは「県獣」に指定されているが、ここは標高300mくらい。

カモシカってもっと高山地帯にいるんじゃないの?

と思ったが、どうやら普通のシカではないらしい。

 

そしてOさんの中華カーボン29erをお借りして、舗装路を登ること10分、

お寺に着くとオザワさんの地元の自転車仲間、オダさんが待っていた。

 

オダさんの自宅からも自走で20分。

東京から高速に乗って80kmの私から見れば、なんともうらやましい環境だが、彼らからすればこれが当たり前。

長野に住んでいたころは、朝起きて天気がいいとスキーに行き、雪が降ればやめにした。

都会の人が吹雪でも滑っているのを見て、不思議に思ったものだが、東京に住んでみて、スキー場の宿の予約があるので、雨でも雪でも行かなくてはならないことを知った。

オザワさんたちからすれば、朝イチで自転車に乗っても、9時か10時に帰宅して家の用事や、家族との時間が過ごせるこの生活が当たり前なんだろう。

 

そこから舗装路を30分ほど自走で登り、展望台に到着。

f:id:sinanonano:20201103181739j:plain

オダさんは私が2回だけ乗って手放した、ロッキーアルティチュードのアルミフレーム。

もっと早く知りあっていれば、私のカーボンを安く譲ったのに、残念。

 

f:id:sinanonano:20201103181750j:plain

遠く右側に新宿のビル群が。左端にはスカイツリーも見える。

 

そしてOさんたちのホームグランドのトレイルを走る。

f:id:sinanonano:20201103181755j:plain

激坂下りあり岩場あり、丸太が縦に並べられて雨なら滑って危ない難所も、今日は乾いていてとにかく楽しい。

なによりオザワさんに借りた、中華カーボンの走りやすさに感動。

これもYさんのおさがりをオザワさんが買ったものだが、軽い車体に160mmのロングサスが、ほんとうに乗りやすい。

「自分のスーキャリより乗りやすいかも?」

なんて思ってしまうほど。

ふだんはビンディングペダルなので、難所で跳ねると足がペダルから離れてしまう、フラットペダルに戸惑ったが、しっかり踏み込んで荷重すると、コーナーでペダルの上で「足をひねって」、カラダをコーナー出口に向けることができるので、ビンディングより乗りやすいかもしれない。

5キロほどのゴキゲンなトレイルの終点は、ちょうどオザワさんの家の横だった(^-^;

これぞほんとのプライベートコース。

オザワさんはこの山の地権者ではないらしいが、関東の山なら当たり前のハイカーにも会わないし、MTB乗りも皆無。

「ここはめったに人と会わないよ」

って。

ほかにも枝分かれするトレイルが数本あるらしいが、今日はパンを買わなければ。

着替えて私はGS,オザワさんはアヤシイTW250改で、パン屋に向かうこと5分。

 

道路にはたくさんのクルマが駐車していて、ゲートの入り口にはおじいさんが交通整理中。

バイクを停めて行こうとするとおじいさんが

「予約はしてますか?」

って。

「は?」

と答えると

「予約が無い人は入れません」

って。

f:id:sinanonano:20201103181801j:plain

パン屋さんはさらに奥にあるらしく、テレビ放送後に客が殺到。

ところかまわずクルマを停めるので、近隣とトラブルになったらしい。

こうしているあいだにも続々とクルマがやってきて、おじいさんと押し問答。

みんなUターンして帰っていった。

正直このパンを食べないと死ぬわけもなく、私が住む東京には星の数ほどパン屋はあるので、引き揚げることに。

せっかく来たのだからと、オザワさんがこちらも山奥の蕎麦屋さんに、連れて行ってくれた。

f:id:sinanonano:20201103181820j:plain

山のなかにあるお蕎麦屋さん

予約なしで入れたがほぼ満席。

f:id:sinanonano:20201103184822j:plain

900円の2種類のそばづくしと、野菜の天ぷらを注文したら

f:id:sinanonano:20201103184827j:plain

二段重ねのお重のなかは、おかずがぎっしり。

なんとか完食したけど、食べきれなければお持ち帰りもできるらしい。

f:id:sinanonano:20201103181811j:plain

蕎麦湯は竹を切った器

ここはご主人が大工さんで、建物から食器まで全部手作りらしい。

火曜から土曜までは本業をしていて、日曜と月曜だけ家族で蕎麦屋をやっているそう。

 

ここよりさらに高いところにあるオザワ邸、

オザワさんはサラリーマンだが、

「週末だけピザ屋とかソバ屋とか、自宅でなんかやれば?」

というと

「そんなことしたら自転車で走る時間が無くなる」

って。

町が運営する「空き家バンク」でここ数年、さっきのパン屋さん含め移住する人が増えたようだが、都会にも近くて田舎も味わえる「トカイナカ」が人気らしい。

 

自然破壊とか登山客とのトラブルで、

「そのうちMTBで走れる場所がなくなるかも?」

と、プライベートコースが作れる山を探していたが、ここならまだまだ走れる場所があるし、なにより東京から1時間ちょっとで行けるのがいい。

自転車を置いておけばバイクで来れるので、高速の渋滞も関係ない。

週末ハウスを探してみようかと奥さんに話したら

「埼玉って夏、暑いんでしょ」

とひとこと。

たしかにここは標高も低いけど、オザワさん曰く

「川が近いと夏でも涼しいよ」

とのことなので、ちょっとまじめに探してみようか。