カフェしなの

TREK SUPER CALIBER改とたまに1250 GS HP

ことしもまた

コロナでテレワークの人が増えているらしいが、自宅と事務所が一緒の私は、10年以上前からず~っとテレワーク状態なので、なにも変わらない。

 

最初のうちは通勤が無いことが、こんなにラクなのかと思っただろうが、広~い自宅で仕事場とプライベートを分けられる人は別として、ほとんどの人は子供が走り回るリビングや、狭い寝室で仕事をしているそうな。

規則正しい生活をしている人ほどオンオフの切り替えができず、いつ終息するかわからない状況でだんだんと不安になり、私の周りでも「プチ鬱」になっている人が増えている。

 

これは10年前、自宅と事務所を一緒にした私も経験した。

もともと出不精なうえに、ひとり親方の自営業なので、仕事が無い日はだれとも話さないし、用事がないと外出もしないので、だんだん「プチ鬱」になってくる。

家族がいたことが救いだが、これがひとりだったらどうなっていたか.....

 

学校が休みでずっと家にいる娘も、毎日勉強する場所をいろいろ変えて、気分転換をしている。

玄関だったり

f:id:sinanonano:20200418131616j:plain

キャンプ用のテーブルとカーミットチェアを窓辺に置いたり

f:id:sinanonano:20200418132359j:plain

気分転換は1時間の散歩と

f:id:sinanonano:20200418132409j:plain

最近ドハマりしている「鬼滅の刃」を、youtubeで見たり

f:id:sinanonano:20200418132347j:plain

録画した映画を一緒に見たり。

この日は私の好きな「クロコダイルダンディー

これは2だが、楽しんでくれたみたい

f:id:sinanonano:20200418132433j:plain

3月の東北旅行で知った仮面ライダーを、東京MXテレビで再放送していた。

これは2号なので一文字隼人

個人的には本郷猛の1号がいい。

f:id:sinanonano:20200418132507j:plain

そしてお昼ご飯は自炊

きょうは海老天&肉野菜うどん

どうしても揚げ物や冷凍ものに偏るので、野菜をたくさん食べさせるのに苦労する。

f:id:sinanonano:20200418132419j:plain

野菜嫌いなのになぜか大根は好きらしい。

なので大量に大根の煮物を作っておく(煮たまごは嫌いらしいので私とママ用)

f:id:sinanonano:20200418132446j:plain

朝ご飯を食べたあと、ろくに動かないのにすぐ昼ごはんなので、この日は「ニラせんべいと大根煮物セット」

f:id:sinanonano:20200418132456j:plain

友だちと遊べないのでストレスもたまっていると思うが、彼女なりに頑張ってくれているのがありがたい。

 

バブル時代の同僚だったイシザキさんは、10年前からキャバクラ相手の「送り(白タク)」をやっているが、今はもう仕事が無い。

すこしの貯えを切り崩しながら、

「出かけるとお金がかかるから、ずっと家にいる」

らしいが、65歳ではほかに仕事もなく、ひとり身なのでもう人生をあきらめている。

会って食事でもして励ましたいが、今は外出できないので、電話で話すしかできないのがもどかしい。

 

都内に限らず家賃が安いエリアでは家賃滞納が急増中。

飲食店や物販店舗の借主からは、家賃値下げの問い合わせがあとを絶たないと、知り合いの不動産業者が嘆いていた。

 

バブル崩壊リーマンショックなどなど、何度もゼロ(というか借金背負ってマイナス)からの再出発を経験した私にすれば、このくらいはまだまだなんともない。

都心の一等地の事務所で高い家賃も払っていないし、従業員の給料に四苦八苦しなくていいのが、本当にありがたい。

大儲けを当て込んで高買いした不動産が売れずに、銀行に金利が払えない同業者も急増中。

みんなここ数年でさんざんいい思いをしたのに、いざというときのための貯えもせず、キリギリスのように遊んでいたバチが当たった(私も同じ経験をした)ので、かわいそうだが淘汰されても文句は言えないだろう。

 

と、すこし前にこんな手紙が届いた

f:id:sinanonano:20200407150210j:plain

今年もまたチームスガワラから、協賛各社に毎年配られる「ダカールラリー写真集」をいただいた。

f:id:sinanonano:20200407150218j:plain

f:id:sinanonano:20200407150227j:plain

高さ数十メートルの大砂丘より、こんな段差のある砂丘が一番あぶない。

砂丘の「ふち」がスパッと切れているので、「平らだろう」と錯覚してハイスピードのまま飛び出すと

f:id:sinanonano:20200418100543j:plain

宙を飛んで前転したり、重大事故につながってしまう

f:id:sinanonano:20200407150244j:plain

f:id:sinanonano:20200407150236j:plain

f:id:sinanonano:20200418100559j:plain

パックの観光旅行では見られないこんな景色も、ラリーなら当たり前。

f:id:sinanonano:20200418100551j:plain

こんなガレ場が数十キロ(数百キロ)続くことも

f:id:sinanonano:20200418100624j:plain

膨大なヒトとモノがあるワークスと違い、プライベーターのチームスガワラは、ぜったいにマシンを壊せない。

なので写真からも緊張感が伝わってくる

f:id:sinanonano:20200418100616j:plain

あれ?この人はオリオール?

f:id:sinanonano:20200418100607j:plain

毎年何百冊も作ってスポンサーさんに配るのは、本当に大変な仕事。

今年は世界的なコロナの影響で企業もチームも大変だろうから、来年のレースに参戦できないチームも増えるはず。

そもそも年内で終息しなければ、ラリー開催も危うい。

それでもオリンピック選手と同じく、準備だけはしておかないと。

 

今年もスズメのナミダですが、協賛させていただきます。