カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

ダナー改



黒いケブラーライトと交互に毎日履いているので、チェンジペダルが当たる部分を中心に、かなりヤレてきた(なんてもんじゃない、ボロボロだねこりゃ)

イメージ 2

イメージ 1
バイクに乗るのはツーリングではなく、あくまで「仕事のアシ」
なのでお客さんのところへ行くこともあるが、足元がみすぼらしいのはみっともない
(ってもっと早く気付けよ)
なので、リペアしてくれる店をネットで探していた。

ネット通販が流行りの今、宅配便で送れば簡単だろうが、やってくれる人の顔と仕事を見たいので、都内近郊で探してみたが、なかなか「ここ!」という店がない。

いっそ買い換えようかと思ったところ、八王子の「山憙堂(さんきどう)」さんのブログを発見。

天気もいいのでツーリング気分で中央高速を走り、リペアを依頼したのが2週間前。

そして昨日、「作業が終わりました」と連絡をいただいたので、天気はいいけど猛暑のなか行ってきた。
(「持ってくるのも大変でしょうから送ってください」と言われたけど、なんやかんや理由をつけて、アドベに乗りたいのね.....)

イメージ 3

それにしても八王子は暑い。
山が近いのでもう少し涼しくてもいいと思うが、盆地なのでしょうがないらしい。

イメージ 4
オーナーで職人のSさん
たくさんの靴が修理を待っている。

そしてできたのがこれ
イメージ 5

クリーニングのうえにしっかり塗装もしてもらい、まるで別物。

注目すべきはチェンジペダル用の革カバー

万が一、ペダルに当たる位置が悪かった時のことを考慮して、あえて全部は縫い付けていない。

イメージ 6

イメージ 7
一枚革かと思ったら、裏表2枚で色を変えて縫い合わせ。
こんなところにも職人のこだわりが感じられる。

実はSさんもバイク乗りで、自分で作ったブーツを履いて、北米大陸を旅したこともあるらしい。
数年前に中古のXR600を買って、自宅でバラしてオーバーホールしていることが、ブログに紹介されている。

イメージ 8
Sさんの毎日のアシはCD125
私の父親もむかし乗っていたことがあり、実は普段のアシ用に欲しい1台。

イメージ 10
ペダルが当たる位置もチェンジの感触も申し分ない。

チェンジペダルで靴が傷まないよう、「当て革をゴムバンドで留めるグッズ」も試したが、バイクを降りてそのまま歩くとゴムが切れたり、ずれてしまったりで、結局使えなかった。

イメージ 9
う~ん、なんかかわいい

こんな「ダナー改」もアリだと思う。

ヤレて黒い部分がグレーになったケブラーライトも、同じカバー加工とクリーニング、ソールの張替えをお願いしたので、こちらも楽しみ。

「予算オーバーしたら、遠慮せず言ってください」
と頼んだが、「大丈夫です」って。

八王子という場所柄なのか、乗馬用ブーツのリペアも数多く手掛けている。
乗馬はみかけの優雅さと違い激しいスポーツ。
ブーツやサドルなど馬具にかかる負担の大きさは、オフロード並みかもしれない。
そんな人たちから信頼されているお店なら、間違いはないだろう。

職人のこだわりが感じられる店。
八王子まで行く価値はじゅうぶんあると思う。

Sさんありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。