カフェしなの

TREK とKONAとEVILと、たまに1250 GS HP

準備

娘が近所の「林試の森公園」へ遠足したとき、捕まえてきたのが「カタツムリ」
イメージ 2
東京のカタツムリは小指の先ほども無い、小さいものしかいないが、
娘が捕まえたのはエスカルゴにしてもいいくらいの、体長3cmの大物。
他の子供たちはせいぜいダンゴムシしか収穫が無かったので、娘は得意顔。

イメージ 3

当然のように家で飼いたいというが、イヌやネコと違いいくらかわいがっても、感情表現の無いムシやサカナは、ちょっと苦手。

学校で飼ってくれるらしいので、持って行かせた。

イメージ 4
通学路で1年生たちが寄ってくる。
「なになに?」
と興味津々。

都会の子供はカタツムリもホタルも、ヘビもカエルも見たことの無い子がほとんど。

街へ行けば何でも手に入るが、自然は買えないのが不憫でならない。

2年生になりすっかりお姉さんの娘は、みんなに見せてあげてご満悦の様子。

とりあえず学校で飼ってもらえることになり、ひと安心した。


土曜日は知人の引っ越しの手伝い。
母70歳、娘47歳の女2人暮らしで、イケアの家具を買ったが組み立てられないというので、電動ドライバー片手に行ってきた。

娘に「イヌがいるんだよ」というと
「いきた~い」というので、私が組み立てているあいだ、散歩させてもらうことに。

イメージ 1

本当は妹が欲しかった娘だが、それが無理と知り、
「じゃあイヌがいい」
イヌは吠えてうるさいと言うと
「じゃあネコがいい」
ネコは毛が抜けて大変というと
「じゃあウサギでいい」
ウサギはウンチが丸いんだよと言うと
「じゃあモルモットでいい」
って、とにかくなにか飼いたいらしいが、妻は
「毛が抜ける」
「家が汚れる」
「旅行に行けない」
などなど、なんとか娘にあきらめさせたいようだ。

「そのうち家に帰っても、玄関で待っててくれるのはペットだけだよ」
なんて子育てを卒業した「人生の先輩たち」に言われると、イヌでも飼おうかという気になっている、今日この頃。

そしていよいよ今週末に迫った「GSキャンプミーティング」
2007年のファラオラリー以来、一度も使っていない一人用テントを立ててみた。

イメージ 5

とりあえず雨漏りはなさそうだが、何度も洗ったはずなのにちょっとカビくさい。

イメージ 8
外で干しているのを見つけた娘は、大興奮。
「今日はパパとテントでねる~」って。

こんなこと、あと何年かすればもう言ってもらえないだろうし、なかなかキャンプに連れていけないので、家でキャンプ気分が味わえればいいかな。





「子分の」ぬいぐるみたちを連れ込んで

イメージ 6
「きゃー たのし~~」って

イメージ 7
はしゃぎ疲れて爆睡。
横で寝ていると寝相の悪い娘の足が、何度もおなかの上に乗るので、熟睡できない.......。


「今夜もテントでねる~」
テントを片付けるまでの3日間、娘はひとりテントで寝ていた。

8月開催のチャリンコ版DOAに出るため、トレーニング再開
と思ったが、グリップがボロボロでベタベタ

イメージ 9

さっそく新しいグリップを買い
イメージ 10

イメージ 11
交換
イメージ 12
本番ではタイヤをもう少し太いものに換えれば、ダートもなんとかなるかな.......

イメージ 13
そして土日月火と早朝サイクリング in 多摩川 by リドレー

6時になるとラジオ体操の老人たちが、サイクリングロードをふさぎ、ジョギングの人、犬の散歩の人など、朝からほんとうにたくさんの人が来ている。

自宅から平坦な道を往復20km走っただけで、ヘロヘロ。
こんなことで山あり谷あり160kmを、本当に走れるのか?
ちょっと(かなり)不安になる。

ローマは一日にしてならずというし
とりあえずカラダを壊さない程度にがんばろう。

そしてダナーライディングブーツ 第二弾が完成したと、山憙堂さんから連絡をいただいたので、取りに行ってきた。

イメージ 14

イメージ 15
クリーニングしてソールも張り替え、ペダルが当たる部分に当て革。

チェンジペダルカバーがあれば、ブーツは傷まず長く履ける。
ダナーでバイクに乗る人は、ぜひ試してほしいと思う。

イメージ 16
先日いただいたステッカーを貼って準備完了

キャンプミーティングは金曜夜の前夜祭から。参加する予定。

梅雨に入り週末の天気予報は微妙だが、無事に帰れることを願いたい。